1. トップ
  2. アメリカ/カナダ
  3. アメリカ
  4. ヒューストン

ヒューストンの概要

ヒューストン

画像の出典元: Katie Haugland

人口約219.6万人
都市コードHOU
人気の航空会社
  • アメリカン航空
  • ユナイテッド航空
  • 全日空
飛行時間12~14時間
ヒューストン発の航空券情報はこちら

ヒューストンまでは飛行機でおよそ12~14時間で行くことができます。ヒューストンの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてヒューストン旅行を有意義に楽しみましょう。

ヒューストン行きの最安値を比較

アメリカ国内からのヒューストン行き 最安値を比較

ビジネスと宇宙工学の中心地「ヒューストン」

テキサス州最大の都市ヒューストンは国内で人口が4番目に多い都市。サンベルトに属しており、科学技術を中心に経済成長を遂げています。観光都市としても名高く、ヒューストン宇宙センターやショッピングセンター、博物館といったホットスポットが数多くあり見どころ満載です。特にヒューストン宇宙センターでは人工衛星の着陸といったリビング・イン・スペースがコンピューターシミュレーションで体験できます。気候は一年を通して暖かく、冬でも日本でいう沖縄くらいの気温ですので過ごしやすいでしょう。

ヒューストンの歴史

ヒューストンが商業の都市として発展を始めたのは1860年代からです。綿花の集積、集荷の中心地として栄え、交通の便も発達しました。20世紀に入ったころには石油が見つかり、当時の大統領がヒューストンに運河を造り、開港したそうです。1950年から急速に発展していき高度経済成長期に突入。20年後にはアメリカ産業が北から南のサンベルトへと移動、それにつれ産業・人口がさらに増加していきました。

ヒューストンの経済

世界的な経済の中心地とされるヒューストン。主にエネルギー産業と宇宙航空産業が発展していることで有名です。エネルギー産業を支える資源は石油・天然ガス。スーパーメジャーと呼ばれる大手石油系会社6社のうち4社がここヒューストンを拠点としていることからもその実力がうかがえます。宇宙産業を支えているのが「ジョンソン宇宙センター」。アメリカ航空宇宙局の宇宙センターとしてスペースシャトルや国際宇宙ステーションの運営管理、宇宙飛行士の訓練を行い、まさに宇宙産業の要衝と言えるでしょう。

ヒューストン行きの格安航空券について

ヒューストンの玄関口となる空港はインターコンチネンタル空港となります。ユナイテッド航空がハブとしており、成田からですとシカゴやサンフランシスコ経由で行けます。安いシーズンは12~5月の間の長期休暇以外の時期となります。またユナイテッド空港の正規割引運賃である「GOUSA」を使うと、格安航空券より安い運賃で行けることもできるのです。マイルも100%付加されますので安心。公式ホームページからの予約もできますので、ぜひご利用になってみてはいかがですか?

ヒューストンの気候

年間を通して気温が高めです。夏は35度にとどく日も多く、冬も比較的、過ごしやすい温度でしょう。春先にかけハリケーンや雷雨が発生しやすいので注意が必要です。夏は海からの湿った風が入り込み、高温多湿な気候となります。風も弱いので体感温度はさらに高くなるかと。冬になると朝晩は冷え込み最低気温は5度以下になることも。夏場は屋内でクーラーが効いていることもあり、半袖一枚だと寒いかもしれません。なので羽織りものを持っていくことをおすすめします。

ヒューストンの主な交通手段

ヒューストンの主な交通手段

画像の出典元: Patrick Feller

ヒューストンの主な交通手段にはライトレール(鉄道)、タクシー、レンタカーがメインです。車社会の地域でありダウンタウン中心部に向かうほど渋滞が激しくなします。またタクシーの台数が少ないため、捕まえることが難しいので注意が必要。バスや電車を使って計画的に行動すると良いでしょう。郊外へのアクセスは公共機関が行き届いていない地域もあるため、レンタカーをおすすめします。タクシーを使用したい場合、事前に予約をしておけばスムーズに進めるでしょう。

バス 市内地では停留所も多く、また博物館やヒューストン宇宙センターへ停まらずそのまま行ってくれるバスもあるので利便性は良いです。支払いの際はお釣りが出ないようにしましょう。
ライトレール 2004年に開通したライトレール、代表的な路線「レッドライン」はテキサス医療センターやライス大学を通過してます。運賃はやや高めです。なお1日乗車券が購入できます。
タクシー メーター制になります。タクシー会社に行けば料金目安表がもらえますので、乗車前に料金確認してみるのも良いでしょう。料金はそこまで高くないですが、急ぎの場合ですと台数が少ないのでタクシーはおすすめしません。

