1. トップ
  2. ハワイ/太平洋地域
  3. ハワイ
  4. ホノルル(オアフ島)

ホノルル(オアフ島)行きの飛行機・航空券を検索

ホノルル(オアフ島)の概要

ホノルル(オアフ島)

画像の出典元: pixabay.com

人口約37万人
都市コードHNL
人気の航空会社
  • 日本航空
  • ハワイアン航空
  • 全日空
飛行時間7~9時間

ホノルル(オアフ島)発の航空券情報はこちら

ホノルル(オアフ島)までは飛行機でおよそ7~9時間で行くことができます。ホノルル(オアフ島)の歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてホノルル(オアフ島)旅行を有意義に楽しみましょう。

ホノルル(オアフ島)行き航空券の最安値を比較

ハワイ国内からのホノルル(オアフ島)行き 最安値を比較

  • カフルイ(マウイ島)  ホノルル(オアフ島)(HNL)
  • リフェ(カウアイ島)  ホノルル(オアフ島)(HNL)

観光客を魅了する常夏のリゾート地「ハワイ」

太平洋に浮かぶ、アメリカ合衆国の一大リゾート地・ハワイ。日本人からの人気も非常に高い海外都市のひとつで、多方面において魅力的な島となっています。楽しめるアクティビティとしては、スキューバダイビングやサーフィン、ジェットスキーといったマリンスポーツが挙げられます。さらにホエールウォッチングやドルフィンスイム、ウミガメ観察など、海に属する野生動物を間近で見られるのもハワイならでは。ほかにもハワイ独自のスイーツやジャンクフードなど、観光客を満足させる要素にあふれた都市だといえるでしょう。

ホノルルの歴史

ハワイの歴史の転換期は1898年。それまではフランスやイギリス、日本とさまざまな国の手に渡っていましたが、この年にハワイはアメリカの領土となり併合されました。のちにアメリカ50番目の州になると、「アメリカ人が休暇を過ごすためのリゾート地」として開発されたハワイ。アメリカはもちろん、アジアやヨーロッパなど世界各国から観光客が訪れる現在の一大リゾート地は、この時期を境に発展していきました。

ホノルルの経済

ハワイの主産業はなんといっても観光業。政府が集客産業に関する戦略方法を考えるなど、州をあげて観光業に取り組んでいます。特に島国ということもあり、マリンアクティビティが豊富。また、農業が観光業と並ぶほど重要な産業となっており、サトウキビやパイナップルなど、南国ならではの作物を数多く栽培しています。

ホノルル行きの格安航空券について

日本からアメリカ・ハワイまでは、乗り継ぎをすることなく渡航できます。季節にもよりますが、だいたい7~8時間もあれば到着します。人気リゾート地ということもあり、全日空や日本航空をはじめ、ユナイテッド航空、大韓航空など、さまざまな航空会社が運航しています。近年ではチャイナエアラインから格安航空券が出ているので、費用を抑えて旅行を楽しみたい方にはオススメです。

ホノルルの気候

年間を通して温暖な気候となっているハワイ。貿易風と呼ばれる風が吹く影響で湿度はそれほど高くなく、空気はカラッとしています。また、10月から3月が雨季にあたりますが、日本の梅雨のように毎日降り続くことはほとんどありません。ただし、朝や夕方に突然スコールが起こることもあるので、折り畳み傘などを持っていくと安心でしょう。ちなみに、服装はどの時期でも半袖を持っていけば大丈夫。ですが、外出先では冷房が効きすぎている店も多いので、羽織りものを一枚持っていくと重宝するでしょう。

ホノルルの主な交通手段

ホノルルの主な交通手段

画像の出典元: en.wikipedia.org

最寄りとなるホノルル国際空港から市街地までの距離は、およそ10キロ。タクシーやシャトルバス、またはレンタカーなどの交通機関が利用できます。タクシーやレンタカーならばおよそ20~30分、シャトルバスであれば40分程で到着可能です。市内においてはタクシーが便利。利用する際にはタクシー乗り場に向かうか、ホテルなどから依頼しましょう。

