静岡のおすすめ観光スポット75選!東は伊豆の温泉から西は浜松の穴場まで

静岡県にとどまらず日本を代表する富士山をはじめ、海と山に囲まれた自然を満喫できる観光地が、たくさん詰まっている静岡県。春は桜、夏は海水浴や登山、秋は紅葉、冬は温泉など四季を通して満喫できる観光スポットが目白押しです。

旅の楽しみの一つでもあるグルメでは、新鮮な地物のお魚やお刺身、鰻、ご当地メニューの富士宮焼きそば、静岡おでんなども満喫できますよ。そんな静岡県の定番から、まだまだ知られていない穴場スポットまでの75選を一気に紹介します!

[x] 閉じる

静岡のおすすめ観光スポット75選!東は伊豆の温泉から西は浜松の穴場まで:目次

1.富士山

出典:raneko

世界遺産に登録され、今や世界中の観光客から愛されている富士山。7月の山開きでも、外国人観光客の姿が年々多く見られるようになってきました。静岡県は富士山の南半分を有し、「須走」「御殿場」「富士宮」の3つの登山ルートが含まれています。富士宮ルートは登山道が短いため、初心者でも登りやすいです。山の南側なので駿河湾の眺めも堪能できますよ!下りは混雑するので別ルートを利用する登山客も多いです。

そして地上からの見え方も場所や季節、時間帯によって当然変わってきます。富士宮市の田貫湖で見る逆さ富士、富士市の岩木山公園からは梅、桜と富士山の共演など様々な表情が楽しめます。ぜひお気に入りのビュースポットを見つけてみてください。富士山エリアへのアクセスは車の他、高速バスの利用が便利。首都圏、日本各地から御殿場、富士宮行きの便が運行しています。

2.富士山本宮浅間大社

出典:commons.wikimedia.org

富士山をご神体とし、全国の浅間神社の総社でもある富士山本宮浅間大社。本宮は富士宮市内に、奥宮は富士山の山頂付近にあります。テレビや写真でよく見るあの鳥居というとピンとくる人も多いのではないでしょうか。富士山と共に世界遺産に登録され子宝や安産、金運などのご利益で有名なパワースポットでもあることから、国内外問わず多くの観光客が押し寄せます。

ちなみに御朱印のデザインは本宮と奥宮で異なるので、登山の際にはぜひ奥宮バージョンをいただいてきましょう。さらに御朱印帳も山頂限定のものが購入できます。お守りの種類もたくさんありますよ。本宮はJR富士宮駅から徒歩約10分、新幹線の新富士駅からは車で約30分です。駐車場もあります。

3.富士サファリパーク

出典:commons.wikimedia.org

静岡を代表する観光スポット、そして日本最大のサファリ型動物園としても有名な富士サファリパーク。金網越しにライオンやトラが迫ってきたり、シマウマやキリンが車の前を横切っていったり、とにかくスリル満点で大人も子供もみんな大満足できます!

連休や夏休みなどは混雑するので、開園前に到着できるのがベター。イベントの整理券をゲットしたい方は早めに向かいましょう。また、雨の日は空いていますが、見られない可能性のある動物もいます。活発に動き回るところが見たい方は、やはり天気のいい日に観光するのがおすすめ。

ホームページの入園割引券や、JTBの昼夜入園セット券などを利用すると入園料が安くなるのでぜひチェックしてみてください。宿泊の場合は御殿場、裾野、富士エリアで。大型ホテルからペンションまで揃っているので静岡観光の宿泊に便利です。

4.富士山樹空の森

「富士山樹空の森(じゅくうのもり)」は、富士山と御殿場市の魅力を体感できる静岡の自然いっぱいの公園施設。園内には四季折々の花が咲き、天気がいい日に散策しながら眺める富士山は本当に清々しいですよ。ペットも入園OK!目玉となる施設「富士山天空シアター」では、富士山を上空から見下ろすような直径6mのジオラマ映像や、270インチの巨大スクリーンで富士山にまつわるあれこれを学べます。

水遊びやトランポリン、ローラースライダーなど子供たちに人気の遊具もたくさん。パークゴルフ場と温泉施設「御胎内温泉健康センター」も隣接しているので、家族みんなで休日を過ごせる静岡の観光スポットです。御殿場駅前の1番または4番のバス停から路線バスで約20分とアクセスも便利ですよ。

5.富士山こどもの国

出典:44kawa / PIXTA(ピクスタ)

「富士山こどもの国」は富士山の麓にある大自然の中で、様々なアクティビティーを楽しめる大きな公園施設。宿泊もでき、テント式住居「パオ」やオートキャンプ場、ホテルロッジタイプなどお好みのスタイルを選べます。レストハウスや売店などでのフードメニューも豊富で、食事面でも子供たちのお気に入りが見つかるでしょう。アウトドア派にはバーベキューがおすすめ。食材の持ち込みもOKです。

ここへの観光は車が便利ですが、JR富士駅から1日1往復バスの運行もあります。駐車場は469号線側に3カ所、草原の国エリアにも1カ所あり。また、富士山こどもの国クラブに入会すると、入園料が半額に割引されるという特典も!事前にホームページから申し込み、会員証を作っておきましょう。

6.富士ミルクランド

富士山の西側に広がる朝霧高原のレジャー施設「富士ミルクランド」。高原産の生乳を使ったジェラートやソフトクリームなど、おいしい乳製品が名物の人気観光スポットです。静岡産の新鮮な野菜や肉を味わえるビュッフェスタイルの食事処「農家レストラン」や、バーベキューガーデンもあり。バーベキューは料金に食材や道具が含まれているので、観光で訪れる際はとってもらくちんですよ。

動物ふれあい広場では、乗馬や牛の乳しぼり体験が子どもたちに人気。ドッグランもあるので、愛犬と一緒に楽しい休日を過ごせちゃいます。また、宿泊の場合は併設されている富士朝霧高原ロッジがおすすめ。こちらもペット同伴OKなのがうれしいですね!アクセスは車が便利です。周辺にはまかいの牧場や白糸の滝もあるので、併せて観光してみるのもいいかもしれません。

7.柿田川公園

出典:commons.wikimedia.org

熱海や伊豆、富士山など静岡県の有名観光スポットに近く、新幹線も停まる三島市。実は「水の郷100選」にも選ばれるほど、湧水が多い土地なんです。そんな三島市の西隣、清水町の柿田川公園もまた、豊かな水と緑に囲まれたいやし系観光スポット。水遊びをする子供たちなど市民はもちろん、静岡県外からも観光客が訪れています。

柿田川の始点「わき間」があり、地面からとてもきれいな水が湧き出ているところが見られます。6~7月頃にはゲンジボタルも出現するのでぜひ見てみたいですね。アクセスは車、バス共に便利。国道1号線沿いにあって三島駅からもバスで約15分です。

8.まかいの牧場

出典:commons.wikimedia.org

富士山の西側に広がる日本有数の酪農エリア、朝霧高原。観光型牧場もいくつかありますが、「まかいの牧場」はその名前のインパクトもあって特に有名です。新鮮な自家製の牛乳やソフトクリーム、乳製品はもちろん、地産の野菜やお肉などをビュッフェスタイルで楽しめる農場レストランもあります。「あさぎり館」ではテラスでバーベキュー!

