1. トップ
  2. アメリカ/カナダ
  3. アメリカ
  4. デイトナビーチ

デイトナビーチの概要

デイトナビーチ

画像の出典元: upload.wikimedia.org

人口-
都市コードDAB
人気の航空会社
  • アメリカン航空
  • デルタ航空
飛行時間14~16時間
デイトナビーチ発の航空券情報はこちら

デイトナビーチまでは飛行機でおよそ14~16時間で行くことができます。デイトナビーチの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてデイトナビーチ旅行を有意義に楽しみましょう。

デイトナビーチ行きの最安値を比較

白くて広大な砂浜が人気のリゾート地「デイトナビーチ」

アメリカ合衆国、フロリダ州にあるデイトナビーチ。37キロにも及ぶ広くて白いビーチが魅力のリゾート地です。この砂浜の一部は、車両が入れるようになっており、ドライブも楽しむことができるようになっています。また、ダウンタウンにあるデイトナインターナショナルスピードウェイも人気の観光スポット。ここではストックカーやスポーツカー、オートバイなどのレースを見ることができます。また教育施設も充実していて、博物館や美術館が数多くあります。特にデイトナビーチの歴史を扱う「ハリファックス歴史博物館」、様々な国の装飾美術が揃う中央フロリダ最大級の「芸術科学博物館」はオススメです。

デイトナビーチの歴史

デイトナビーチの都市としての歴史は、1870年にマティアス・デイという人物によって設立されたことに始まります。現在の姿になったのは1876年。隣接する、デイトナ、デイトナビーチ、シーブリーズが合併したことによります。その後、1920年代からは、その美しい砂浜を持つことから世界で最も有名なビーチをもつ観光都市として国内外で知られるようになります。現在でもその人気は衰えず、年間を通して観光客が絶えることはありません。

デイトナビーチの経済

デイトナビーチの主産業は観光業。白く広大なビーチを持つこと、また1年を通して温暖な気候であることから、国内外からたくさんの観光客が訪れています。近年では、年間で800万人ほどの人々がこのリゾート地へ足を運んでいます。そのほか製造業や貿易業なども盛ん。ビーチから離れた内陸部には地元企業のビル群が立ち並んでいます。

デイトナビーチ行きの格安航空券について

日本からのデイトナビーチへの直行便は就航していないので、アメリカ国内での乗り継ぎが必要です。デトロイドやアトランタ、ニューヨーク経由で行くのが一般的。リーズナブルな航空券をお求めの方には、デルタ航空がおすすめです。特にアトランタ経由で行くプランは、乗り継ぎが1回のみなので所要時間も短め。デイトナビーチ到着後のスケジュールも組みやすくなっています。なるべく価格を抑えたい方には、乗り継ぎ2回のプランが良いでしょう。

デイトナビーチの気候

デイトナビーチは年間を通して降水量が多い都市。特に6~9月は雨季にあたり雨天の日々が続きます。反対に乾季にあたる10~5月は雨の日はありますが、そこまで雨量が多くないので観光するには適した季節でしょう。また気温は一年中とても温暖で平均気温は21度と過ごしやすくなっています。

デイトナビーチの主な交通手段

デイトナビーチの主な交通手段

画像の出典元: commons.wikimedia.org

デイトナビーチでの移動にはレンタカーがオススメです。砂浜の一部は車両用として開放されているので、潮風を浴びながらビーチを車で楽しむことができます。駐車場も至るところに数多く設置されていますが、観光地ということもあり、駐車料金が若干高くなっています。費用を抑えたい方は、市内にはバスも多く走っているのでこちらを利用するといいでしょう。

デイトナビーチ行き航空券利用者の声

伊丹空港⇔オークランド国際空港 32歳男性

以前テレビで旅番組を観ていたら、フロリダのデイトナビーチを特集していました。今回はそれを思い出して実際に行ってみた感じです。大坂からデイトナビーチまでの航空券を探したところ、乗り換え2回でなかなか時間がかかるよう。地図を見ていたらオーランドが近かったので「大坂⇔オーランド」で航空券を探したところ、デルタ航空で所要時間が比較的短い便が。そこで一度オーランドまで行き、デイトナビーチまでは陸路でアクセスすることにしました。オーランドからデイトナビーチまでは車で1時間強なので、飛行機で24時間以上かけて直接目指すよりも早く着くし、航空券代も少しだけ安く上がります。また、オーランドはアメリカ屈指の観光地なので、デイトナビーチに到着する前にオーランド観光もできて効率がいいと思います。出発当日は、まず伊丹空港からアメリカン航空とJALのコードシェア便で成田へ。成田でシカゴ行きのアメリカン航空便に乗り換えます。シカゴのオヘア空港に着いたら入国審査等を済ませて、今度はオーランド行きのアメリカン航空便に乗り換え。ここまでの合計所要時間は約22時間です。オーランドに2泊して観光を楽しみ、3日目にバスでデイトナビーチへ。1時間強で着きます。デイトナビーチでは、ビーチでのんびりくつろいだり、近くの遊園地(デイトナ・ビーチ・ボードウォーク etc.)で遊んだり、思い切ってナイトクラブにも行ってみました。自由で開放的な雰囲気にあふれていて本当によかったです。

