1. トップ
  2. アメリカ/カナダ
  3. アメリカ
  4. マッカレン

マッカレンの概要

マッカレン

画像の出典元: istockphoto.com

人口-
都市コードMFE
人気の航空会社
  • ユナイテッド航空
  • アメリカン航空
  • 日本航空
飛行時間13~16時間
マッカレン発の航空券情報はこちら

マッカレンまでは飛行機でおよそ13~16時間で行くことができます。マッカレンの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてマッカレン旅行を有意義に楽しみましょう。

マッカレン行きの最安値を比較

ヤシが立ち並ぶ南国の街「マッカレン」

マッカレンはアメリカの南部、テキサス州の更に南にある街です。かつては「シュロ(ヤシ)の町」と言われていた通り、市街地では道にそって何種類ものヤシの木が植えられており、南国ならではの雰囲気を醸し出しています。また、渡り鳥が多く通過する事も有名で、野鳥の他にも様々な野生動物が生息しています。また、街の南側がメキシコのとの国境と面しており、アメリカだけでなくメキシコの文化にも触れることができます。車で1時間ほど行けばメキシコ湾があり、クルージングやダイビングなどの海でのアクティビティ、ジャングル観光などを楽しむことができます。

マッカレンの歴史

マッカレンの歴史が大きく動くことになったのは、1749年の事でした。それまでは11000年も前から先住民が狩猟な農作をして生きていました。その土地に目をつけた当時のスペイン王国は開拓団を送り込み、川の周りに次々と農地を作ったことで町の経済は繁栄していきました。現在では数は少くなってしまいましたが、シンボルのヤシの木を含む緑は今も郊外に残っています。

マッカレンの経済

マッカレンの経済は主に製造、小売品の貿易によって大部分が支えられています。以前は経済の殆どを農業と工業で支えていましたが、メキシコとの間で北米自由貿易協定が結ばれたことにより自由貿易ゾーンができ、大衆向けの商業が発展しました。中でも、上流、中級層や観光客の消費の割合が一番多くなっています。これらはメキシコの各地から繋がっている高速道路のおかげで成り立っています。

マッカレン行きの格安航空券について

日本からマッカレンへの直行便はなく、アメリカン航空、ユナイテッド航空、ANAなどを使い、ヒューストンやシカゴ、シアトルを経由して行きます。また、メキシコのデル・モルテ空港を経由し、陸路でマッカレンまで行くことも可能です。また、ユナイデット航空の便が格安航空券となっています。

マッカレンの気候

マッカレンの気候は非常に暑く、夏の暑い日は40度近くまで上がり、冬の気温もあまり下がりません。雨も非常に少ないのが特徴です。しかし、夏から秋にかけてはハリケーンのピークとなるので、観光の際は雨または強い日差しなどに注意が必要です。春は気温も落ち着き雨も少ないので南国観光の気分が味わえます。

マッカレンの主な交通手段

マッカレンの主な交通手段

画像の出典元: istockphoto.com

観光での交通手段はバス、電車、タクシーがあります。マッカレンでは公共バスが数多く走っており、中心街にあるバスターミナルでは1日に約60本ほどのバスが発着しています。料金も大人1ドル、子供2ドルと大変手頃なのでとても便利ですし、空港から市街地に行くときも利用できます。また、夜間の観光には安全面を配慮してタクシーを使うほうがいいでしょう。

マッカレン行き航空券利用者の声

成田↔マッカレン空港 35歳男性

南テキサス州の南端にあり、メキシコの国境に接する街マッカレンに出張に行きました。日本人とはめったに会うことのない、アメリカテキサス州のローカル感いっぱいの地です。行きは成田からJALでサンディエゴへ行き、アメリカン航空でダラスを経由してマッカレンへ行きました。ダラスから陸路にしようかと思ったのですが、到着時間の早い飛行機の方が便利だったので格安航空券を利用して行きました。
JALは深夜フライトでしたが日本の航空会社だけあり、安心して乗っていられました。日本の映画も機内食も大満足でした。サンディエゴからダラスまでのアメリカン航空もエコノミーでもスペースも広く寛げました。着いてすぐに仕事をする予定だったので、機内では眠ってしまいました。JALはWi-Fiが使えなかったのですが、アメリカン航空は2便ともWi-Fiが使えたのが良かったです。CAさんは、3便とも親切で笑顔が素敵な人が担当してくれたので、楽しいフライトになりました。
ミラー国際空港には朝8時ごろの予定時間に到着し、現地スタッフとの待ち合わせ場所にも簡単に向かうことができました。日本ではあまり聞かない空港ですが、利用客が多かったのにびっくりしました。

