1. トップ
  2. アメリカ/カナダ
  3. アメリカ
  4. オーエンズボロ

オーエンズボロの概要

オウエンスボロ

画像の出典元: istockphoto.com

人口-
都市コードOWB
人気の航空会社-
飛行時間14~18時間
オーエンズボロ発の航空券情報はこちら

オーエンズボロまでは飛行機でおよそ14~18時間で行くことができます。オーエンズボロの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてオーエンズボロ旅行を有意義に楽しみましょう。

バーベキューをしに行こう「オウエンスボロ」

アメリカ、ケンタッキー州第3の都市である「オウエンスボロ」。ケンタッキー州西部、人口55000人の地方都市は、世界的に祭りの街と知られており、特に毎年5月に行われている「国際バーベキュー・フェスティバル」には、多く観光客が訪れています。また観光名所も豊富で、特に15000人の収容人数を誇る「リバーパーク・センター劇場」や、「オウエンスボロ美術館」はおすすめ。さらに、スコッティアイリッシュ伝承のアコースティック系音楽であるブルーグラスミュージックの博物館は、ファンには堪らない場所です。

オウエンスボロの歴史

アメリカのオウエンスボロに初めて定住した人はウィリアム・スメザーズという人物。1797年に開拓者として名を馳せた彼の名は、川沿いの公園につけられます。その開拓地を発端として、オハイオ川の岸の色をイメージして「イエローバンクス」という名で呼ばれました。その後、オーエン大佐に因んだオウエンスボロという名が取られ、市の名前に。第二次世界大戦後には土木工業事業の発展から工業の街として栄え、一気に拡大し現代の主力産業に繋がっています。

オウエンスボロの経済

アメリカのオウエンスボロは各年代を通して、多くの企業の本拠地となりました。例えば、最古の製造会社の1つの1884年に設立されたオウエンスボロ・ワゴン社。その当時、もっとも影響力が高かったワゴンカンパニーの1つです。そしてその後、1899年に設立し、後にMPDに名前を変えたケン・ラッド社や、1932年にステンレスタンクと構造用溶接鋼の製造をするモダン・ウェルディング・カンパニーと、時代に沿った企業が誕生しました。現代では、フィールド・パッキング社、ラグー・ユニリーバ社など、地域に於いて重要な役割を持った企業が誕生しています。

オウエンスボロ行きの格安航空券について

日本からアメリカのオウエンスボロへの直行便はありません。オウエンスボロ・デイヴィーズ・カウンティー・リージョナル空港は他の都市からのアクセスが少なく、セントルイスやオーランドなどから、空路で向かうことになります。一番良い方法は日本から格安航空券を使いデンバーやミネアポリスを経由し、セントルイスへ着いたらさらにトランジットをして、オウエンスボロに行くルートです。

オウエンスボロの気候

温暖湿潤気候に属するアメリカ・オウエンスボロの特徴は夏の暑さでしょう。6月から8月の最高気温は30度を超えます。半袖、短パンで過ごせますが強い日差しや、効きすぎた冷房のためにも羽織物をお持ちください。また冬の冷え込み東京よりも少し厳しいため、東京で過ごす冬の服装より少し多めに持っていきましょう。ちなみに何度か竜巻が発生している地域です。旅行中は天気予報の確認をしっかり行いましょう。

オウエンスボロの主な交通手段

アメリカのオウエンスボロは地方都市ながらバスの交通網が非常に発達しています。オウエンスボロの中心部全体を網羅している路線は、全部で9本あり1回1ドルほどで乗ることができます。路線によって東西南北の方角に伸びており、行き先は違いますが、街中どこの方面でも向かうことが出来ます。市民の日常生活の足として有効活用されており、その使いやすさが人気です。