1. トップ
  2. アメリカ/カナダ
  3. アメリカ
  4. ルイビル

ルイビルの概要

ルイビル

画像の出典元: 

人口-
都市コードSDF
人気の航空会社
  • アメリカン航空
  • ユナイテッド航空
  • デルタ航空
飛行時間13~15時間
ルイビル発の航空券情報はこちら

ルイビルまでは飛行機でおよそ13~15時間で行くことができます。ルイビルの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてルイビル旅行を有意義に楽しみましょう。

ルイビル行きの最安値を比較

大企業の集まるアメリカの先進都市「ルイビル」

ルイビルはアメリカ・ケンタッキー州西部にある人口約60万人の都市です。ケンタッキー州の様々な産業の中心地であり、多くの企業の本社が置かれています。特に有名なのがケンタッキーフライドチキンの本社であり、近くにある一号店ではこれまでの歴史を知ることができたり、厨房の中などを見学することができます。また、交通の要衝と言われており、アメリカ内で陸海空すべてにおいて重要な土地とされています。他には競馬も有名であり、街の西側にあるチャーチルタウンズ競馬場では、大きな大会が開かれることもあります。

ルイビルの歴史

ルイビルは当初、オハイオ川での船舶輸送の中継地として栄えていました。しかし、1960年代に入ると航空輸送に需要を奪われ、都市として衰退してしまい、高速道路の完成により住民が次々に流出してしまいます。街の衰退を食い止めるため、80年代に入ると大型マンションの建設や、娯楽地域の再開発を始めました。現在では年々経済力を増してきており、観光客の増加にも繋がりました。

ルイビルの経済

現在のルイビル経済を支えているのは、商業や流通業です。1980年代の再開発以降、様々な企業が設立され、たちまち市街地の一部はオフィスタウンになりました。また、船舶貿易から航空貿易へと転換した後は、世界でも有数の貨物取扱量を誇っています。ルイビル国際空港による大型機の利用だけでなく、規模の小さいボーマン飛行場では小型飛行機による近隣の都市への輸送が行われています。また、最近では医療分野も成長してきており、医療都市にもなりつつあります。

ルイビル行きの格安航空券について

現在、日本からルイビルへの直行便は就航していません。アメリカン航空の便などで、デトロイトやワシントンD・Cなどのアメリカの都市を経由して国内線で向かうことになります。格安航空券をお探しの方は、ユナイテッド航空を利用されるといいでしょう。

ルイビルの気候

ルイビルの気候は日本と似ており、四季に沿って変わっていきます。夏季には30度前後まで暑くなり、冬季には氷点下を下回る日もあります。また、降水量は春先が一番多くなり、雨が降り出すと気温も冷え込むので注意が必要です。9月、10月は雨も少なく気温も落ち着くので、野外での観光には丁度良い気候です。

ルイビルの主な交通手段

ルイビル市街の観光の際は、バスやタクシーを使うと大変便利です。バスは路線バスとダウンタウンを走るトロリーバスがあり、市内全域を観光することができます。また、市内のバスターミナルからは近隣の都市への長距離バスも出ており、インディアナポリスなどへ向かうことができます。空港は中心部にあるため、タクシーなどを使ってすぐに観光することが可能です。

ルイビル行き航空券利用者の声

羽田⇔ルイビル 48歳男性

5月の第1週目の土曜日に行われる、ケンタッキーダービーを見に行くために格安航空券を利用しました。羽田空港からミネアポリス経由で、ルイビル国際空港まで行きました。はじめはエコノミーで行くつもりでしたが、比較的手ごろな値段でエコノミーコンフォートへグレードアップできたので、そちらを利用しました。読書灯があり、雑誌を読みながら過ごせて、映画も豊富に揃い最新作もあったので、11時間のフライトもあっという間でした。機内食はエコノミーと同じものでしたが、他の航空会社よりボリュームがありおいしく感じました。ミネアポリスからは約2時間のフライトなのに、Wi-Fiが使えたのはありがたかったです。ルイビル国際空港に着いてから、ダービーまで2日あったので、ゆっくり観光も楽しめました。もちろん、ケンタッキーダービーも満喫しました。帰りは、デトロイト空港のマクナマラ・ターミナルにあるウェスティン・デトロイトに泊まりました。たまたま、航空券のサイトでホテルも50%OFFで泊まれるプランがあったので、高級ホテルにお手頃価格で泊まれました。やっぱり豪華で、ナイトライフも十分に楽しめました。翌日の朝8時半の便でミネアポリスを経由し帰国しました。格安航空券に格安ホテルといいことづくめの旅でした。