成田↔マッカレン空港 40歳女性

20年来文通をしているペンフレンドに会うために、マッカレンへ行きました。日本のガイドブックにもほとんど載っていない、マッカレンという場所は文通相手からの一方的な情報しか知らなかったので、実際の観光は私にとっては魅力的なものでした。
成田からヒューストンを経由してマッカレン空港に到着する旅です。格安航空券にしてはちょっとだけお高いものでしたが、快適なフライトになりました。飛行機に乗るのは久しぶりだったのですが、エコノミーでも座席のスペースはかなり広かったのでびっくりしました。ボーイング777機だったのですが、帰って調べてみたら、レッグスペースは86cmと標準の79cmに比べて断然広いものでした。格安航空券でこんなにいい思いができるなんてとっても幸せです。ヒューストンからマッカレンまでは、ユナイテッド航空を使いましたが、標準の79cmでした。それでも昔に比べると広くなったなぁと感じました。1時間ちょっとのフライトだったのでWi-Fiやシート電源はありませんでした。
帰りは、ヒューストン空港に朝4時に着いて14時間待ち時間ができてしまいました。空港内でおいしいシーフードレストランで、腹ごしらえをして、タクシーで15分のショッピングモールでウィンドショッピングを満喫して帰路に着きました。

羽田→マッカレン空港 20歳男性

サウス・テキサス・カレッジに留学することになり、格安航空券を使いました。羽田からホノルルとヒューストンを経由してマッカレンに行きました。行きはJALで13時間のフライト。格安航空券を利用したため21時半の出発なので、18時半に羽田に行き、カフェでゆっくりしながら過ごしました。
ハワイアン航空を利用し、ホノルル空港に予定通りの15時半に着きました。機内の雰囲気はホンワカしていて、洋食の食事もおいしかったです。ハワイ風BBQチキンサンドもおいしかったです。待ち時間には、公共バスで1時間ちょっとかけてアラモアナセンターに行き、オアフ島の景色を満喫できるレストラン「マリポサ」で、シーフード料理を食べて、ショッピングも楽しみました。たまたま金曜日だったので、アラモアナビーチに行きヒルトンの花火も見ました。8時間の待ち時間は大変と思いましたが、さすがハワイだけありあっという間でした。
ヒューストン行きの7時間のフライトは、ほとんど寝て過ごしました。ヒューストンの乗り継ぎ時間は短かったのですが、ユナイテッド航空はさすがです。手続きも手早く心配していた40分の乗り継ぎが簡単にできました。飛行機で初めての一人旅は、楽しいものとなりました。

マッカレン旅行 よくあるFAQ

マッカレン国際空港の現地時間は、どこを目安に考えたらいいでしょう?

マッカレン国際空港はテキサス州になりますので、時間は中部時間になります。日本との時差は15時間です。15時間戻った時間がテキサス州の時間です。日本が15時の時は、テキサス州は同日0時となると考えてください。
また、サマータイムが設定されているので、2017年3月12日2時~11月5日3時までの時差は、14時間になります。

マッカレン国際空港には、飲食施設やショップはありますか?

2つのレストランとバーが備わっています。2つの小売店もあるので、書籍や雑誌、ソフトドリンクなども購入できます。機内でゆっくり眠れる枕やお土産品なども購入できます。空港周辺は、マッカレンのショッピング街になっており、向かいにはラ・プラザ・モールがあるので、早めに空港にきて、お食事やショッピングを満喫するのもおすすめです。

アメリカン航空でマッカレンに行くのですが、どんな航空会社ですか?

デルタ航空、ユナイテッド航空と並び、米国三大航空会社の一つです。日本人へのフライトはボーイング777と最新型の飛行機で、サービスも悪い話はあまり聞きません。ロサンゼルスやニューヨークなどの大都市への便は少ないのですが、アメリカ内のネットワークは優れているので、心配はいりません。
機内食も2種類から選べ、日本とアメリカ間では、1つは和食がメインになっています。客室乗務員の方もしっかりしており、過剰なサービスはありませんが満足できると思います。

飛行機に乗る際、預ける荷物は1つ23kgまでのものを2つまで無料で預けられますが、1つの荷物を46kg以内でも可能でしょうか?

残念ながら1つが23kgを超す者は超過料金がかかります。ですので、2つに分けて持っていかれることをおすすめします。