ヒューストン行き航空券利用者の声

成田⇔ヒューストン 21歳男性

大学の休みを利用して子供の頃から憧れていたアメリカに行ってきました。バイトでコツコツと貯金をしていたので、格安航空券を見つけて目指すはヒューストン。格安航空券も色々探した結果、せっかく行くなら出発時からアメリカを感じたいと思いユナイテッド航空を選択。直行便がなくデンバー国際空港で乗り換え。初海外でおまけに一人だったしドキドキだった。でも機内食も意外とおいしくて全部平らげた。アメリカに入ってからは指紋とか入国の手続きが面倒で何もかもが初めで緊張したけど、事前にネットとかで色々と調べておいたので何とかなって一安心。目指すはヒューストンアストロズの球場。メジャーリーグを一度生で見てみたかったので感激でした。ザ・アメリカを感じることができて楽しかったです。英語も中学生英語だけど、なんとか伝わったし、もっと英語を勉強して色々と行ってみたいと思うようになりました。帰りは直行便だった。帰りの機内では疲れてたみたいで結構寝てたから、あっという間に日本に着いた。今回、格安航空券で行けて予算内におさまったから満足。今後も格安航空券を探して色々と旅をしてみたいです。

成田⇔ヒューストン 28歳女性

友人がヒューストンで暮らしているので会いに、成田からアメリカのヒューストンまで行きました。休みが長期で取れないので、出来るだけ現地に長く滞在したいこともあり、往復共にANAの直行便を利用。格安航空券を半年前くらいからチェックしていて経由だともう少し安いのですが、少しだけ料金上乗せして時間が短縮できる直行便にしました。飛行機の機内は快適そのもの。英語が得意でないので、日本語が使えるのは助かりました。シートも居心地よかったです。窓側にしたので雲の上の景色が楽しめるのがよかったです。友人に言われESTAの事前申請も結構前からしておきました。手間はかかったけど入国は意外とスムーズだったのでよかったです。ヒューストンの空港まで友人が迎えにきてくれていたので、その後は友人宅に向かい、宇宙センターなどのヒューストン観光やおしゃれなカフェなどいろいろと連れて行ってくれました。初ヒューストンですが友人にも会え観光も楽しかったです。帰りもANAの航空券を利用。朝早くにチェックインだったのですが帰りも直行便だったのでラクでした。格安航空券でしたがトラブルなく問題なく旅行できたので、今後も利用したいです。

成田⇔ヒューストン 40歳男性

妻、小学生の子供2人を連れて家族旅行でヒューストンに行ってきました。家族4人なので、出来るだけ予算を抑えたいこともあり格安航空券を探してユナイテッド航空を利用。ホテルも日本から事前に予約していきました。結婚前はよく海外に行っていたのですが、子供たちを連れての海外旅行は初めてだったので、子供たちは飛行機の機内でも大喜び。往路はデンバー国際空港で一度乗り換えで、乗り換え時間が短かかったのですがなんとか大丈夫でした。乗り遅れてたらどうなってたんだろうと今考えてもヒヤヒヤしますが。 ヒューストンでは宇宙センターやメジャーリーグを見に行ったりと子供たちも喜んでくれ、妻もショッピングを楽しんだりと充実した滞在でした。私自身は時差ぼけが少しつらかったですが家族サービスができたのでよかったかな?復路もユナイテッド航空を利用でしたが、復路は直行便でした。帰りはクタクタだったので、直行便でよかったと思いました。このアメリカ旅行の後は子供も妻もすっかり旅行に目覚めてしまったのか、またどこかに行きたいとせがんでくるので、次の旅先を考えながら格安航空券をチェックしている日々です。次はもう少し近場のアジア辺りを考えています。

ヒューストン旅行 よくあるFAQ

アメリカのESTAって何ですか?

アメリカを訪れる際に、事前に申請する電子渡航認証システムです。ESTA(エスタ)認証がないと、アメリカに入国できないので事前に申請しましょう。エスタのホームページにアクセスし、手続きが可能です。

荷物は何キロまでですか?

ユナイテッド航空の場合、受託手荷物の長さ+幅+高さが158cm以下。重さは利用クラスによりますが、エコノミーは23キロまでなら無料でお預けいただけます。航空会社によっても異なるので注意は必要です。

機内にWifiはありますか?

ユナイテッド航空の場合、一部のフライトはマイルでWifiインターネットが購入できます。現在は一部の機材のみですが、今後サービス拡大の予定です。

ベジタリアンなのですが機内食でベジタリアン料理をリクエストできますか?

ユナイテッド航空では、完全菜食主義者用などの機内特別機内食もあります。航空券予約時か、事前にリクエストが必要です。