1. トップ
  2. アメリカ/カナダ
  3. アメリカ
  4. イスリップ

イスリップの概要

イスリップ

画像の出典元: flickr.com

人口-
都市コードISP
人気の航空会社-
飛行時間14~19時間
イスリップ発の航空券情報はこちら

イスリップまでは飛行機でおよそ14~19時間で行くことができます。イスリップの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてイスリップ旅行を有意義に楽しみましょう。

自然豊かなニューヨークのベッドタウン「イスリップ」

アメリカの東海岸に面したニューヨークのロングアイランド島の中央部に位置する「イスリップ」。ニューヨークの賑やかな繁華街とは違って、のどかな公園や住宅街が広がっています。観光客に人気があるのは、海岸沿いの広い公園の「ヘクシャー州立公園」。砂浜を散策しながら、ニューヨークの隠れた自然を満喫できます。また、ディスクゴルフ、ハイキングや釣りなどのレクリエーションができるので、家族や友達と楽しい時間を過ごせるでしょう。また、「ベスページボールパーク」も人気の観光地です。試合の時にはアヒルのマスコットキャラクターが登場し、試合を盛り上げてくれます。またニューヨークに近いことから、そのベッドタウンともなっています。

イスリップの歴史

イスリップの街が大きく発展し始めるのは、19世紀の後半からです。ロングアイランド鉄道の開通によって、倉庫などが建設されました。その後は、観光地にするために開発が始まり、ホテルや別荘が並ぶようになりました。しかし、世界恐慌でアメリカは不景気に陥り、イスリップの街は衰退します。第二次世界大戦後に、ニューヨークの住宅不足によって、イスリップに住宅街が整備されて、アメリカの退役軍人を始め多くの人がこの街に住むようになりました。

イスリップの経済

イスリップの近郊にはソフトウェア開発企業やサプリメントなど栄養食品のメーカーの拠点があります。職業別人口では、金融や経営に携わる人が多く、約15パーセントを占めています。またコンピューターやエンジニアリングに従事する人も多いですよ。またイスリップには静かな住宅街が広がっていおり、ニューヨークの中心部で働く人のベッドタウンとして、その役割を果たしています。

イスリップ行きの格安航空券について

日本からイスリップまでの直行便はありません。イスリップのロングアイランド空港は主にアメリカ国内線しか扱っていず、シカゴ乗り換えで行くことは出来ますが、割高になるのでオススメはしません。ジョン・F・ケネディ国際空港まで車で40分ですので、そちらを利用しましょう。日本からジョン・F・ケネディ国際空港まではデルタ航空やJAL(日本航空)、ANA(全日空)から直行便が出ていますので、格安航空券をゲットしましょう。

イスリップの気候

気候はニューヨークと同じです。観光に向いている季節は、5月から10月ごろ。夏の最高気温は27度くらいなので、日本よりも暑くなりません。冬は最低気温が氷点下を下回ることがあり、雪が降ることもしばしば。そのため冬に訪れる際は、防寒対策だけではなく滑りにくい靴などを用意しておくといいでしょう。

イスリップの主な交通手段

イスリップの主な交通手段

画像の出典元: en.wikipedia.org

イスリップの市内ではサフォーク郡トランジットバスの路線が主要な交通手段です。このバスの路線が充実しているので、色々な場所へアクセスが可能です。また、イスリップでは観光地同士が近いので、タクシーを使うのも便利です。さらに、ロングアイランド鉄道を使えば、ロングアイランド島の端から端まで移動ができます。またバスでも電車でもマンハッタンまで1時間程度です。

イスリップ行き航空券利用者の声

羽田空港⇔ロングアイランド・マッカーサー空港 25歳男性

観光で友人とロングアイランドのイスリップに行ってきました。日本からの直行便はなく、乗り継ぎが少ないシカゴ経由だと割高になるため、羽田空港からロサンゼルス国際空港/フィラデルフィア国際空港で乗り継いでロングアイランド・マッカーサー空港へ到着するルートを選択しました。フライトはすべてアメリカの大手航空会社・アメリカン航空でしたが、なにも問題なく空の旅を楽しめることができました。むしろ係員の対応の良さや機内食のおいしさ、席の間隔、映画などのエンターテインメントなど、全てに満足しました。価格を抑えるためにエコノミークラスで10時間以上のフライトは正直不安でしたが、実際は窮屈でもなく居心地が良かったため、友人も私もゆっくりと睡眠をとることができました。乗り継ぎも初めての経験でしたが、全て同じ航空会社を利用していることや、アメリカン航空の係員の親切な対応によって迷うことなくスムーズに手続きを進めることができました。ただし乗り継ぎが初めての方はやはり戸惑うこともあるかと思いますので乗り継ぎ時間を長めに設定しておくことをおすすめします。