成田⇔デイトナビーチ 48歳男性

仕事でデイトナビーチへ行きました。成田からデイトナビーチへ向かう飛行機の航空券を探したところ、特に「格安」と思えるほどのチケットがなく、とりあえず日をまたがずに到着できることに重点を置いて探すことに。結果、スムーズに乗り換えられそうなデルタ航空の航空券を購入しました。出発当日、成田空港に早めに到着してBカウンターでチェックイン。搭乗時間まで余裕があるので空港内のラウンジで一休みしました。しばらくしてアトランタ行きの飛行機に搭乗して出発。12時間ほどでアメリカのアトランタに到着です。降りて思ったのは、いつもは国内出張&旅行でLCCを利用することが多いため、大手キャリア国際線ならではの充実した機内サービスは「やっぱりいいな!」ということ。食事とかエンタメとかCAさんの雰囲気とか一味違う気がするのは僕だけでしょうか?アトランタで入国審査を済ませた後、便を乗り換えて目的地のデイトナビーチへ。1時間半のフライトを経て到着です。今回久しぶりに飛行機を乗り継ぎましたが、全行程同じキャリアだと乗り継ぎ楽でいいですね。行く前は乗り継ぎが億劫でしたが、審査に少々時間がかかった以外はなんてことありませんでした。今回は仕事で訪れましたが、2日仕事をした後1日だけ現地で余暇を過ごしました。先月、プライベートで沖縄に行きましたが、同じビーチリゾートでも空の広さや街の奥行きがデカくて、国が違うと雰囲気が全然違うんです。機会があれば家族と来てもっと密に観光してみたいです。

沖縄⇔デイトナビーチ 20歳女性

現地で暮らすサーフィン友だちに会うため、フロリダのデイトナビーチに行ってきました。ネットで「沖縄⇔デイトナビーチ」の航空券を探したところ、日程や金額的にイマイチなものしか出てこず。面倒なので国内移動(成田まで)はLCCの格安航空券で行って、「成田⇔デイトナビーチ」の航空券を別に買うことにしました。結果的に購入したのはデルタ航空の便で、アトランタ経由デイトナビーチ行きのチケットです。デルタ航空便は全部で17~18時間程度の行程でしたが、成田アトランタ間の飛行機はエンターテイメントが充実していて楽しく過ごせました。12時間のロングフライトですが食事付きで、座席もエコノミーですがまあまあ快適。国際便ってやっぱりいいですね。LCCに馴れきってたので、久ぶりに乗物やサービスに感動しました。デイトナビーチでは友人とサーフィンを楽しんだり、オーランドまで足を伸ばして観光を楽しんだりしました。ケネディ宇宙センターとかディスカバリーコーブとかワンダーワークスとか、オーランドの観光スポットは面白すぎます。ワンダーワークスは建物がさかさまになっていて、いい意味で訳が分かりません(笑)。デイトナビーチにしてもオーランドにしてもですが、沖縄とは空とか町の突き抜け方が違っていて、慣れるのに時間がかかりましたね。初めて札幌のススキノ交差点に行ったときもそうでしたが、普段暮らしている沖縄の町はコンパクトなので、サイズのギャップに戸惑う反面それが面白かったりします。中国とかインドとかブラジルとか、他の大きな大陸の大きな国もそうなんですかね?機会があれば観光で行ってみたいです。

デイトナビーチ旅行 よくあるFAQ

所要時間や価格で都合のいい便が見つからないときはどうしたらいいですか?

できるだけ早いタイミングで予約して、選択幅を広く取れるようにすることが大事ですが、国際便の場合、特にアメリカへ行く場合は目的地の空港を地図で調べて近くに他の空港がないか確認しましょう。デイトナビーチ手前のオーランドのように、直接目的地を目指すよりも手前の空港で降りる方が観光的に便利な場合もあります。

デルタ航空のオンラインチェックインの利用方法を教えてください。

オンラインチェックインは、パソコンやスマートフォンからインターネットでチェックインできるシステムです。予め搭乗券を印刷して持参することで、空港カウンターに並ぶことなくスムーズに搭乗まで行けます。国際線は登場時刻の24時間前から60分前まで可能です。利用する場合はスカイスマイル会員番号とパスワード、予約番号、eチケット番号、購入の際に使用したクレジットカード番号のいずれかが必要になるので、手元に準備して手続してください。