スクートの格安航空券予約

スクート ロゴ

スクート

Scoot

スクート

画像の出典元:Aero Icarus

スクート 格安航空券情報

  • 東京 (成田空港)発

スクート の感想・口コミ

スクートを利用したお客様からの写真投稿

スクートの詳細情報

航空会社名 スクート 主な主要路線 成田
公式サイト https://www.flyscoot.com/jp チェックインカウンター 成田空港
設立年 2011 主な就航都市 バンコク、成田、天津、南京、青島、瀋陽、香港、台北、ソウル、シドニー、パースなど
アライアンス なし
マイレージプログラム なし

ico-campaign-titleスクートの特徴

1スクートについて

スクートは、2011年に設立したシンガポール航空100%出資のLCCです。シンガポールのチャンギ国際空港を拠点とし、成田、台北、バンコク、シドニー、アテネなど15ヵ国、68都市に就航しています。(2021年4月現在)日本には2012年に就航を開始し、現在では成田、関空、新千歳の3都市から、台北、高雄、バンコク、シンガポールに就航しています。また、2020年には、エイビーロードエアライン満足度調査「LCC総合満足度」において第1位を受賞、2021年には、LCCとして世界で初めてAPEX(The Airline Passenger Experience Association)の監査「HealthSafetyPoweredbySimpliFlyingAudit」から、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として最高評価である「Diamond」を獲得しています。

2お金が心配ならスクートを

スクートはどこの格安航空会社には負けない安い価格が押しです。顧客層は低価格を求む若い年齢層が多いです。なぜそこまで安いかというと、機内食や受託手荷物を有料にしたりと、すべてのスタイルをシンプルにしているからです。その分選択幅が広く、個々のスタイルに合う格安な料金でフライトが可能になってます。また、格安ながらも個性的なサービスを提供しております。主なサービスとして、機内食はバリエーションが豊富なメニューが多い、座席に関しては「スーパーシート」と「ストレッチシート」の2種類から選ぶことが可能です。自分のスタイルに合った空の旅ができるでしょう。

ico-pricelist-titleスクートの受託手荷物・機内持ち込み手荷物について

受託手荷物

受託手荷物の規定についてはスクート公式サイトよりご確認ください。

受託手荷物について


機内持ち込み手荷物

機内持ち込み手荷物の規定についてはスクート公式サイトよりご確認ください。

機内持ち込み手荷物について

ico-campaign-titleスクートの機内サービス

ico-service-count-0

ニューノーマル時代に向けた新しい機内ポータル「ScootHub」

機内でお客様のニーズに対応できる機内ポータル。ワンストップショップとしてお客様のモバイルデバイスから簡単にアクセスでき、機内での飲食のご注文、免税品のご購入、機内エンターテインメントなど魅力的な旅のコンテンツをお楽しみいただくことができます。

ico-service-count-1

空の上でもインターネット

ボーイング787ドリームライナーではWi-Fiサービスを提供しています。購入方法はフライトを予約する際に一緒にご購入可能です。一定時間に対する固定料金となりますので、追加金は発生しません。

スクートの利用者の声

成田⇔台北 48歳男性

ちょうどセールで格安航空券が予約できたのでスクートでひとっ飛び。台北へ遊びに行ってきました。お昼に成田を出発して3時間ほどで台北の桃園空港に到着です。成田空港では第2ターミナルのスクート航空カウンターで搭乗手続きを行います。スクートの座席指定は完全事前予約制なので航空券を買うときに手配しますが、今回は1人旅なのでオプションは付けませんでした。当日、空港カウンターでチェックインする際も特に確認はなく、自動で振り分けられるようです。もちろんLCCなので機内サービスも原則有料、台北までは短いフライトなので機内食を注文する人も少なかったと思います。今回予約したのは、台北経由シンガポール行きの便。そのため、経由地の台北で降りる人はあまりいませんでした。そこから3日間観光地を巡り、中華料理に舌鼓を打って台湾を思いっきり堪能。4日目の帰りは桃園6時40分発、成田に着いたのは11時前となりました。帰国便は希望の時間に空きがなく、残念ながら早朝便になってしまいましたが、その分航空券代を抑えられたので総合的には大満足でした。