アスレチックや遊具、陶芸やガラス細工などの創作体験、動物たちとのふれあい体験など、施設やアクティビティーが充実していて1日遊べる静岡の観光スポットです。周辺にはオートキャンプ場が数ヶ所、御殿場や河口湖など近隣エリアでの宿泊もおすすめ。メールマガジンを登録すると入場割引クーポンがもらえるので、観光する前にぜひチェックしてみましょう。

9.朝霧高原

朝霧高原は富士山の西側のすそ野に広がる高原地帯。富士宮市の中部から北部エリアを占め、どこにいても富士山が間近に見えます。酪農が盛んな土地柄を活かした観光型ファーム、ゴルフ場やオートキャンプ場などが多く、夏場には観光客で大賑わい。

パラグライダーも人気で、空を飛びながら富士山や静岡の自然を眺められる贅沢な時間は、朝霧高原ならではの体験。天気のいい日にぜひチャレンジしてみましょう!「風の湯」「天母の湯」など、日帰り入浴ができる温泉施設もいくつかあります。ドライブでの観光がおすすめですが、富士宮駅や新富士駅、河口湖駅などからバスの運行もあるのでアクセス便利です。

10.白糸の滝

富士宮市にある白糸の滝は、富士山周辺の観光スポットの中でも、古くから人々に愛されてきた景勝地の一つ。富士宮市の中部に位置し、1936年に国の天然記念物に指定。富士山の構成資産の一部として世界遺産にも登録されています。富士山の湧水が滝つぼの周りの崖からいくつも流れ出ているのが特徴で、この様子が絹糸のようだったことが名称の由来です。

有料駐車場があり、滝までは遊歩道を通って10分ほどで到着。売店や飲食店が並び、富士宮焼きそばやイワナの塩焼きなど小腹を満たすのにぴったりの静岡名物グルメも味わえます。しっかりランチを取りたい方は、近くにあるまかいの牧場や富士ミルクランドのレストランもおすすめですよ!

11.田貫湖

出典:commons.wikimedia.org

富士宮市の朝霧高原の西端にあり、山梨との県境にもほど近い田貫湖(たぬきこ)。もともと沼地だったところを拡張して作った人造湖です。湖の周辺は静岡のレジャースポットとして整備され、桜や紅葉の観光シーズンも人気。夏にはホタルの観賞もできますよ!田貫湖キャンプ場ではテント泊やBBQはもちろん、自転車やボート、釣りなどの自然の中でのレジャーが楽しめます。

保養施設「休暇村富士」での宿泊はホテルタイプとコテージタイプがあり、コテージではペットと一緒に滞在することも可能。館内にある温泉「富士恵みの湯」では日帰り入浴もOKです。また、この休暇村付近からはダイヤモンド富士が見られます。4月と8月の20日前後、天気の良い日という条件がありますが、タイミングが合えばぜひこの時期に泊まってみたいですね。

12.御殿場高原時之栖

出典:genki / PIXTA(ピクスタ)

御殿場市の大型リゾート施設「時之栖(ときのすみか)」。6つの宿泊施設やレストラン、温泉やリラクゼーション施設の他、グラウンドやプールなどの運動施設も完備。レジャーからスポーツ合宿、研修など多目的に利用されています。

宿泊はホテルタイプ3棟の他、ヴィラやロッジなど。「ブルーベリーロッジ」はキッチン付きタイプの客室もあり、手料理や持ち込みでの食事も可能です。ファミリーや仲間での静岡観光としてわいわい楽しめます!温泉は日帰り入浴可能なものが2軒あり、「茶目湯殿」は18歳以上限定。富士山を眺めながら優雅な時間を堪能したい方や、お一人様にもぴったりです。

また、春の「桜まつり」や、夏限定のイルミネーションを楽しめる「銀河祭り」など、期間限定のイベントも多く開催されています。御殿場駅や三島駅などから送迎シャトルバスの運行があるので、車以外での観光も便利です。

13.秩父宮記念公園

出典:commons.wikimedia.org

戦後のスポーツ振興に尽力し「スポーツの宮様」とも称された秩父宮雍仁親王。秩父宮記念公園は親王と勢津子妃殿下が過ごした静岡県御殿場市の別邸で、勢津子妃殿下の遺言により市に寄贈されました。2003年に記念公園としてオープン。園内には背の高いヒノキがそびえ、夏でも気持ちよく歩くことができます。

また、庭園には両殿下が大切にされた野草や野花、季節の花が咲き乱れ、その数200種類以上。春の枝垂桜、秋の紅葉も見ごたえがあり、ライトアップも行われ多くの観光客が訪れています。植物好きな方はぜひ足を運びたいスポットです。御殿場I.C.から約3分とアクセスもよく、有料の駐車場があります。JR御殿場駅からは無料送迎バスか、御殿場アウトレット行きの路線バスも利用できますよ。

14.駒門風穴

出典:T-Kai / PIXTA(ピクスタ)

御殿場市の自然観光名所の一つ、駒門風穴(こまかどかざあな)。富士山噴火の際に流れ出た溶岩によって形成された洞窟で、大正11年には天然記念物にも指定されています。洞窟なのに、のどかな住宅街のなかにあるのもちょっと意外。入口横には富士山からの地下湧水が出ていて飲むこともできます。

近くには15台収容の駐車場があります。ドライブで東名高速道路を使う方は、駒門PAに車を停めて観光することも可能ですよ。JR富士岡駅からも徒歩で約20分です。

15.乙女峠

出典:i-flower / PIXTA(ピクスタ)

御殿場と箱根を結ぶ国道138号線、通称「乙女道路」の、静岡と神奈川の県境近くにある乙女峠。眼前に富士山の大パノラマが広がる、ドライブ途中にぜひ立ち寄りたい静岡の絶景スポットです。

食事処「ふじみ茶屋」では食事の他、御殿場の地場産野菜やソフトクリームなども売っているので、ゆっくり休憩しながら雄大な富士山の眺望を楽しんでくださいね。車以外での静岡観光は小田急箱根高速バス、もしくは箱根登山バスが利用でき、御殿場ICから約20分のアクセスです。

16.三保の松原

平成25年に富士山世界文化遺産の構成資産に登録された、静岡市清水区にある三保の松原。約7kmの海岸に3万本ほどの松が生い茂り、その姿と富士山の共演は多くの浮世絵や絵画で描かれてきました。三保の松原には天女伝説が残っていて、天女の羽衣がかけられたとされる「羽衣の松」があります。