ホノルル行き航空券利用者の声

成田↔︎ホノルル 27歳女性

大学時代の友人がハワイで結婚式するというので思い切って行ってきました。はじめに聞いた時には、ちょっとビックリしましたが、親友の結婚式をどうしても祝いたくて「行くしかない!」と決心しました。調べてみるとデルタ航空で直行便の航空券を思ったより安くおさえる事ができました。成田空港で私と同じく出席する友人と合流して搭乗しました。新婦と待ち合わせの友人とは、学生時代に3人でいつも一緒でした。でも社会人になってからお互い忙しく、なかなか会えずにいました。機内食を食べながら、お互いの近況をひとしきり話した後に次の日のことも考えて寝ることに。スリープキットが配られて、意外と就寝できました。友人の式は、ゴージャスで厳かで素敵な結婚式でした。「遠くまでごめんね。」とちょっと申し訳なさそうに笑う友人のウェディング姿はとても綺麗でした。翌日は、新婚の2人とオープンカーでオアフ島のドライブをご一緒することに。カフェに寄ったり、ワイキキビーチに行ったり、ハワイの雰囲気がとても良くて3人で学生時代みたいに、はしゃいじゃいました。次の日は、街をブラブラしたりショッピングを楽しんで帰路につきました。帰りの飛行機は、ぐったりで爆睡でした。日程的にも出費的にもちょっと大変だったけど、旧友をお祝いできて最高の旅でした。

成田↔︎ホノルル 22歳男性

卒業旅行でハワイに行ってきました。旅行に行くメンバーで話し合って候補の中から、初めての海外だしという理由でハワイに決まりました。無難な場所かなとも思ったのですが、親も行ったことがあるらしく「日本語とか通じるからなんとかなるわよ。」の一言で納得して決めました。航空会社は、大韓航空だったのですが、CAさんに日本語が通じたし、機内食もおいしかったです。座席にUSBポートがあるのでスマホを充電できたのもポイント高かったです。ハワイでは、レストランで食事をしたりビーチで遊んだり、メンバーの一人がどうしても行きたいとリクエストがあったので、ホノルルのハワイ出雲大社へ参拝したりしました。思ったよりアジア系の日本人とか中国人ぽい人が多かったです。そのおかげかメニューの注文が日本語でなんとなく通じたし、慣れないチップは面倒でしたが、現地の人も陽気でフレンドリーだったので楽しかったです。帰りは、仁川国際空港を経由したので時間が掛かりましたが、ほとんど寝てたし、ゲームとか映画が見れたので問題なしでした。航空券も割とお得だったので満足でした。初めての海外にしては楽しかったので、いい思い出になりました。

成田↔︎ホノルル 37歳男性

家族サービスで妻と10歳の息子を連れてハワイ旅行に行ってきました。しばらく仕事に掛かり切りで子育ても妻に任せきり、家に帰っても息子は寝ていてるという状態でした。このままでは、家庭での存在感が危うい、というのは冗談ですが、今後は学費など出費が増えると思うので海外旅行はタイミング的に今しかないと決断しました。家族連れなので日程や直行便にこだわりリサーチをしてプランを決めました。航空会社は、ユナイテッド航空でした。エコノミープラスにして、モバイルアプリで席を並びで確保できてひと安心。席もベーシックエコノミーより少しだけ広くなるようです。ハワイ滞在中は、ビーチで遊んだり、レンタカーの借りてノースショア方面までドライブに出かけかき氷を食べたり、ポリネシアセンターでカヌーツアーやアクティビティを息子と楽しんだりできました。何度か息子が「パパ、すごい!」と喜んでくれて心の中で何度ガッツポーズをしたことか。いつの間にか自分のテンションも上がって家族のために頑張るモチベーションになりました。
何十年か後でも息子の運転でハワイを旅行できたらいいなと淡い期待を持ちながら直行便で帰路に着きました。

ホノルル旅行 よくあるFAQ

Q:ホノルルにはどんな空港がありますか?

A:ホノルルには国際空港である「ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル空港)」があります。

Q:最寄り空港からホノルル市内へのアクセスはどれくらいかかりますか?

A:空港からホノルルまでは車で10分ほど、公共交通機関を利用すると30分弱ほどで到着します。

Q:ホノルルの人気ホテルはどこですか?

A:「アストン ワイキキ ビーチ タワー」や、「ハレクラニ」などのホテルが人気です。

Q:ホノルルの街中にはフリーWiFiスポットが設置されていますか?

A:飲食店内などでフリーWiFiが設置されています。

Q:ホノルルではどんなアクティビティを楽しむことができますか?

A:ホノルルではサメに会えるダイビングをはじめ、リゾート地ならではのビーチアクティビティ、マリンアクティビティを楽しめます。