成田空港⇔ジョン・F・ケネディ国際空港 21歳男性

学生最後の思い出として、卒業旅行でニューヨーク州のイスリップを訪れました。日本からイスリップの最寄りの空港であるロングアイランド・マッカーサー空港までの直行便がなく、乗り継ぎ経験のない私たちは日本からの直行便が出ているジョン・F・ケネディ国際空港まで向かい、そこからレンタカーで、ロングアイランドのイスリップまで向かうことにしました。元々イスリップでもレンタカーで観光スポットを巡る予定で、このルートのほうがより価格を抑えることができました。ジョン・F・ケネディ国際空港までのフライトでは様々な航空会社を選択することができましたが、馴染みもあり言語の不安などもない日本の航空会社を利用したいという意見で一致した私たちはANAで航空券を手配。その選択は正解で、海外旅行に慣れていない私たちに入国の手続きの手順を詳しく日本語で説明してくれたり、日本人の口にあった味付けの機内食を堪能することができたりしました。一番の不安であるエコノミークラスで12時間超のフライトを耐えることができるのかという件も、そこまで席の間隔が狭くなくゆったりとできたので、問題ありませんでした。ジョン・F・ケネディ国際空港からレンタカーを利用したため、ニューヨークの都心部の街並みや観光スポットも少し楽しむことができたのでよかったです。

羽田空港⇔ロングアイランド・マッカーサー空港 32歳男性

ニューヨークの田舎に行きたいという願望をかなえるため、航空券比較サイトで安い航空券を探してイスリップに行きました。「家の近くにある羽田空港から向かえたらいいな」とぼんやりと思っていたのですが、調べてみると羽田空港発で2つの空港を経由してロングアイランド・マッカーサー空港へ到着するルートを発見。乗り換えの空港はオヘア国際空港とフィラデルフィア国際空港でした。どちらのフライトもアメリカン航空を利用しましたが、客室乗務員の対応の良さに驚きました。小さい子どもの世話をサポートしてくれたり、遊び相手になってくれたりと非常に助かりました。「さすがアメリカ最大手の航空会社はサービスの質も高いな」と感動しました。ロングアイランド・マッカーサー空港に到着したらレンタカーを利用して、自然豊かなスポットを巡りました。子供がいるのでマリンアクティビティはしませんでしたが、乗馬や釣りなどを日本とは比べ物にならないほどの大規模なスケールの自然の中で満喫できたのは、私たち夫婦にとっても子供にとっても良い経験でした。帰国の便も往路と同じくオヘア国際空港、フィラデルフィア国際空港を経由して羽田空港着のルート。やはり自宅の近くにある羽田空港を利用できたことは魅力でした。ちなみに、後で知って「失敗したな……」と思ったのですが、イスリップはジョン・F・ケネディ国際空港からも近いです。こちらなら成田発で直行~1回乗継で行けて断然楽チンなうえ安いです。参考まで。

イスリップ旅行 よくあるFAQ

飛行機には小さい赤ちゃんを乗せることができるのでしょうか?

原則として、生後8日以上の赤ちゃんならば登場することは可能です。ただし細かい規則は航空会社によって異なりますので、事前にお問い合わせください。

ペットを連れていくことは可能でしょうか?

可能です。細かい規則や料金などはご利用の航空会社へお問い合わせください。

ESTAの申請は必要ですか?

オンライン電子渡航認証システム(ESTA)の取得は義務化されていますので、航空機搭乗手続きを行う前までにESTA申請ウェブサイトにて渡航認証を必ず受けてください。

航空券のキャンセルをすることはできますか?

アメリカン航空の場合、オンラインで予約した航空券は電話でのキャンセルを受け付けております。