さらに「三保灯台」や「御穂神社」、「内浜海水浴場」など見どころがたくさん!自転車道が整備されているため、天気の良い日はレンタサイクルで静岡観光するのがオススメです。ダイビングスポットや、観光船の運航があるので、1日中満喫できるオススメの観光スポットですよ。

17.久能山東照宮

出典:T-Kai/PIXTA(ピクスタ)

静岡市にある徳川家康の遺命により造営された久能山東照宮は、当時の最高技術・芸術を取り入れていることから、平成22年に国宝に指定されました。山下にある石鳥居をくぐると表参道石段があります。1159段の階段が待ち構えていますが、そこはご安心を!上るのに自信がない方は日本平からロープウェイを利用することもできますよ。

さらに境内には徳川歴代将軍の武器武具などを収蔵している博物館があるので、観光途中に立ち寄ってみてくださいね。ロープウェイ乗り場の日本平には駐車場が完備されていますが、石段を利用する久能山下には専用の駐車場がないため、静岡観光で訪れる際は注意が必要です。

18.草薙神社

出典:commons.wikimedia.org

静岡市にある、草薙剣伝説が残る地にある草薙神社(くさなぎじんじゃ)。草薙駅前の交差点に大鳥居が立っています。この鳥居をくぐって道なり約20分歩くと境内へ到着。のどかな風景を堪能しながら行けるので、この距離はそれほど苦にはならないでしょう。

境内には日本武尊(やまとたけるのみこと)の像や、樹齢1000年以上の御神木の楠などがありますよ。また、草薙神社龍勢花火が静岡県の無形民俗文化財に指定されました。火薬を詰めた筒を竹の先につけ打ち上げる花火で毎年9月に開催されています。せっかくならこの日を狙って静岡へ観光するのもオススメです!

19.駿府城

出典:ja.wikipedia.org

静岡市にある徳川家康公の居城として1585年に着工された駿府城。江戸幕府開府後、1607年の火事で焼失してしまいますが、再建により翌年に本丸、そして1610年には天守が完成しました。ヨーロッパ諸国との外交が行われた場所でもあります。戦後には二の丸と本丸が駿府城公園として生まれ変わり、多くの静岡市民に親しまれています。城や家康についてなどの歴史を学べるイベントなども開催していますよ。

平成26年に復元されたばかりの坤櫓(ひつじさるやぐら)では、3DやCG映像などを取り入れ、当時の城内や城下町の様子などを体験できます。アクセスはJR静岡駅、静岡鉄道の新静岡駅から約15分。バスの運行もあります。車での静岡観光の場合、近くの市民文化会館の有料駐車場を利用してください。

20.登呂遺跡

出典:commons.wikimedia.org

静岡市にある日本を代表する遺跡の一つ、登呂遺跡。教科書に出てきたので名前だけは知っている人も多いのではないでしょうか。国の特別史跡にも指定されている弥生時代の農耕集落で、広大な水田や井戸の跡、竪穴式住居などが戦後の調査で発見されました。現在は登呂遺跡公園として、復元された住居や祭殿などが見学できます。

併設の博物館では弥生時代の生活の模擬体験や、重要文化財にも指定された出土品の展示などもあり、子供から大人まで楽しめる静岡の歴史観光スポットとして人気です。周辺は住宅街で、静岡駅からは路線バス「登呂遺跡行き」で20分強とアクセス至便。ランチスポットは徒歩圏内に多数ありますが、公園すぐそばにある郷土料理の店「登呂もちの家」の名物、安倍川もちは特におすすめです!

21.安倍の大滝

出典:チルド / PIXTA(ピクスタ)

日本の滝百選に選ばれている、静岡市の観光名所「安倍の大滝」。ここへのアクセスは決して容易ではありません。整備されていない登山道を片道約40分ほど登り、途中では板が細いスリリングな吊り橋を渡らなければならないのです。

やっと辿りついた先にはダイナミックな滝が待っていますよ。約80mの高さから、滝つぼに向かってほぼ垂直に落ちる姿は迫力満点! 女性はヒールなどでは危ないので、観光で訪れる際は注意してくださいね。

22.日本平

出典:commons.wikimedia.org

静岡県を代表する景勝地。色彩豊かな社殿のある観光名所「久能山東照宮(くのうざんとうしょうぐう)」と、日本平山頂を結ぶロープウェイが走っています。山頂に着くとそこには富士山や駿河湾、静岡市内の眺望が広がります。数々のコンクールや観光地100選に選ばれた、ここでしか見れない静岡の絶景を満喫できるでしょう。

また周辺にある、ドラマ『華麗なる一族』のロケ地となった日本平ホテルからの景色はもちろん、ホテルの手入れされた庭園も見どころ!他にも子連れ観光におすすめの「日本平動物園」などの観光施設が集まっているため、静岡県への観光でぜひ立ち寄りたいスポットです。

23.静岡市立日本平動物園

出典:Tomoaki Kato

静岡県への子連れ観光でオススメの場所が、ここ日本平動物園。たくさんいる動物たちの中でも特に人気なのが、水中で勢いよく回転するホッキョクグマや、目の前で愛くるしい姿を見せてくれるレッサーパンダ。子供たちから人気の存在ですが、大人もその姿に癒されるでしょう。

また、園内の展望台からは静岡の絶景が広がり、天気によっては富士山を見られることも。展望台まで登った帰りは、日本一長いクネクネしたローラースライダーで滑って下りられます!お土産には静岡観光の思い出として、ホッキョクグマ「ロッシー」などのぬいぐるみがオススメですよ。

24.エスパルスドリームプラザ

出典:commons.wikimedia.org

静岡市清水区にある商業施設エスパルスドリームプラザは、1日中遊べちゃうスポットとして静岡県民のみならず観光客にも人気です。静岡ならではの新鮮な海鮮を堪能できるお店もありますよ。さらにお子さんのみならず大人も盛り上がること間違いなしなのが、「ちびまる子ちゃんランド」です。ここでテレビで見た世界に飛び込んじゃいましょう!

