タイガーエア・オーストラリア 格安航空券情報

  • シドニー(オーストラリア) (シドニー国際空港)発
  • メルボルン (メルボルン空港)発
  • ブリスベン (ブリスベン空港)発
  • パース (パース空港)発
  • ゴールドコースト (ゴールドコースト空港)発
  • ケアンズ (ケアンズ国際空港)発

タイガーエア・オーストラリア ロゴ

タイガーエア・オーストラリア

Tigerair Australia

タイガーエア・オーストラリア

タイガーエア・オーストラリアの詳細情報

航空会社名 タイガーエア・オーストラリア 主な主要路線

-

公式サイト https://tigerair.com.au/ チェックインカウンター

-

設立年 2007 主な就航都市 国内(アデレード、ケアンズ、ダーウィン、ゴールドコースト、メルボルン、シドニー、ブリスベン、コフスハーバー、ホバート)、インドネシア(デンパサール)など
アライアンス

-

マイレージプログラム

-

タイガーエア・オーストラリアの感想・口コミ

タイガーエア・オーストラリアの写真投稿

ico-campaign-titleタイガーエア・オーストラリアの特徴

1ヴァージン・オーストラリア傘下の格安航空会社

タイガーエア・オーストラリアは、2007年にビクトリア州のメルボルンを拠点に運航を開始しました。その後、シドニー、ブリスベンなどオーストラリア東海岸にも拠点を拡大。2013年に、オーストラリア2位の大手航空会社であるヴァージン・オーストラリアに株式の60%を売却。2015年には残りの40%もヴァージンオーストラリアが買収し、現在は100%の株をヴァージン・オーストラリアが保有しています。

2インドネシアへ就航

タイガーエア・オーストラリアは国内だけで就航していましたが、2016年3月23日から初の国際路線がスタート。インドネシアのバリ島にあるデンパサール空港まで、国内の3つの空港(メルボルン、パース、アデレイド)から就航を開始しています。オーストラリアからほど近い人気リゾート地のバリ島までを格安航空で行けるようになるのは、とても便利。

ico-pricelist-titleタイガーエア・オーストラリアの受託手荷物・機内持ち込み手荷物について

受託手荷物

受託手荷物の規定についてはタイガーエア・オーストラリア公式サイトよりご確認ください。

受託手荷物について


機内持ち込み手荷物

機内持ち込み手荷物の規定についてはタイガーエア・オーストラリア公式サイトよりご確認ください。

機内持ち込み手荷物について

ico-campaign-titleタイガーエア・オーストラリアの機内サービス

ico-service-count-0

ご自身のデバイスで楽しめるエンターテイメントシステム

「タイガーテイメント」と呼ばれるシステムにて、ご自身のスマホやタブレットを利用し、ワイヤレスでエンターテイメントを楽しむことができます。無料のパッケージ、またはさらに内容が充実した有料のパッケージもあり。ただし、このシステムは国際線のデンパサール行き便のみで利用が可能。

ico-service-count-1

選べるスナックメニュー

機内では軽食の販売があります。サンドイッチからお菓子、アルコール類まで種類が豊富で、メニューは季節ごとに入れ替わります。オリジナルグッズの販売もあるのでお土産にも良いですね。メニューは事前にタイガーエア・オーストラリアの公式ホームページでもチェックできます。

【日本出発】2019/12 格安航空券
タイガーエア・オーストラリアがおトク!来月の最安値を見つけよう!!

日本出発のタイガーエア・オーストラリア

【日本出発】タイガーエア・オーストラリア直行便が就航している空港はこちら。快適な空の旅をどうぞ

日本出発のタイガーエア・オーストラリア直行便はありません。
他の航空会社はこちら