イスラエルの見逃せない観光スポット15選!3つの宗教が生まれた地

イスラエルの見逃せない観光スポット15選!3つの宗教が生まれた地

イスラエルは旅行に行くにはハードルが高そうですが、実は中東の中でも多くの観光スポットがある国です。イスラム教、ユダヤ教、キリスト教の聖地があるイスラエルには、ヨーロッパからも多くの巡礼者や観光客が訪れています。

大都会のテルアビブ、3つの宗教の聖地エルサレム、キリストの誕生の地ベツレヘムやキリストが教えを広めたナザレ、世界遺産のメギドなど、どこも深く考えさせてくれる観光スポットばかりです。ここでは、そんなイスラエルの観光スポットを厳選してご紹介したいと思います。

目次

イスラエルの見逃せない観光スポット15選!3つの宗教が生まれた地

目次を閉じる

1.嘆きの壁(エルサレム)

出典: pixabay

「嘆きの壁」はエルサレムの旧市街、ユダヤ地区にあります。ここはユダヤ教徒の聖地で、ユダヤ教徒たちがその壁に触れ祈りをささげる神聖な場です。壁はヘロデ大王時代のエルサレム神殿の現存する外壁部分で、長さ50m、高さ20mです。

▶ 世界七不思議の一つ!世界遺産エルサレムの旧市街とその城壁群をご紹介!

祈りの場は、男性と女性に分かれています。男性は、神に敬意を表すという意味で「キッパ」と呼ばれる帽子をかぶります。無料で借りれるものが壁のそばに置いてあるのでご利用ください。また、ここは観光地とはいえ神聖な場なので、極端に肌を見せるような服装は慎みたいものです。

シャバット(金曜の日没~土曜の日没)・フェスティバル開催時は、写真撮影・喫煙・携帯電話の使用は禁止となっていますので観光の際には気をつけてくださいね。

2.ヴィア・ドロローサ(エルサレム)

出典: voirisrael

「ヴィア・ドロローサ」とは、イエス・キリストが十字架を背負って歩んだ道です。日本語では「悲しみの道」や「苦難の道」と訳されています。ここはキリスト教徒の巡礼地で、総督ピラトの官邸から刑場のあるゴルゴダの丘の聖墳墓教会まで、聖書に書かれた14のポイントを巡ることができるイスラエルにおけるおすすめの観光スポットです。

イエスが鞭打たれいばらの冠をかぶせられた場所、女性がイエスの顔を布で拭った場所、イエスが倒れた場所、そして十字架に処せられた場所など、キリスト教徒にとって神聖なポイントを観光できます。ここは世界遺産に登録されていて、誰でも体験できる1kmあまりの道。キリスト教の世界観を味わうためにもぜひ、観光ついでに歩いてみることをおすすめします。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

イスラエルでおすすめの記事

イスラエルのアクセスランキング