1. トップ
  2. アメリカ/カナダ
  3. アメリカ
  4. グリーンビル(サウスカロライナ州)

グリーンビル(サウスカロライナ州)の概要

グリーンビル(サウスカロライナ州)

画像の出典元: Tony Crescibene

人口-
都市コードGSP
人気の航空会社
  • アメリカン航空
  • 大韓航空
  • デルタ航空
飛行時間14~16時間
グリーンビル(サウスカロライナ州)発の航空券情報はこちら

グリーンビル(サウスカロライナ州)までは飛行機でおよそ14~16時間で行くことができます。グリーンビル(サウスカロライナ州)の歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてグリーンビル(サウスカロライナ州)旅行を有意義に楽しみましょう。

グリーンビル(サウスカロライナ州)行きの最安値を比較

  • 中部国際空港発  グリーンビル(サウスカロライナ州)(GSP)

のどかな雰囲気の、芸術と自然の町「グリーンビル」

アメリカのサウスカロライナ州における文化や経済の中心地・グリーンビル。落ち着いた雰囲気の町といった印象ですが、一方で多くの人口を抱えており発展を続けています。教育にも力を入れており、大学やカレッジが集まっていることで古くから大学都市としても知られてきました。また、グリーンビルは芸術で有名な都市。アメリカにおける芸術小都市トップ100にも選ばれたほどで、舞台芸術や希少なアートコレクションは必見です。このように文化活動が盛んな一方で、市の南部には豊かな緑が広がっているため、アウトドア・アクティビティを体験したり自然の中でリラックスすることもできます。

グリーンビル(サウスカロライナ州)の歴史

イングランド王国の植民地として貴族や王族に支配されていたグリーンビルですが、イギリスとフランスによるフレンチ・インディアン戦争後はアメリカ先住民のチェロキー族のものとされてきました。しかしアメリカ独立戦争の際、チェロキー族と同盟を結んだイギリスがアメリカに敗北したので、この地はアメリカの領土としてサウスカロライナ州に渡りました。グリーンビルという名は、独立戦争で名を上げたナサニエル・グリーンという人物から付けられたと言われています。

グリーンビル(サウスカロライナ州)の経済

グリーンビルは長い間、アメリカにおける繊維産業の中心地として発展してきました。一時は「世界の繊維業の首都」と呼ばれていたほど。その後繊維業は衰え、大戦中は軍機の供給で栄えました。戦後はその跡地を利用して、航空の拠点として重要な役割を果たしています。また、近年は自動車工業が盛んで、外国企業を含めた多数の会社の本部が置かれています。

グリーンビル(サウスカロライナ州)行きの格安航空券について

日本からグリーンビルへの直行便はありません。ロサンゼルスやシカゴなど、アメリカの主要都市を乗り継いで行く方法が一般的です。主にデルタ・ユナイテッド・アメリカンの3大航空会社の格安航空券をご利用いただけます。おすすめはダラス経由で、1回の乗換でグリーンビルへ行くことができるため便利ですよ。

グリーンビル(サウスカロライナ州)の気候

アメリカの東海岸に典型的な、温暖湿潤な気候のグリーンビル。四季がはっきりと分かれていることが特徴です。夏場は日本とよく似た蒸し暑い気候が続きます。ただし、室内は冷房がきいていることが多いため、羽織るものがあると良いでしょう。春、秋は温暖ですごしやすい気候ですが、冬には度々氷点下まで下がるためコートなどを用意してください。

グリーンビル(サウスカロライナ州)の主な交通手段

グリーンビル(サウスカロライナ州)の主な交通手段

画像の出典元: en.wikipedia.org

グリーンビルの主な交通手段はバス、鉄道、車です。市の政府が運営する路線バスは市内各地をカバーしているためおすすめ。また、全米鉄道旅客公社(アムトラック)の鉄道が市の中心部からおよそ2kmの場所を通っており、市内もしくは州内の主要都市に移動する際には便利です。その他、州の高速道路が南西から北東に通っているため、車でも比較的楽に移動することができます。