成田⇔ルイビル 52歳男性

出張でルイビルを訪れました。今回は急な出張だったので、ホテルも航空券も確保するだけで精いっぱいの旅となりました。とはいえ、しっかり格安航空券を押さえられたので、無駄な出費も少なくて済みました。行きは成田からJALでシカゴまで、その後アメリカン航空に乗り換えルイビルに到着。帰りは、日本まで全てアメリカン航空を使いました。ルイビルからダラスを経由して成田に到着するルートでした。JALのフライトは、エコノミーでも席が広かったのが良かったです。機内食は、ご飯がちょっとベチャとしていたのが難点ですが、味噌汁は最高の御馳走でした。味付けもやっぱり日本の航空会社なので口に合いました。映画やゲーム、漫画もあり、スナック菓子やパンはサービスで置いてありました。トイレにも歯ブラシが置いてあったのも、日本らしさかなぁと思いました。シカゴから乗り換えたルイビル空港までのアメリカン航空も、CAさんの笑顔が素敵でリラックスして過ごせました。帰りのアメリカン航空でのフライトは席がJALよりも狭かったのですが、それでも標準の広さだったので、疲れた体を癒せました。ルイビルでは、ゴルト・ハウス・ホテルに泊まりました。ダービー優勝騎手の手形がロビーに並んでおり、ちょっとした思い出になりました。

成田⇔ルイビル 36歳男性

格安航空券を使い成田からJALでシカゴに行き、アメリカン航空に乗り換えルイビル国際空港に行きました。途中、シカゴで6時間の待ち時間があり、空港から近くて時間を潰すのにもってこいのファッション・アウトレット・オブ・シカゴに行き、約3時間のウィンドウショッピングを楽しみました。日本のアウトレットとは規模も品揃えも違うので、興奮の時間を過ごせました。もう少し時間があれば建築リバークルーズに乗りたかったんですが、時間を遅らせることも叶わず、今回は断念。ゆっくり、ウィンドウショッピングで目の保養をした後、1時間半のフライトはお昼寝気分で過ごしました。翌日の観光には、ケンタッキー・フライドチキン発祥の地として有名なルイビルにある、KFCミュージアムに観光に行きました。かわいらしい鳥のKFCのマスコットも買えて大満足でした。帰りは、ユナイテッド航空の航空券で、シカゴ経由で帰国しました。エコノミーの格安航空券でしたが、座席のシートは快適でゆっくりと眠れました。映画も多彩に揃っていて楽しめました。でも、旅で疲れていたので、帰りがJALの方が良かったかもとも思いました。総合的には快適な旅だったので、また格安航空券を利用したいと思います。

ルイビル旅行 よくあるFAQ

ルイビル空港で取り扱いのある航空会社はどこですか?

現在27の空港への直行便があります。定期商用旅客は、アレジアント・エア、アメリカン航空、デルタ航空、ジェットワン、サウス・ウエスト、ユナイテッド航空の6社です。

ルイビル空港内に飲食店はどれくらいありますか?

ルイビル発祥のケンタッキー・フライドチキンやステーキのお店をはじめ、10のカフェやレストランがあります。他には、ファーマーズマーケットもあります。

ルイビル空港のゲートで、待ち合わせはできますか?

チケットを持っている乗客しかゲートエリアへ入ることはできません。待ち合わせの人は、TSAセキュリティチェックポイント直前のエリアか、手荷物受取エリアでお待ち下さい。

空港からダウンタウンへ行きたいのですが、どのような方法がありますか?

タークバスの#2で約30分。空港シャトルバスで約20分。タクシーでは約15分で行けます。渋滞などがあるので、時間に余裕をもってスケジュールを組んでください。

空港でレンタカーは借りられますか?

レンタカーカウンターが手荷物受取所のすぐ下にあります。9社ほどあるので、詳しい内容は空港のホームページで確認してください。