そしてデートにもってこいなのは「観覧車ドリームスカイ」。ハートが描かれたゴンドラや、ペットと一緒に乗車できるゴンドラもありますよ。また、様々なイベントも開催されているので、静岡へ観光で訪れる際はぜひチェックしてみてくださいね。

25.清水港ベイクルーズ

出典:s_fukumura / PIXTA(ピクスタ)

日本三大美港の一つでもある、清水港内を周遊する清水港ベイクルーズ。船から富士山や三保の松原を眺めることができると好評です!船内の客室はテーブル付きでゆったりと過ごすことができます。さらに、デッキに出れば清々しい雰囲気を体全体で感じることができるでしょう。

また、清水港船弁クルーズもありますよ。食事を楽しみながらのクルーズ観光なんて贅沢ですね。予約が必要になるため、事前にお問い合わせください。夏季には夕涼みクルーズも実施しています。ちなみに無料駐車場はなく、近隣の有料駐車場を利用する必要があるので、観光で訪れる際は注意してください。

26.東海大学海洋科学博物館

出典:★Kumiko★

静岡市にある東海大学海洋科学博物館は、3つの部門に分けられている見ごたえたっぷりの観光施設です。その一つの水族館部門では350種類を越える海の生物を展示しているため、小さなお子さんから大人まで楽しめます。また、期間限定でナイトアクアリウムや恐竜ナイトツアーなどが開催されているので、その日を狙って観光するのもオススメですよ。

清水駅よりバスでのアクセスが可能。また、車での静岡観光の場合、近隣の有料駐車場を利用することになるため注意しましょう。

27.静岡県立美術館

出典:commons.wikimedia.org

静岡市にある1986年に開館した静岡県立美術館は、静岡ゆかりの作家の作品を中心に展示しています。17世紀以降の日本と西洋の風景画、そして「ロダン館」には近代の彫刻などもあり見ごたえたっぷり。期間限定で開催している企画展や講演会やワークショップも多く開かれていますよ。さらに年に数回、夜間開館が実施される日も!ここへの観光は、静岡駅からバスやタクシーの利用がおすすめです。

28.静岡市美術館

出典:MORIKAZU / PIXTA(ピクスタ)

静岡駅前にありアクセス良好な静岡市美術館。広々とした開放的なエントランスでは様々な展覧会を開催しています。地域の広場のような美術館で、静岡市民から親しまれているのです。静岡の歴史や伝統的文化を伝える役割を担っている観光施設でもありますよ。さらにショップやカフェもあるので、観光途中のんびりと休憩するのもいいですね。コンサートやイベントなどの催し物も多く実施されているので要チェック!

29.島田市ばらの丘公園

出典:Yukini / PIXTA(ピクスタ)

360種8700株の世界各地のバラが咲き誇る、島田市ばらの丘公園。静岡県島田市で育成された「ミスシマダ」など見ごたえたっぷり。ばらの館の2階にはレストラン「カブーロ」が営業しているので、ランチを楽しめます。さらにバラ雑貨専門店の「ハートローズ」もあるため、ここならではの静岡土産を手に入れてみてはいかがでしょうか?ここへのアクセスには島田駅から運行しているコミュニティバスが便利ですよ。

30.蓬萊橋

出典:commons.wikimedia.org

静岡県島田市にある、世界一長い木造遊歩道である蓬萊橋(ほうらいばし)は、全長897.4m、幅2.4mです。1879年に完成し、1997年に「世界一の長さを誇る木造遊歩道」としてギネス社に認定されました。蓬萊橋の通行は有料ですが、晴れた日には橋の上から富士山を眺望できます。そのため静岡県内にとどまらず、県外からも多くの観光客が集まる静岡の人気スポットですよ。

31.塩郷の吊り橋

出典:Fuchsia / PIXTA(ピクスタ)

静岡県にある大井川に架けられた塩郷の吊り橋(しおごうのつりばし)は、恋金橋(こいがねばし)とも呼ばれています。全長220m、高さ11mで、吊り橋特有のスリルが味わえますよ。さらに、この吊り橋の特徴が真下にSLが通過すること。時間が合えば吊り橋からSLを見られます。

また、子供に人気の機関車トーマスが通過する日もあります。運行日が限られるので、見たい方は事前に調べてから向かいましょう。周辺には「川根夫婦滝」もあるので、合わせて観光するのがオススメです。

32.夢の吊り橋

静岡県で絶景を満喫したいのであれば、夢の吊り橋に訪れましょう。寸又峡(すまたきょう)にある吊り橋で、恋の願いが叶うとも言われている観光パワースポット。一度に10人しか渡れない吊り橋でスリルも感じられますが、ターコイズブルーの湖面や緑多き山々の景色を見たら不安なんて吹っ飛ぶはず!紅葉シーズンの景色は格別ですよ。

ここへのアクセスは車での観光がオススメ。とはいえ駐車場から90分程度のハイキングコースを歩く必要があるので注意を。また、この駐車場はゴールデンウィークや紅葉シーズンなど、観光客で混雑する時期には有料となります。

33.浜松城

出典:cotaro70s

浜松市にある、徳川家康が築いた浜松城。ここのお城の特徴は、自然の石を加工しないまま積み上げた石垣。観光で訪れるとその石垣を目の前には、粗々しくも歴史を積み重ねてきた力強さを感じられることでしょう。その石垣の上に天守閣があり、中へ入ると家康の歴史を辿る資料などを見学できますよ。

また、展望台からは富士山など静岡の絶景を楽しむことができます。浜松城公園が隣接され、きれいに手入れされた日本庭園と浜松城を眺めることもできる人気の観光スポットです。春には桜、秋には紅葉とお城とのコラボがとってもきれい!ライトアップをしている時期や、四季を通してイベントも開催されているので、それを楽しみに静岡へ観光するのもいいですね。

34.龍潭寺

出典:commons.wikimedia.org

浜松市にある733年に創建された龍潭寺(りょうたんじ)。幕末の譜代大名である井伊直弼を含む、井伊家40代を祀る菩提寺です。国の名勝に指定された池泉鑑賞式庭園があり、季節により違った表情を見せます。予約をすれば、庭園を見ながら抹茶をいただくことも可能。本堂内は歩くと音が鳴る鶯張りの廊下となっていますよ。

龍潭寺への観光は、浜松駅からバスを利用することができます。さらに、無料の駐車場もあるので、車での静岡観光にもバッチリです。

35.浜名湖パルパル

出典:ja.m.wikipedia.org

静岡県で家族連れにはもってこいの観光スポット「浜名湖パルパル」。3つのゾーンに分かれている園内には、約30ものアトラクションがあります。迫力満点のジェットコースターから、寿司をテーマにしたユニークなアトラクションまでありますよ。

人気キャラクターがやってくるステージショーは小さなお子さんに大人気!期間により様々なイベントを開催しているので、観光のプランを立てる際には要チェックです。さらに夏季にはプールの営業や花火ナイトもあるので、デートに訪れるのもいいかもしれませんね。

36.浜名湖ガーデンパーク

出典:commons.wikimedia.org

湖畔が美しい自然の中にある浜名湖ガーデンパークは、小さなお子さんからご年配の方までゆったりと観光できる都市公園です。西側エリア、街のエリア、里のエリアの3箇所あって様々な植物を観察できます。

その中でも街のエリアは、子連れ観光に嬉しい遊具が整備された「こども広場」や夏のみ楽しめる「水遊び広場」、水のカーテンが涼しくさせてくれる「虹の滝」など見どころ満載。他にも「遊覧船ガーデンクルーズ」や「花の美術館」もありますよ。静岡県を訪れたら、1日中楽しめる観光スポットなので家族連れなどにおすすめです!

