1. トップ
  2. アメリカ/カナダ
  3. アメリカ
  4. ラスベガス

ラスベガスの概要

ラスベガス

画像の出典元: 

人口約60.35万人
都市コードLAS
人気の航空会社
  • デルタ航空
  • ユナイテッド航空
  • アメリカン航空
飛行時間11~13時間
ラスベガス発の航空券情報はこちら

ラスベガスまでは飛行機でおよそ11~13時間で行くことができます。ラスベガスの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてラスベガス旅行を有意義に楽しみましょう。

ラスベガス行きの最安値を比較

アメリカ国内からのラスベガス行き 最安値を比較

カジノとエンターテイメントが魅力の街「ラスベガス」

アメリカ西部のネバダ州中央に位置する、カジノで有名な都市・ラスベガス。多くのカジノ店が24時間営業をしており、周辺のレストランなどもその時間に合わせているため、眠らない街として広く知られています。また、ラスベガスの大きな観光資源となっているカジノでは、さまざまなショーを行なうことでさらに集客を伸ばしています。エンターテイメントの聖地として、アメリカ国内だけでなく世界中の観光客に親しまれているラスベガス。砂漠に囲まれた街でもあるため、車で15分も走れば砂漠地帯が広がります。

ラスベガスの歴史

ラスベガスは1820年代後半に、モルモン教徒によって発見されました。1840年代後半にはアメリカのゴールドラッシュにより、砂漠を通る重要な中継地点として発展。また、1905年にユニオン・パシフィック鉄道が開通した際には、蒸気機関車の給水ポイントとして利用されました。その後第二次世界大戦などを経験したラスベガスは、1980年代に入るとテーマホテルのブームに乗り次々と大型ホテルを建設。それにより現在のラスベガスが形成されたといっても過言ではないでしょう。

ラスベガスの経済

観光業を中心に動いているラスベガス。かつてはホテルに設けられたカジノなどで、多数の観光客を呼び寄せていました。しかし、現在ではテーマホテルが建設されたことにより、街並みや高級レストラン、買い物などを楽しむ観光客が増加。ほかにも住宅関連の建設業が盛んとなっています。

ラスベガス行きの格安航空券について

日本からラスベガスへの直行便はないため、乗り換えが必要です。「ユナイテッド航空」や「アメリカン航空」、「デルタ航空」、「全日空」などを利用すれば、ロサンゼルスで乗り換えるだけと非常に便利。また、格安航空券を購入したい方はオフシーズンに「エアカナダ」を利用し、バンクーバーで乗り換えると良いでしょう。

ラスベガスの気候

砂漠気候に属しているラスベガスは、夏になると気温は日中40℃くらいまで上昇します。ですが湿度は10%以下となっているため、べたつくなどの不快感は比較的少ないです。また、一年中暑いと思われる方が多いですが、12月・1月には気温が下がり、毎年雪が降ることもあります。観光するなら比較的暖かく過ごしやすい、4月や10月に訪れることをオススメします。

ラスベガスの主な交通手段

ラスベガスの主な交通手段

画像の出典元: commons.wikimedia.org

最寄りとなるマッカラン国際空港からは、空港送迎シャトルバスを利用すると安く向かうことができます。また、市内を堪能する際は公共バス「RTC(リージョナルトランスポーテーションコミッション)」を使うと非常に便利。およそ15~20分間隔で、24時間運行しています。他にも有料のリムジンサービスが利用できます。

ラスベガス行き航空券利用者の声

成田⇔ラスベガス 26歳女性

仲の良い友人と5人でラスベガスに旅行に行ってきました。航空券の費用をできるだけ抑えたかったので、みんなで格安航空券を探して、一番安かったデルタ航空で予約。乗り継ぎがありましたが、私の友人の中に英語が得意な子がいたので、とくに心配はありませんでした。出発の日は、1人の友人が寝坊してしまいとても焦りましたが、チェックインにギリギリ間に合いました。出国検査などを済ませたらあっという間に出発の時間に。飛行機の中ではおしゃべりしたり、寝たり、映画を見て過ごしました。シアトルでの乗り継ぎ時間は少なかったので、空港内を見て回る時間もなくラスベガス行きの飛行機に搭乗。シアトルからラスベガスの飛行機ではみんな大興奮だったので、おしゃべりしていたらあっという間に時間が過ぎました。ラスベガスに到着後、バスで市内に移動。ホテルに荷物を置いてから街を見て回りました。4泊6日の旅でしたが、カジノに行ったりショッピングを満喫!すぐに最終日になってしまいました。みんなで「帰りたくない」と言いながら空港へ。英語が得意な友人がチェックインなどを済ませてくれて、ロサンゼルス行きの飛行機に乗りました。成田行きの機内では、みんな疲れて爆睡。すぐに成田空港に着きました。

