中東のヨーロッパ!と呼ばれるテルアビブの観光スポット5選!!

画像出典:Aleksandar Todorovic

中東のヨーロッパ!と呼ばれるテルアビブの観光スポット5選!!

テルアビブは20世紀の初めに、何にもない砂漠の地に一から造られた新しい街で、美しいビーチに面して建つ近代ヨーロッパ調の街並みは、中東のヨーロッパとも呼ばれていますが、今回はそんな魅力溢れるテルアビブの観光スポットをご紹介いたしましょう。

目次

中東のヨーロッパ!と呼ばれるテルアビブの観光スポット5選!!

目次を閉じる

1.ヤッファ旧市街(ヤッフォ or ジャッファ:サウス・テルアビブ)

出典: pixabay.com

テルアビブが新しく作られた街なら、ヤッファは紀元前からあったアラブの古代都市。ユダヤ人が、ヤッファの近くに入植して作り上げたテルアビブに吸収され、今はサウステルアビブと言う一つの地区になっています。因みに、テルアビブの行政区画上の正式名称は、テルアビブ・ヤッファと言います。

ヤッファはテルアビブの近代的な中心街とは雰囲気が全く異なり、石畳の道やオリエンタルな感じの建物が多く残っており、観光客が散策するのに楽しい場所。オシャレなカフェやアーティストショップ、土産物屋を巡ってみましょう。

こちらには、規模の大きなフリーマーケットがある事でも知られています。歴史を物語るように、この地区ではアラブ人も多く見られ、美味しいホムス(アラブの常食で、ひよこ豆のペースト)屋さんも沢山あります!

2.カルメル市場

出典: commons.wikimedia.org

テルアビブの中心街にある伝統的なマーケット・カルメル市場。食料品が中心で、テルアビブ市民の胃袋を満たす台所的存在ですが、日用品やジュエリー、お土産品なども売っており観光客にとっても楽しい場所です。

昔は自爆テロなどがあり警備の人たちが多く見られましたが、今はそんな事は全く起こらずガードマンもすっかり姿を消しました。ここにはイスラエルのローカルフードを食べさせる店やジュースバーも多く、一日中観光客が絶えません。

特にジュースバーの値段は日本に比べると信じられないくらい安いので、是非試してみましょう。又、エルサレムの旧市街で売っているようなイスラエル土産も、ここでは値段も表示されており、安く買えるのでオススメです。

3.カイザリヤ国立公園

出典: commons.wikimedia.org

カイザリヤはテルアビブの北約50kmの海沿いにある、ローマ時代に栄えた港町の跡地で、今は国立公園になっている場所。キリスト教史上では、あのパウロやペテロがローマ宣教に旅立った港として知られています。ヘロデ大王が築いた町で、当時のローマ皇帝カエサル(Caesar:シーザー)に因み、カイザリヤと命名されたそうです。

カイザリヤには、ローマ時代の遺跡に加え、その後の十字軍時代のものも多く残っており、地中海の青い海のすぐ傍に立つ白い遺跡の数々はまさに壮観。観光客の興味を引くのは、4~5千人は収容できると言う円形劇場で、かなり当時に近い形で残っています。

その他にも、大理石の列柱が当時の面影を残す宮殿跡地や導水橋、十字軍の要塞など数多くの遺跡があり、テルアビブまで来たなら是非足を延してみたい観光スポットです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

テルアビブでおすすめの記事

    テルアビブの記事はまだありません。

テルアビブのアクセスランキング