37.浜名湖遊覧船

出典:idate67 /PIXTA(ピクスタ)

せっかくの静岡観光、湖の上からの景色も楽しんでみてはいかがでしょうか。それができるのが浜名湖遊覧船です。車や歩きなどでは見ることのできない景色を満喫できますよ。30分コースと60分コースがあり、予約不要ですが、出発時間をチェックしてから観光へ向かいましょう。

また、期間限定ですがサンセットクルーズや花火クルーズ、カモメふれあい体験クルーズの運航もありますよ。気になるものがあれば、その期間を狙って観光するのがおすすめです。乗り場はそれぞれのコースにより異なるため注意してくださいね!

38.弁天島

出典:ja.wikipedia.org

静岡県の浜名湖にある弁天島。リゾート地の一つとして多くの観光客が訪れるスポットです。海水浴を楽しんだり、釣りをしたり、さらには潮干狩りもできますよ。弁天島海浜公園もあるので、のんびり観光するのもいいですね。

また、島には温泉を満喫できるホテルなどもあることから、宿泊して1日を通して弁天島で過ごすのもオススメ。島の南側の湖面に大きな鳥居があり、静岡観光のシンボルともなっているため、ぜひ記念撮影をしてみましょう。JR東海道本線を利用して弁天島駅まで行くことが可能ですよ。

39.竜ヶ岩洞

出典:inunami

浜松市にある竜ヶ岩洞は約2億5万年前に出来た鍾乳洞。その大きさは東海地方一です!夏は涼しく、そして冬は暖かいので快適に観光することができます。観光鍾乳洞には落差が30mもある「黄金の滝」や、鳳凰が羽を広げ飛び立つ姿に似ていることからその名がついた「鳳凰の間」などがあり見どころ満載。

さらに、洞窟資料館や足湯ならぬ足水場があり、子供でも満足できること間違いなし。周辺には「竜ヶ岩洞の鮎狩り園」があります。ここでは鮎のつかみ取り体験ができるので、合わせて観光で訪れたいですね。

40.はままつフラワーパーク

出典:kazukiatuko / PIXTA(ピクスタ)

季節により違った景色を楽しめるため、何度でも訪れたくなるはままつフラワーパーク。春は桜とチューリップの共演を楽しめ、夏にはひまわりが咲き誇ります。家族連れの観光には園内を周る「フラワートレイン」がオススメです。子ども広場には遊具が充実していてお子さんに人気!夏には「こども水遊び広場」が登場しますよ。カフェもあるので、観光途中に疲れたら休憩がてら利用しましょう。

また、様々なイベントも開催しているので要チェック!中でもオススメなのが「蛍の夕べ」です。この時期は夜間開園をしているため、昼間とは違った雰囲気を味わうことができますよ。

41.うなぎパイファクトリー

出典:ja.wikipedia.org

静岡の代表的なお土産品「うなぎパイ」の、工場見学ができる観光施設のうなぎパイファクトリー。所要時間は約40分と短めなので、観光途中にふらっと訪れることができるのも嬉しいですね。お子さんにもわかりやすく解説してくれるので安心。工場見学は無料でできるうえ、ミニうなぎパイのお土産付きです。

ここでしか購入できないうなぎパイもあるので、友人への静岡土産にしたら喜ばれること間違いなし!また、カフェではうなぎパイを使ったスイーツを味わえるので、観光途中に時間がある方はぜひカフェにも立ち寄りましょう。

42.nicoe(ニコエ)

静岡のお土産といえば「うなぎパイ」ですよね。そのうなぎパイで有名な春華堂が提案する、スイーツのテーマパークが浜松市にあるnicoe(ニコエ)です。たくさんの可愛らしくて美味しそうなお菓子を見ていると、どれを食べようか迷ってしまうほど!

さらにスイーツだけではないんですよ。イタリアンブッフェもあるので、観光途中にランチを楽しむことも可能!子供の遊び場である「プレイグラウンド082」もあることから、小さなお子さん連れでの観光でも安心です。ここならではの美味しい静岡土産も手に入るので、チェックしてみてくださいね。

43.浜松市博物館

出典:ja.wikipedia.org

静岡県浜松地域の原始から近代までの歴史資料の展示をしている浜松市博物館。ナウマン象の骨格標本や貝塚などが見られます。長期休み期間には親子で参加できるイベントの開催も!

また、蜆塚公園(しじみづかいせき)が隣接しているため、家族連れにオススメです。タイムスリップしたかのような雰囲気を味わえるため人気です。ちなみに、春にはお花見観光スポットとしても賑わいを見せます。駐車場も完備しているので車での観光も便利。浜松駅よりバスの利用もできますよ。

44.エアーパーク

出典:commons.wikimedia.org

航空自衛隊唯一の広報施設・エアーパークは、見て体験して楽しめる静岡の観光テーマパークです。3階建ての施設で、自衛隊の活動を知ることができるのみならず、多くの航空機の展示もあります。お子さんはもちろんのこと、大人でも興奮してしまいそう!

その中でも、実際に飛行しているような体験ができる簡易フライトシミュレーターが人気です。パイロットが使用しているスーツを試着できるコーナーもありますよ。また、ミュージアムショップでは様々なオリジナルグッズが販売されているので、静岡観光のお土産に購入してもいいかもしれませんね。

45.浜松市楽器博物館

出典:commons.wikimedia.org

日本で唯一の公立楽器博物館、浜松市楽器博物館。1995年の開館以来、展示のみならず様々なイベントを開催しています。浜松市楽器博物館がある浜松市はピアノを中心とした楽器産業が盛んな場所です。

しかしピアノに限らず世界中の楽器を多く紹介しています。普段知ることのない楽器がたくさん展示されているので、子供から大人まで満足できるはず。コンサートが楽しめるだけでなく、ワークショップなどに参加できるのもうれしいポイントです。浜松駅から徒歩約10分でアクセス良好。専用の駐車場はないため、車での観光をする方は注意してくださいね。

46.掛川城

出典:commons.wikimedia.org

掛川城は初代土佐藩主となった山内一豊(やまうちかつとよ)が、戦国時代の10年間城主を務めていました。その際に天守や大手門を建設したり、城下町の整備に力を注いだと伝えられています。現在の天守は、日本初の本格木造復元天守として復興されたもの。

掛川城周辺には様々な種類の桜が植えられているため、春には城と桜の共演を楽しもうと多くの観光客が訪れています。さらに桜の後には百合が綺麗に咲き誇るのです。掛川駅から徒歩約7分でアクセス良好。無料駐車場はないため、車で観光する方は大手門駐車場、もしくは近隣の駐車場を利用する必要があります。

