1. トップ
  2. アメリカ/カナダ
  3. アメリカ
  4. ジュノー

ジュノーの概要

ジュノー

画像の出典元: istockphoto.com

人口-
都市コードJNU
人気の航空会社-
飛行時間12~15時間
ジュノー発の航空券情報はこちら

ジュノーまでは飛行機でおよそ12~15時間で行くことができます。ジュノーの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてジュノー旅行を有意義に楽しみましょう。

人々を魅了する美しい自然「ジュノー」

アメリカ・アラスカ州の州都であり、北アメリカ大陸本土に位置するジュノー。2000年にシトカ郡市に抜かれるまでは、アメリカ国内で最も市域面積の広い都市でした。空路やフェリー、定期船の利用は可能ですが、陸路でのアクセスはできません。そんなジュノーは、アラスカ州のみならずアメリカ国内の中でも美しい景観を楽しめることで有名な都市。氷河期からの自然がそのまま残されている「グレーシャー・ベイ」は、自然保護地区に指定されています。標高5000mの山々や氷河、森林等の景観はとても美しく、数多くのツアーが開催されています。また、歴史のみならず民族、自然に関する資料を展示する「アラスカ州立博物館」も人気の観光地の一つです。

ジュノーの歴史

1880年、探鉱を行っていた男性2人が金採掘のキャンプ地をアメリカ・ジュノーに造りました。それから1年も経たない1881年、金脈が見つかりキャンプ地が町へと変化していきます。そして鉱夫たちがキャンプ地を造った男性うち1人の名をとって、この町をジュノーと名付けました。その後、金の採掘は1940年代まで続いたと言われていますが、第二次世界大戦がはじまると戦争の必需品ではないことから鉱山は閉鎖されてしまいました。

ジュノーの経済

ジュノーの主産業は観光業といえます。道路によるアクセスが出来ないにも関わらず、博物館や歴史的な「サウス・フランクリン通り」等のみどころがたくさんあり、活気に溢れています。そして手つかずの美しい自然が人々を魅了するのです。それらを楽しもうと様々なツアーが開催され、多くの人々が参加しています。さらに観光案内所ではウォーキングマップを配っていますので、これを利用するのもオススメです。

ジュノー行きの格安航空券について

日本からジュノーへの直行便はありません。アメリカの他都市から国内線を利用しましょう。乗り継ぎ1都市のみの場合は、シアトルを経由するのが一般的。特にデルタ航空は、お手頃価格のプランが多くおすすめです。より安価な航空券をお探しの方には、ソウルとシアトルの2か所を経由するルートが良いでしょう。その場合、アシアナ航空とアラスカ航空利用となります。

ジュノーの気候

西岸海洋性気候に属しているアメリカのジュノー。高緯度にあるため、夏は短く涼しい気候です。一方で冬は長く冷え込み、気温は氷点下になることもあります。厚手の上着を用意すると安心です。観光のベストシーズンは6~8月ですが、半袖で過ごすほど暖かくはありませんので、服装には注意しましょう。

ジュノーの主な交通手段

ジュノーの主な交通手段

画像の出典元: commons.wikimedia.org

ジュノーにはジュノー国際空港、そしてジュノー港があります。そこから市街地への移動にはタクシーが便利です。そのほかにも、市内には循環バスや観光バスなどがありますが、少し割高なため、ご都合に合わせて選択し利用すると良いでしょう。