成田⇔ラスベガス 37歳男性

仲の良い友人と3人でラスベガスへ5泊7日の旅行に行ってきました。目的はもちろんカジノ!学生の頃から毎年同じメンバーで旅行していますが、いつもは国内か、韓国や台湾などアジア圏のみでした。今回は初のアメリカ旅行ということで、計画を立てる時点からみんなとても楽しみにしていました。カジノにお金を使いたかったので格安航空券を探して、デルタ航空のチケットを購入しました。早めに成田空港に着いたので、みんなでご飯を食べてからチェックイン。免税店を見ていると気になるバッグがありましたが、カジノのために我慢。機内エンターテインメントが充実していて見たかった映画がいくつもあったので、ほとんど寝ずに映画を楽しんでしまいました。乗り継ぎも無事終え、いよいよラスベガスに到着!カジノでは、スロットマシーンやポーカーなどを満喫しました。みんなかなりお金を使ってしまいましたが、良い経験になりました。帰りは乗り継ぎ時間が10時間以上あったので、空港の外へ出ることに。バスに乗って市内に移動して市内観光を楽しみました。あまり時間がなくてバタバタしてしまいましたが、ロサンゼルスも見れるとは思っていなかったので、本当にこの航空券を買って良かったです。夢のようなあっという間のラスベガス旅行でした。

大阪⇔ラスベガス 50歳女性

海外留学している娘に会いに行くために、夫と2人でラスベガスへ行ってきました。海外旅行なんて数十年ぶりで、航空券の取り方すらわからなかったので全て娘に任せました。航空会社はアメリカン航空。まず、大阪の伊丹空港から成田空港へ向かい、そこからロサンゼルスへ。娘から格安航空券と聞いていたので少し心配していましたが、サービスも問題なく、機内では快適に過ごすことができました。10時間の長時間フライトは初めてでしたので、少し腰が痛くなってしまいました。他の乗客の方たちは、ストレッチなどをこまめにしているようでしたので、次は私も真似してみようと思います。乗り継ぎは不安でしたが、日本人の乗務員の方が丁寧に教えてくれたので、問題なく乗り継ぎの飛行機に乗ることができました。無事、ラスベガスのマッカラン国際空港に到着。空港には娘が迎えに来てくれて、観光地などを案内してくれました。流暢な英語を話している娘を見て感動してしまいましたよ。帰りの飛行機ではゆっくりと寝られたので、あっという間に時間が過ぎてしまいました。娘に航空券の取り方なども教えてもらったので、またラスベガスへ旅行したいと思っています。

ラスベガス旅行 よくあるFAQ

赤ちゃんはいつから飛行機に乗れますか?

ANAやJALの場合、生後8日以降から飛行機に乗ることができます。航空会社によっては、医師の承諾書があれば生後8日未満でも搭乗可能というところもありますので、いくつかの航空会社に問い合わせてみると良いでしょう。

食物アレルギー対応の機内食はありますか?

ANAやJALの場合、7品目アレルゲン、25品または27品アレルギー対応の機内食が2種類用意されていますが、必ず予約しておく必要があります。航空会社や発着地によってメニューも異なりますので、事前に利用する航空会社へ確認してください。

電子タバコは機内に持ち込めますか?

電子たばこは機内持ち込み可能ですが、喫煙はできないので注意が必要です。また、受託手荷物として預けることができませんので、機内持ち込みのバッグに移し替えておく必要があります。

空港に忘れ物をしてしまいました。どこに問い合わせたらいいですか?

忘れ物をした空港の遺失物センターにお問い合わせください。