1. トップ
  2. アメリカ/カナダ
  3. アメリカ
  4. ランシング

ランシングの概要

ランシング

画像の出典元: istockphoto.com

人口-
都市コードLAN
人気の航空会社
  • ユナイテッド航空
  • アメリカン航空
飛行時間13~15時間
ランシング発の航空券情報はこちら

ランシングまでは飛行機でおよそ13~15時間で行くことができます。ランシングの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてランシング旅行を有意義に楽しみましょう。

ランシング行きの最安値を比較

アメリカ国内からのランシング行き 最安値を比較

自然も都会も楽しめるミシガンの州都「ランシング」

アメリカ・ミシガン州の中央やや北寄りにある都市、ランシング。州都に指定されており、およそ12万人の人々が暮らしています。周りは環状高速道路で囲まれており、交通の要としても機能しています。また、市内にあるミシガン州会議事堂を始め、特徴的な造形の多くの建物がランシングを訪れる旅行者を歓迎します。他にも、郊外に行けば果樹園や湖のある州立公園があるので、自然を楽しみつつ新鮮な果物を食べることができます。大都会と自然のコントラストが訪れる人を魅了するでしょう。

ランシングの歴史

1847年、デトロイトから州都の座が移ってきたことからランシングの発展が始まります。州都になる以前は住民わずか20人足らずの非常に小さな村でした。1859年に市に昇格し、その時には人口は約3000人にまで増えました。その後、アメリカ車造りの天才ことオールズ氏がオールズモビル社を設立。これがその後の自動車産業の発展のきっかけになる出来事となりました。

ランシングの経済

ランシングの経済の大部分は、市内、また近隣にある工場の生産やそれに伴う貿易で占められていました。しかし、盛んだった自動車産業が下火となってしまったために多くの失業者を出してしまっています。今では州都という特性を利用し政府関係の雇用を増やしており、住人の多くが政府職員や、それらに関係する企業の職員となっています。

ランシング行きの格安航空券について

現在、日本からの直行便はありません。一般的には、成田空港や関西国際空港からアメリカ・ロサンゼルスに行き、国内線に乗り換えてデトロイトへ、そしてもう一度乗り換えてランシングへと向かうことになります。格安航空券をお探しの方は、デルタ空港がおすすめです。安いだけでなく、時間の短縮になります。また、シカゴを経由して向かうユナイテッド航空を利用するルートもあります。

ランシングの気候

ランシングの夏は涼しく、気温が30度を超えることはほとんどありませんが、冬はとても寒くマイナス10度近くまで冷え込みます。また、激しい雨は少なく、弱く冷たい雨が降ることが多いです。なお、緯度が高いので日照時間が長く、6月から8月にかけては夜7時を超えても昼間のような明るさが続きます。5月や9月は雨も少なく、暖かいので絶好の観光シーズンです。

ランシングの主な交通手段

ランシングの主な交通手段

画像の出典元: istockphoto.com

観光での移動には電車、タクシー、バス、レンタカーを使うことができます。しかし、市内の道路は車通りが多いので、レンタカーを運転する場合は充分きをつけましょう。電車はランシングの市街地の中心街から四方に伸びており、近隣の都市ともつながっています。また、空港から都市中心部までは車で15分、電車で30分ほどで向かうことができます。

ランシング行き航空券利用者の声

中部国際空港↔ランシング首都圏国際空港 45歳男性

出張で格安航空券を利用してセントレアからランシングへ、格安航空券を利用していきました。デルタ航空のビジネスクラスで、約13時間かけての旅でした。飛行機の中での一番の楽しみでもある、ディナーは前菜からメインディッシュ、デザートどれをとってもおいしかったです。量もあり、昼をファストフードで済ましていたので、ガッツリの食事はありがたかったです。
エンターテインメントは最新映画を見ることができ、洋楽も最新曲からちょっとだけ自分世代のものもあり楽しめました。ビックリしたのは、シートがフルフラットでマッサージ機能が付いていること。大小の枕も用意されており、ラウンジが広く至れり尽くせりでした。デトロイト空港で乗り継ぎし、ランシング空港に着きました。
自動車産業を発展させたランシングに来たらなら、オールズ交通博物館に行きたいと、着いた翌日がお休みだったので、早速観光に出かけました。
帰りもデルタ航空で、ランシングからデトロイトを経由して、帰国しました。中部国際空港には、飛行機を眺めながら入れる展望風呂があるので、そちらを利用しました。サウナもあり出張の疲れも吹っ飛びました。

