ウポポイとは?  |  アイヌ文化を学べる空間

画像出典:kata716 / PIXTA(ピクスタ)

ウポポイとは? | アイヌ文化を学べる空間

ウポポイ(民族共生象徴空間)とは、北海道白老郡白老町に2020年7月にリニューアルした「国立アイヌ民族博物館」などから構成される、アイヌ民族の文化を今に伝える空間です。

このウポポイでは太古の昔より北日本と極東ロシアにまたがる北方地域に暮らしてきたアイヌ民族の暮らし、文化を体験・体感しながら学ぶことができますよ。

今回はそんな「ウポポイ(民族共生象徴空間)」のアクセスや見どころ・入場券の料金や予約方法をご紹介いたします。

※本記事の料金・時刻等の情報は2021年5月現在のものです。

目次

ウポポイとは? | アイヌ文化を学べる空間

目次を閉じる

ウポポイとは?

施設の愛称の「ウポポイ」とはアイヌ語で「大勢で歌うこと」を意味しています。
2018年に閉館したアイヌ民族博物館(ポロトコタン)が2020年7月、国立アイヌ民族博物館などに生まれ変わりました。

「ウポポイ」の正式名称、民族共生象徴空間の名前が示す通り、「ウポポイ」は、アイヌ民族独自の文化を後世に伝えることを目的とした空間です。
そして、「ウポポイ」は過去に大学の研究室に所蔵されていたアイヌの方々の遺骨や副葬品を保管・慰霊する施設という側面も持っています。

▼PRキャラクター「トゥレッポん」

「トゥレッポん」というゆるキャラが「ウポポイ」のPRキャラクターです。「トゥレッポん」は、オオウバユリをモチーフにした女の子。かわいいですね。

ウポポイのチケット料金・予約方法

ウポポイの入場には入場日の事前予約が必要です。十分に空きがあれば急に訪れても入れる場合はありますが、予約サイト(外部サイト)での事前申し込みをしておいた方が無難でしょう。
国立アイヌ民族博物館にも入館したい場合はさらに別途予約が必要です。国立アイヌ民族博物館予約サイトはこちら(外部サイト)

入場料金は大人1,200円、高校生600円(20名以上で団体割引あり)となっています。中学生以下、障がいをお持ちの方とその介護者1名は無料です。
なお、入場料が無料になる場合でも入場整理券(無料)が必要ですよ。

ただし、「エントランス棟」と「いざないの回廊」、「歓迎の広場」の3施設は入場料なしで利用できます。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の北海道行き格安航空券

北海道でおすすめの記事

北海道のアクセスランキング