グリーンビル(サウスカロライナ州)行き航空券利用者の声

成田空港⇔グリーンビル空港 29歳女性

グリーンビルに住んでいる彼に会ってきました。格安航空券の比較サイトで航空券を探してみたら、往復ともに1回乗り継ぎのアメリカン航空の航空券をゲット。行きは成田からダラスまで11時間半ほど。夕方出発のフライトだったので、ほとんど寝て過ごせたのがよかったです。クルーの人たちも笑顔でフレンドリーで気持ちよく過ごせました。ダラスでは入国審査や税関チェック、荷物の再チェックインなどすることが結構あり、乗り継ぎ時間に余裕がある便で助かりました。乗継ぎ時間が元々長かったのに、グリーンビルへの便が遅れていたのでかなり待つことに。夜にグリーンビル着でしたが、かなり遅くなりました。それでもグリーンビル空港まで彼が迎えに来てくれたので感謝です。グリーンビルは行ってみると、とても街並みが可愛かったです。ちょっとヨーロッパぽい雰囲気もあって過ごしやすかったです。緑も多くて街もキレイでした。帰りもグリーンビルからダラスで乗継ぎで成田へ。出国手続きに時間がかかりましたが、トラブルなくできました。帰りの飛行機は昼間出発のフライトだったのでほとんど寝ず、映画を3本見てしまいました。

中部国際空港⇔グリーンビル空港 31歳女性

主人の仕事の関係でグリーンビルへ引っ越すことになり、家の下見など準備のため主人と二人でグリーンビルへ行きました。インターネットでできるだけ安い航空を探したところ、ホノルルとアトランタで乗り継ぐ便を発見。他に1回乗り継ぎの便も探しましたが、今回の旅程に合うものが見つからず、2回乗り継ぎの便で航空券を予約しました。航空会社はデルタ航空です。今回デルタ航空便に乗ってみた感想ですが、他の航空会社に比べ料金が安いのに、エンターテイメントが充実していて、機内食もパンはほんのりと温かくしてある気遣いもあり、コスパが良いように思います。接客はアメリカキャリアらしいフレンドリーさがあって、私は満足できました。ホノルルとアトランタでの乗り継ぎですが、ホノルルでの乗り継ぎ時間が9時間ほどあって長かったです。入国手続きや税関でそれなりに時間はかかりますが、それでも十分すぎるほど時間が余ったので、ホノルルまで足を運んで簡単な散策を楽しみました。約26時間の行程を経て無事にグリーンビルへ到着。午前中に着いたので、まずはホテルへ行って荷物を下ろしてから家の下見へ。滞在中は街の様子をチェックしたり、家探しや移住準備に追われました。街は適度に都会と田舎が混ざっていて、過ごしやすそうで安心しました。

関西国際空港⇔グリーンビル空港 46歳男性

仕事でグリーンビルへ行きました。航空券はアメリカン航空で手配。行き帰りともに2回の乗り継ぎ(成田とシカゴ)です。シカゴでの乗り継ぎ時間が長かったので、時差ボケ解消も狙って1泊しました。翌日の朝にシカゴを飛び立ち、グリーンビルには午前中に到着。午後から商談が入っていたのでそのまま所定の場所へ。その後、数日の滞在でいくつかの業務をこなしました。グリーンビルの滞在中は、日本食のレストランやスーパーもあり、日本食が恋しくなることはありませんでした。買い物するスポットも適度にあり、生活していても買い物に困るほどの田舎ではなく、かといって都会でもない都市です。アメリカン航空はデルタ航空に次いでよく利用しますが、毎回どこかでディレイしている気が……。乗り継ぎの時間は余裕を見た方がスケジュールが管理しやすいと思います。

グリーンビル(サウスカロライナ州)旅行 よくあるFAQ

コードシェア便とは何ですか?

コードシェア便は共同運航便とも呼ばれています。その名のとおり、2社以上の航空会社が一つの飛行機を共同して運航しています。ですが、複数の航空会社のパイロットやクルーが一緒に飛行機に乗ったりサービスをしてるわけではありません。コードシェア便では使われる飛行機を所有している航空会社が、自社のパイロットと客室乗務員やサービスで運航しています。なのでチェックインや運航管理もその航空会社が行います。

コードシェア便のチェックインはどこでしますか?

搭乗手続きや荷物の受付は飛行機を運航する会社でします。なので、航空券を購入した航空会社へ行ってもチェックインなどはできません。

コードシェア便のマイレージはどうなりますか?

コードシェア便でのマイレージサービスは、航空券を購入した方の航空会社からサービス受けることになります。また、マイレージサービスにおける国際線の特典航空券を利用したい場合、他社運航のコードシェア便だと特典航空券の利用ができません。ですが、航空会社によっては他社運航のコードシェア便であっても、マイルを交換して特典航空券にすることができる場合もあります。気になる人は航空会社に聞きましょう。

ベビーカーを国際線で持っていきます。手荷物の数に含まれますか?

ベビーカーやチャイルドシート、または車椅子や松葉杖などの補助用具といったものは、身の回りの手荷物の個数制限内ではありません。無料での預かりがほとんどです。