ジュノー行き航空券利用者の声

成田⇔ジュノー 36歳女性

2年前、アラスカのフェアバンクスでオーロラを見に行くツアーに参加しました。すっかりアラスカの環境やオーロラの魅力にハマってしまい、去年は同じくフェアバンクスを基点にしてデナリ国立公園などを観光。夏にはアラスカ鉄道に乗って旅をしてきました。今年は去年お世話になった現地の旅行会社のオススメでジュノーへ。アクセスは鉄道と空路しかなく、周辺には手つかずに自然がいっぱい残っていると聞いて行くことを決めました。ジュノーまでの格安航空券を探すと、乗り継ぎが1回よりも3回の方が早くジュノーに到着するなど、ちょっとトリッキーな便が多くて大いに悩みましたが、値段がほぼ同じの乗り継ぎ1回の航空券を手配。ルートはANAで成田からシアトルへ行き、アラスカ航空に乗り継いでジュノーです。久しぶりに乗ったANAは昔ほどの丁寧さは感じないにしても、やはり欧米系と比べると日本的で快適に過ごせました。シアトルでの待ち時間は20時間。これは町に出るしかないですよね。シアトルにお昼に到着して翌朝のフライトだったので、ホテルも押さえて本格的に観光しました。ジュノーでは贅沢にヘリコプターツアーで氷河を遊覧し、上陸してから氷河ハイキングを楽しみました。

成田⇔ジュノー 30歳女性

アラスカ好きの友達に誘われて、アラスカを観光してきました。最初に降り立ったのはジュノーという町です。アラスカと言えばアンカレッジとばかり思っていたので、ジュノーってどこ?という状態でしたが、友達のプランにお任せしておいたら、格安航空券比較サイトで最安値のチケットを手配してくれていました。ありがたかったのですが実はこれ、行きの乗り継ぎが3回もあったんです。ちゃんと荷物が届くのか、遅れずに乗り継げるかなどいろいろ不安でした。成田からANAでシアトルまで飛んで、次はアラスカ航空でケチカンへ。次にシトカを経てやっとジュノーという行程。友達いわく、全日空で乗り継ぎが1回だけの便より早くジュノーに着くんだそうです。とはいえ「乗り継ぎが多いのは疲れるなあ」が正直な感想。ジュノーでは、現地の旅行会社のオプショナルツアーに申し込んで、ホエールウォッチングをしたり氷河を見たり、大自然を満喫。氷河を見ながらのハイキングは忘れられない思い出になりました。

成田⇔ジュノー 28歳男性

アラスカ州のジュノーへ観光に行ってきました。お気に入りの旅行ブロガーが、ジュノーのことを絶賛していたのがきっかけです。もともとアラスカには行きたいと思っていて、試しに旅費はいくらかネットで調べてみました。すると、ANAでシアトルまで行って、そこからアラスカ航空でジュノーに入るという航空券を発見。シアトルでの待ち時間がほぼ1日で、都市観光もできるじゃないかと一石二鳥で即ゲット。値段を調べるだけのつもりが、いつの間にかジュノーへの旅行が決まっていたという感じです。成田からのシアトルまではほぼ満席でしたが、食事をしたり、ジュノーについて調べたり、ちょうど見たい映画があったので2本続けて見たり、あっという間にシアトルに到着。シアトルではスターバックス1号店やスペースニードルの展望台を観光。1日観光を楽しんでからジュノーを目指します。シアトルからジュノーまでのアラスカ航空は、荷物預け入れが有料とネットで見たのですが、国際線からの続きで無料になり安心しました。機内で出されるコーヒーがスタバだったのは、さすがシアトル拠点の航空会社。スタバ好きとしてはいい思い出になりました。ジュノーでは旅行社が催行しているツアーに参加。間近で見た氷河や空中トラムから見たジュノーの街並み、尻尾しか見えなかったホエールウォッチングなど素敵な体験がたくさんできてよかったです。

ジュノー旅行 よくあるFAQ

ANAのシアトル便にベビーベッドはありますか?

座席を利用しない子供用に機内に取り付けるベビーベッドを貸し出しています。予約は電話で受け付けているので、詳しくはウェブサイトの「小さなお子様連れのお客様向けサポートについて」で確認しましょう。

ANAのシアトル便で電子タバコは使えますか?

他の利用客の快適性を損ねる可能性があるため、機内での使用はできません。機内への持ち込みが可能ですが、受託手荷物の取扱はできません。

ANAでシアトルに行きます。足元の広い座席は指定できますか?

配慮が必要な方用の座席確保などのため、事前指定できる座席数には制限があります。配慮が必要で利用したい場合は、ANAの電話窓口に連絡してください。それ以外の理由で座席指定する場合は、国際線出発時刻24時間前より利用できるオンラインチェックインで空席をご確認するか、当日空港で申し出てください。