羽田↔ランシング首都圏国際空港 28歳男性

羽田からミネアポリスを経由してランシングに行きました。16時半に出発するデルタ空港120便で飛び、11時間かけてミネアポリスに到着。歴史も長い最大手の空港会社だけあり、日本のようなおもてなしはありませんでしたが、飛行機での素敵な旅を楽しめました。アメニティにスリッパが付いていたのは、嬉しかったです。エコノミーの座席は前の方をおすすめします。後ろだと、食事が選べないのが結構辛い。チキンが嫌いな自分には地獄かと思いきやチキンは嫌いといったら、どこからかポークを持ってきてくれたのでそちらを食べることができました。ちょっとラッキーでした。
ミネアポリス空港は、入国審査が厳しいと聞いていたので、旅程を英語で書いたものを見せると簡単に通れました。1時間25分の乗り継ぎも何とかクリアできました。
ランシングに無事到着後は、憧れのミシガン州立大学を見学に行きました。日本の留学生もおり、結構楽しめました。みなさんご存知と思いますが、マジック・ジョンソンの出身校でもあります。バスケの試合も観戦でき、大満足の観光となりました。
帰りも同じルートでしたが、ミネアポリス空港近くのヒルトンに泊まり、ちょっとだけ豪華なディナーを堪能し、プールで泳ぎアメリカ最後の夜を楽しみました。

中部国際空港↔ランシング首都圏国際空港 35歳男性

出張で格安航空券を使って中部国際空港からデトロイト経由でランシングに行きました。機内で見られる映画が豊富で、さすがアメリカの航空会社は違うと思いました。機内食では、3食から選べたのは運が良かったです。後ろの方は選べず余ったものが配られていたようです。ワインやビール、ラム酒にウイスキーなどアルコールの種類が多かったのが魅力です。アメニティにはスリッパやアイマスクが用意されており、映画を見た後はゆっくり眠りました。
デトロイト空港での乗り継ぎが6時間と長かったので退屈しました。前もって調べておくべきだったとちょっと後悔。でも光のトンネルは、以前から知っていたので行ってみました。空港内はなぜか、日本語の案内表示が所々されており、アナウンスも英語の次に日本語が流れていたので安心感はありました。トラムに乗っての移動は、乗り物が好きなので楽しかったです。
無事ランシングに着いて、そこからはタクシーでホテルへ直行しました。
ランシングはフェスティバルやイベントが年間50以上あり、1ヶ月の出張でも週末にはいろいろなイベントを見ることができました。帰りも同じルートでしたが、待ち時間もなくスムーズに帰国できました。ミシガン州のフェスティバルの首都と呼ばれるランシングに行く時は、格安航空券を利用したいと思います。

ランシング旅行 よくあるFAQ

デルタ航空って遅延は少ないですか?デルタ航空で乗り換え便があるのですが、乗り換え時間が非常に少ないので心配しています。

北米主要航空会社部門で定時到着2015年のランキングで、デルタ航空は第3位、83.84%なので、さほど心配することはありません。しかし、天候などで、遅れることはないとは言えません。

デルタ航空でランシングに行く途中、デトロイト空港で乗り換えます。入国審査など時間はかかりますか?

デトロイト空港は日本人も利用することが多いので、日本語での看板などもあり比較的利用しやすい空港です。しかし、全体の利用者数がかなり多いので、入国審査までにかなりの時間を要します。デルタ航空のカウンターなら日本語を話せるスタッフがいるので、他の空港より便利です。航空会社の一人旅サービスというのがあるので、そちらを利用してみてはいかがでしょう。

ランシング空港には飲食ができるところはありますか?

カフェランというカジュアルなレストランがあります。サンドイッチやサラダ、コーヒーなどを提供しています。スパルタンというパブが搭乗ゲートにあり、カクテルラウンジとミニフードコートを併設しています。

空港内には銀行のATMは、設置してありますか?また、Wi-Fiは利用できますか?

ナショナルシティ銀行のATMがあります。場所はメインエントランス近くにあるターミナルの1階です。
Wi-Fiについては、無料で利用することができます。表示があるところでお使いください。