関空⇔バンコク 29歳女性

突然思い立ってバンコク行きの航空券を予約したのが出発の1週間前。まさか空いてないだろうと思いながらホームページで航空券をチェックすると、なんとバンコクまで往復3万円の格安航空券が!さすがスクート。LCC代表格の航空会社です。当日の朝までバタバタと準備に追われ、関空に到着したのは出発予定時刻の1時間半前。国際線なのでもう少しで本当にギリギリになるところでした。関空はピーチ航空以外は第1ターミナル就航なので、今回も第1ターミナルのスクートカウンターでチェックイン。平日にもかかわらず案外混んでいて、空港内をぶらぶらする時間もありませんでした。スクートはLCCの中でも座席が狭めで、機内エンターテイメントがないことも事前に調査済み。なので、タブレット端末と本を持ち込んでフライトに挑みました。LCCで長時間フライトは、これがないときついんですよね。とりあえず映画もゲームも無しなので、各自準備が必須となります。もし忘れたら、ガイドブックを読みまくるかひたすら眠るしかありません。とにかく今回も忘れず用意しておいてよかったです。持ち込んだタブレットで映画を2本観たところで、バンコクドンムアン空港へ到着。日本で予め予約しておいたシャトルバスに乗り込み、無事に市内に向かうことができました。

関空⇔シンガポール 33歳女性

同じアジアにありながら、ツアーや航空券の価格の違いで敷居が高かったシンガポール。今回スクートが格安航空券を販売を開始したということで、早速予約してみました。公式ホームページにて、プロモーション価格の往復3万円という格安航空券を購入、念のため画面の印刷とスクリーンショットを保存しておきました。当日は予めウェブチェックインが可能とのことでしたが、初めてなのでとりあえず空港カウンターへ向かうことにしました。しかし、実際のカウンターの混雑ぶりといったら、本当に出発時刻までに全員が飛行機に乗れるのかと不安になるほど。結局、早めに空港に着いていたので、行列を横目に手持ちのタブレットでウェブチェックインしました。今回の旅はバンコクで乗り継ぎ。同じスクートなので受託手荷物は預けっぱなしでOKですが、一旦経由地で入出国手続きを受けるため、手荷物は全て各自で管理となります。全行程もちろん機内サービスも全て有料ですが、長時間フライトでもないので特に困りませんでした。CAさんも笑顔で迎えてくれたので、LCCでありながらとっても印象がよかったです。バンコク経由で初めてのシンガポールに到着!翌日は早速朝からセントーサ島へ渡りました。

スクートよくある質問

スクートの就航都市、路線を教えてください。

日本には、成田、関空、新千歳から台北、高雄、バンコク、シンガポールに就航しています。また、シンガポールからはアジア、オーストラリア、ヨーロッパなどの15ヵ国、68都市に就航しています。(2021年4月現在)

スクートの使用機材は?

スクートでは、B787ドリームライナーとA320シリーズを使用し、お客様に安心で快適な空の旅を提供しています。特にB787は、天井が高く広々とした機内、機内Wi-Fiサービス、シート電源などのハード面に加え、加湿機能や心地よいムード照明まで備えており、快適な空の旅が体験できます。

スクートでは受託手荷物は有料ですか?

ご予約の時点で、受託手荷物付運賃「フライ・バッグ」または受託手荷物・機内食付運賃「フライ・バッグ・イート」で航空券をご購入のお客様は、1名につき20キロまで無料にてお荷物のお預けが可能です。また、スクートPlusでご予約のお客様は、1名につき30キロまで無料でお荷物のお預けが可能です。運賃のみの「フライ」のお客様は、全て有料となりますのでご注意ください。

スクートPlusとは何ですか?

スクートPlusは、B787に設定のある様々なサービスが無料で受けられるワンランク上のシートです。受託手荷物・機内持込み手荷物の優遇に加え、エコノミークラス座席と比べ2倍の広さのレッグルーム、機内食、優先搭乗、機内エンターテイメントなどが予め用意されていいます。より快適な空の旅をお楽しみいただけます。

【日本出発】2021/11 格安航空券
スクートがおトク!来月の最安値を見つけよう!!

以下の地名のリンクをクリックすると最安値カレンダーが表示されます

【日本出発】スクート直行便が就航している空港はこちら。快適な空の旅をどうぞ

以下の地名のリンクをクリックすると空港の詳細情報が表示されます

スクート直行便で行く 新千歳空港出発

スクート直行便で行く 成田空港出発

スクート直行便で行く 関西国際空港出発

他の航空会社はこちら