47.掛川花鳥園

出典:commons.wikimedia.org

花と鳥とのふれあいを楽しめる静岡の観光スポット「掛川花鳥園」。広大な敷地にいる多くの鳥たちと直接触れ合うことができます。エサやり体験もあるので挑戦してみてはいかがでしょうか。可愛いふくろうやペンギンと一緒に記念撮影をすることも可能ですよ。また、新しくハシビロコウが仲間入りしたので、観察してみるのもオススメです。

掛川花鳥園へは掛川駅から循環バスを利用することでアクセスがスムーズになります。周辺には「こだわりっぱ」という物産センターがあるため、静岡観光のお土産を求め足を運んでみてもいいでしょう。

48.御前崎海鮮なぶら市場

観光中に活気あふれる市場に足を踏み入れることができるのが、御前崎海鮮なぶら市場です。御前崎港に水揚げされる新鮮な海の幸や観光土産が揃う海遊館と、新鮮な海鮮料理が味わえる食遊館があります。

さらに静岡の海の幸だけにとどまらず人気なのが、イタリアンジェラートです。しらすアイスなどここならではの変わったアイスもありますよ。大型駐車場が完備されているので、車での観光途中に寄ることも可能!ちなみに、周辺には海水浴場もあることから、海を満喫した後に観光するのもいいかもしれませんね。

49.御前埼灯台

出典:commons.wikimedia.org

イギリス人技師の監督のもと、1874年に完成した白亜の洋式灯台である、静岡県にある御前埼灯台(おまえざきとうだい)。日本の灯台50選にも選ばれている灯台で、天気が良ければ、富士山をはじめ、南アルプスなどが一望できますよ。夜もライトアップされているので、昼とは違う雰囲気を味わうこともできちゃいます。無料の駐車場が完備されていますので、お車での観光が便利!

50.恋人岬

カップルや恋をしている人にオススメの観光スポットが、伊豆市にある恋人岬。修善寺駅からバスか車でのアクセスとなります。岬の先端にある「愛の鐘」を3回鳴らすと、恋が成就するというジンクスがあるのです。鐘を鳴らした後は恋人岬の事務局で、恋人宣言証明書を発行してもらいましょう。絵葉書のプレゼントなどの特典もあり、静岡観光の記念にもなりそうですね。

また、岬の先端は展望デッキになっていて、目の前に駿河湾が広がり、天気によってはその先に富士山の絶景が! 恋人同士以外にもオススメの静岡の観光スポットです!

51.浄蓮滝

出典:commons.wikimedia.org

静岡県・伊豆半島の中央部にある浄蓮の滝(じょうれんのたき)。天城の山々に狩野川の音、そして高さ25m幅7mの浄蓮の滝の共演で癒されること間違いなし!紅葉シーズンの景色はまた格別です。

さらに、滝の入口には観光センターがあります。駐車場も完備していますし、静岡の特産品などのお土産の購入も可能です。ここでは「わさびソフトクリーム」が観光客に人気なのでぜひ食べてみてくださいね。レストランで食事を注文すると、生わさびが食べ放題といううれしい特典付きですよ。

52.天城峠

小説家、そして文芸評論家である川端康成の作品である『伊豆の踊子』の舞台となった地。1904年に天城トンネルが完成した天城峠には、スギやヒノキなどが生い茂っています。天城トンネル有料道路が通っているため、静岡へのドライブ観光の途中に寄ることもできます。また、天気が良い日には、ハイキングを楽しむために足を運ぶ観光客も多いですよ。

周辺には「道の駅 天城越え」もあるので、合わせて訪れてみてはいかがでしょうか。ちなみに公共交通機関を利用して観光する場合は、「天城路フリーパス」がお得なので要チェックです!

53.伊豆スカイライン

出典:commons.wikimedia.org

静岡県へ車で観光するなら、おすすめのルートが伊豆スカイライン。伊豆半島東部の熱海峠から天城高原まで続く稜線を走行できる道路です。日本百名道の一つで、富士山や駿河湾など静岡の絶景が広がります。冬の雪化粧した富士山の姿は、写真に納めておきたいほど。

景色はもちろんですが渋滞も回避でき、気分爽快なドライブができるでしょう!また、オススメしたい時間帯が明かりが点いてくる夕暮れ時の夜景。夕焼け空と夜景がとてもきれいですよ。約40kmの道路の途中には展望台や休憩場所があるので、ぜひ車を停めて静岡の自然の景色を満喫してください。

54.修善寺温泉

伊豆市にある修善寺温泉の街へ入ると、「温泉街に来た!」というような風情たっぷりの風景が飛び込んできます。桂川が流れ、川に架かる橋の赤い欄干。その川の中心には修善寺温泉の発祥になった「独鈷の湯(とっこのゆ)」。現在は見学のみの観光スポットとなってますが、近くに桂川を眺めながら浸かれる足湯があるので、ここでのんびりするのもいいですね。

川の両岸には温泉旅館の他に食事処、土産物屋がズラリと並んでいます。また、竹林に囲まれて石畳を散策できる「竹林の小径」や修禅寺などの観光スポットもたくさん。宿泊はもちろん、日帰りでも十分楽しめる静岡県を代表する観光スポットです。

55.伊豆アニマルキングダム

出典:commons.wikimedia.org

静岡の広大な敷地に「プレイゾーン」、「スポーツゾーン」、「アニマルゾーン」、「わんぱくふれあい広場」がある伊豆アニマルキングダム。野生近い状態で自由に行動している動物たちを歩いて見学するウォーキングサファリは、家族連れの観光客に人気!さらに、ホワイトタイガーやキリンなどにえさやりができたり、サイに触れることができたりと盛りだくさん。

また、「レストランアニマルキングダム」では、食事を楽しみながらホワイトタイガーやライオンを見ることができます。ここなら万が一雨が降っても安心ですね。伊豆稲取駅からバスの運行があるので便利。また、有料の駐車場があるため車での観光も可能ですよ。

56.Izoo

出典:commons.wikimedia.org

静岡県賀茂郡にある、日本最大の爬虫類と両生類の動物園Izoo(イズー)は、今までにどこにもなかった体感型動物園です。見学の仕方を提案してくれるだけでなく飼育体験もできるため、小さなお子様から大人まで満喫できる観光施設となっています。

一部の爬虫類に餌やり体験をすることも可能。さらに、ゾウガメと記念撮影をすることもできますよ。素敵な静岡旅行の思い出になりますね。館内には、フードコートやギフトショップもあるので、ここならではの静岡土産をチェックしてみてくださいね。

57.熱川バナナワニ園

出典:htomari

絶滅の危機にある貴重な世界のワニを15種類約140頭飼育している、東伊豆町にある熱川バナナワニ園。「ワニ園」ではガラス越しにワニを間近に見ることができます。「植物園」では熱帯の花木が栽培・展示され、色鮮やかなハイビスカスなどが年間を通して咲き誇るのです。分園である「果樹園」ではおなじみのバナナから普段見かけることのないミラクルフルーツやバンレイシなどが見られます。

他にもここでしか見ることができないニシレッサーパンダの見学が可能!ちなみに本園と分園は無料のマイクロバスで移動できるため安心です。駐車場が完備されているので、自動車での観光が便利ですよ。

58.河津さくらまつり

桜の開花時期は毎年春のイメージですが、ここ静岡県の河津桜まつりは2月~3月が見頃です。咲いてから1週間ほどで儚く散ってしまうソメイヨシノと違い、約1か月間楽しめることもあり、毎年静岡県外からもたくさんの観光客で賑わいます。

駐車場がありますがこの時期は車は渋滞し、駐車場も満車で入れないことが多いので、電車で「河津駅」を下車して向かうのが賢明。ピンク色が青空に映える昼間の桜も、夜のライトアップに映える夜桜もどちらも見ごたえたっぷりです。「花より団子!」という方には、たくさんの屋台が出店しているので、桜のトンネルの下で食べ歩きもオススメです。

59.三嶋大社

出典:: : Ys [waiz] : :

商売の神様として有名で、商売繁盛や仕事運のご利益があるとされている三島大社。静岡県のパワースポットとしても人気の場所。鳥居をくぐり一歩中へ入るとそこは空気の澄んだ緑が溢れ、静かな時間を過ごせるでしょう。そして広い敷地を奥へ奥へ進むと、国内最大級を誇る本殿の大きさに圧倒!

8月には三島大社の例大祭と合わせて三島夏まつりが開催され、たくさんのイベントや屋台の出店があり、多くの観光客で賑わいます。春には桜、秋には金木犀が咲き誇るのでこの時期に観光で訪れるのもオススメ!境内にはお茶屋があり、縁起の良さそうな「福太郎餅」を味わいながら休憩するのもいいですね。

さらに三島のグルメと言えば鰻です。周辺には美味しい鰻を味わえるお店がたくさんあるので、観光途中にぜひ立ち寄ってみてください。

60.三島スカイウォーク

出典:HAKU / PIXTA(ピクスタ)

全長400mの三島スカイウォークは日本一長い大吊橋です。約70mの高さから富士山や駿河湾などを一望でき、静岡の絶景を楽しもうと多くの観光客が訪れている人気スポット。ですがその景色以外にも見どころがたくさん!天井いっぱいに花が広がる「スカイガーデン」ではショッピングや食事が楽しめます。

「SKYWALK COFFEE」では地下300mからくみ上げた水で淹れるコーヒーを味わえますよ。もっと景色を堪能したい方は「展望デッキ」へ!ここからも美しい景色を満喫できます。三島スカイウォークへは、三島駅よりバスやタクシーの利用が可能。周辺には「伊豆フルーツパーク」など静岡を代表する観光スポットがあるので、併せて訪れてみてもいいかもしれませんね。

61.沼津港深海水族館

出典:commons.wikimedia.org

沼津市にある世界中の深海生物を見学できる沼津港深海水族館では、馴染みのない深海の世界を間近に感じることのできる観光施設。生きた化石であるシーラカンスや、見たことのないような変な姿をした生き物、サンゴなどが展示されています。

さらに、ミュージアムショップではここならではの深海生物グッズがたくさん!静岡観光の思い出にお土産もぜひチェックしてみましょう。専用の駐車場はないため観光で訪れる際は気をつけましょう。また、営業時間は日によって異なるので、調べてから観光することをオススメします。

62.沼津御用邸記念公園

出典:白熊 / PIXTA(ピクスタ)

大正天皇のご静養のため造営された、静岡県の沼津御用邸。昭和44年に廃止されたのち、記念公園として公開されました。東附属邸は文化活動のための施設、西附属邸には室内の家具などが復元され、当時の雰囲気を感じることができます。

公園内にはそば処や喫茶店などの営業があるため、長時間滞在しても大丈夫!季節により様々な花が咲き誇るので、何度でも観光で訪れたくなる公園でもあります。また、公園内の道はペットも入ることが可能なので、愛犬とのお散歩を楽しめますよ。

63.熱海温泉

別府温泉と南紀白浜温泉に並んで三大温泉の一つが、ここ静岡県にある熱海温泉。東京からも近くて気軽に行けることから、静岡県で人気の温泉観光地です。特に夏は熱海サンビーチもあることから、海水浴や花火大会を目当てに多くの観光客で賑わいます。

立地がら山と熱海の絶景が見渡せる旅館やホテルも多いので、一日中宿でのんびりと過ごすのもいいですね。きっと目的に合わせたお気に入りの場所を選ぶことができるでしょう。また熱海駅周辺では、土産物屋やグルメスポットがたくさん。日帰り観光でも十分楽しめるので、気軽に出掛けてみましょう。

64.伊豆山神社

出典:commons.wikimedia.org

伊豆山神社(いずさんじんじゃ)は伊豆の地名の発祥地として知られて、縁結びのパワースポットとして静岡で人気の観光地です。徳川家康も参拝に訪れたこともあるという歴史ある神社。境内へ行くには長い階段を上る必要がありますが、そこからの景色は圧巻。熱海市街や海を見下ろせますよ。

また、本殿から本宮社への道のりには「白山神社」や「結明神本社」などがあるので、ゆっくりと時間をかけて参拝しましょう。さらに、本殿より800段下には、湯の神様が祀られている「走湯神社(そうとうじんじゃ、はしりゆじんじゃ)」がありますよ。伊豆山神社への観光は、熱海駅からバスの利用が可能です。

65.熱海海上花火大会

出典:veroyama

夏だけでなく1年を通して花火が見られるのが、熱海海上花火大会です。有料観覧席があるのでゆったりと花火を満喫したい方は、事前にチケットを購入しておきましょう。また、熱海ならではのビーチで花火鑑賞することも可能です。浜辺で寝転がって花火を眺めるなんて贅沢ですよね。

そして見どころの一つがフィナーレを飾る「大空中ナイアガラ」。会場全体から一斉に上がる花火に感動すること間違いなし!周辺ホテルでも花火鑑賞ができるとあって、開催中はどの宿泊施設も観光客で混み合います。早めの予約がおすすめですよ。

66.アカオハーブ&ローズガーデン

出典:rh / PIXTA(ピクスタ)

12のガーデンがある広大な花の楽園のアカオハーブ&ローズガーデンは、熱海市の観光名所で多くの観光客が訪れています。地元の桜や菜の花にとどまらず、世界中から集めたバラやハーブが咲き誇り、その姿は見もの。家族、夫婦、友情の絆の象徴である「曽我浅間神社」や、世界最大の盆栽がある日本庭園「天翔」、英国の庭園風景を満喫できる「イングリッシュローズガーデン」など盛りだくさんの観光施設です。

ここへの観光には、熱海駅からバスやタクシーを利用することが可能。ちなみに園内散策には大型犬まで一緒に入園できるので、愛犬との観光を楽しむこともできますよ。

67.MOA美術館

出典:ja.wikipedia.org

熱海市に来たら外せない観光スポットの一つMOA美術館(エムオーエーびじゅつかん)。数々の重要な国宝や美術品が展示されています。時期によって様々な作品展が開催され、多くの観光客で大賑わい。美術館として展示物を見学できるだけでなく、高台にある館内から伊豆の海や伊豆大島などの静岡の絶景を満喫!この空間にいるだけで、熱海ならではのリゾート観光もたっぷり味わえるでしょう。

68.城ヶ崎海岸

約4,000年前に静岡県の大室山が噴火した際に溶岩が海に流れ、海の浸食によって削られて出来た溶岩岩石海岸の城ヶ崎。その距離は約9kmにも及びます。断崖絶壁が続く城ヶ崎海岸にはハイキングコースがあり、高さ23mでスリル満点の「門脇崎の海のつり橋」や、季節により様々な花が咲く「伊豆海洋公園」など見どころ満載の静岡の観光スポットです。

城ヶ崎海岸への観光の最寄りは城ヶ崎海岸駅。ここから約25分歩くと到着しますよ。また、伊豆高原駅や伊東駅からバスを利用することも可能です。

69.大室山

出典:commons.wikimedia.org

伊東市にある標高580mの大室山は、伊豆高原のどこから見てもお椀を伏せたようなシルエットの山です。山頂には直径300mの噴火口があり、2010年に単成火山の典型例として天然記念物に指定されました。リフトを利用して山頂まで行くため、スムーズに到着できますよ。

山頂は1周1kmの遊歩道が整備されているので、静岡の豊かな自然や美味しい空気を満喫しながらの散歩を楽しむことができます。また、気軽にアーチェリー体験もできるので挑戦してみましょう。なお、大室山は登山が禁止されているため注意が必要です。アクセスは無料駐車場が完備されているため車での静岡観光が便利ですよ。

70.伊豆シャボテン公園

出典:Tatsuo Yamashita

伊東市にある世界各国から集めた1,500種類のサボテンや120種類の動物を見ることができる伊豆シャボテン公園。リスザルやクジャクが放し飼いにされ、エサやり体験もできます。さらに冬には露天風呂につかるカピバラに癒されることでしょう。

お子さんが盛り上がること間違いなしの「どうぶつ学習発表会」や「サボテン狩り」、ボートで大小8つの島をボートで巡る「アニマルボートツアーズ」などもオススメ!そんな伊豆シャボテン公園への観光は伊東駅、伊豆高原駅からバスを利用してのアクセスが可能です。

71.寝姿山展望台

出典:YS-43 / PIXTA(ピクスタ)

下田市にあるロープウェイを利用して行ける寝姿山展望台。下田市街を一望できるだけでなく、須崎半島や伊豆七島まで望むことができる静岡県の観光スポットです。この展望台がある寝姿山自然公園は、下田市街地から見ると女性が寝ている姿に似ていることから、この名で呼ばれています。

展望台周辺には安産、子宝、縁結びなどのご利益があるとされる「愛染明王堂」や、日本で最初の商業写真家・下岡蓮杖の遺品などを公開している「蓮杖写真記念館」があるので、併せて観光してみてはいかがでしょうか?ロープウェイ乗り場には無料駐車場があるので、車での観光でも安心ですね。

72.下田海中水族館

出典:はる / PIXTA(ピクスタ)

静岡県下田湾の入り江を利用した天然水族館です。自然の中で暮らす動物たちと触れ合うことができるので、家族連れに人気の観光スポットです。「ふれあいの海」ではバンドウイルカが自由に泳ぎ回り、「アクアドリームベリー号」や「海の生物館シーパレス」では伊豆の海で暮らすサメなどの魚が見られます。

イルカと触れ合えるプログラムも充実し、子供から大人まで魅了されるでしょう。また、レストランの営業もあるため1日中満喫できますね。下田駅から徒歩約25分のところにあります。下田駅から運行されているバスを利用することでアクセスがスムーズになりますよ。

73.龍宮窟

出典:commons.wikimedia.org

下田市にある龍宮窟は波の浸食作用によってできた洞窟です。2つの大きな穴があいているのが特徴。その穴の下に立つことで神秘的な空間を感じることができますよ。洞窟の上部に遊歩道が整備され、天井部分を1周することが可能です。龍宮窟を覗いてみるとハートの形に見える場所があるため、観光で訪れた際はぜひ探してみてくださいね。

龍宮窟への行き方は下田駅からバスを利用するとスムーズ。駐車場もあることから、車での静岡観光にもバッチリです。夏期のみ有料となる駐車場なので気をつけましょう。

74.洞くつめぐり遊覧船

出典:hiroshi ataka

その名の通り、天然記念物である洞窟を間近で見られる洞窟巡り遊覧船。美しい光が入り込む「天窓洞」や、干潮時のみ現れる道を歩いて行ける「三四郎島」などを周る遊覧船コースに、堂ヶ島の海岸線を満喫できる堂ヶ島クルージング、「千貫門」や「赤壁」など見どころを巡る千貫門コースがあります。

土曜日のみの運航ですが、伊豆半島認定ジオガイドと回れるジオサイトクルーズも好評です!運航時間はそれぞれのコースにより異なるため、観光前にチェックしてから向かう方がいいかもしれません。好きなコースを選んで、海からの景色や神秘的な洞窟を満喫してくださいね。

75.韮山反射炉

出典:Yoshitaka/PIXTA

幕末期の代官である江川英龍が手掛け、病死した後にその子英敏が完成させた、静岡県伊豆の国市にある韮山反射炉。反射炉とは、金属を溶かして大砲を鋳造する炉のことです。唯一この場所にだけ稼働した反射炉が残っていて、韮山反射炉を含む明治日本の産業革命遺産が平成27年に世界文化遺産に登録されました。そんな貴重な韮山反射炉を見学することができます。

さらに詳しく学びたい方はガイドを利用するのもオススメです。周辺には駐車場があるので、車での静岡観光も安心。伊豆長岡駅から循環バスを利用することで行くこともできます。期間限定で韮山反射炉付近の古川護岸にてホタル観賞ができる「ホタル観賞の夕べ」が開催されていることから、この時期を狙って観光するのもオススメです。

◎まとめ

世界遺産・富士山がある富士エリアに、東京から日帰りで行ける熱海、鰻で有名な浜松や自然豊かな伊豆半島など盛りだくさんでしたね!アクティブな観光からゆったり過ごしたい方まで、様々なプランに応えてくれる静岡県の観光スポット。ぜひ新しい静岡を発見してくださいね!土地勘のない場所へは静岡県の格安レンタカーを予約して、カーナビを頼りに目的地まで向かうのが確実かもしれません。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の静岡行き格安航空券

静岡でおすすめの記事

静岡のアクセスランキング