ルクスエアー 格安航空券情報

ルクスエアー ロゴ

ルクスエア

Luxair

ルクスエア

画像の出典元:de.wikipedia.org

ルクスエアの詳細情報

航空会社名 ルクスエア 主な主要路線

-

公式サイト http://www.luxair.lu/cms/luxair.php?p=FR,17652,451,,1, チェックインカウンター

-

設立年 1948 主な就航都市 イギリス(ロンドン)、フランス(パリ)、スペイン(マドリード)、ドイツ(ベルリン)、アイルランド(ダブリン)、スウェーデン(ストックホルム)、デンマーク(コペンハーゲン)、イタリア(ローマ)、トルコ(イスタンブール)など
アライアンス スターアライアンス
マイレージプログラム マイルズ&モア

ルクスエアの感想・口コミ

ルクスエアーの写真投稿

ico-campaign-titleルクスエアの特徴

1周辺各国への架け橋

1948年に創業したルクセンブルグ航空の跡継ぎとして、ルクセンブルクからその他ヨーロッパ諸国へ向かう移動手段の需要が高まっていたため、1961年にルクスエアの運航がスタートしました。ルクセンブルグのフラッグ・キャリアとして、ルクセンブルク・フィンデル空港を拠点にヨーロッパや北アフリカ、地中海エリア、中東諸国を定期便もしくはチャーター便で就航しています。

2安くて快適なフライト「フライ・クラシック」

ルクスエアが一年を通して販売している格安チケット「フライ・クラシック」なら、ルクセンブルグから周辺の20都市へお得な料金で行くことができます。特に人気のある観光都市ロンドン、ポルト、ウィーンもあれば、パリやミュンヘン、ミラノ、ストックホルムまで取り扱いあり。サービスの質を最優先にするルクスエア。格安チケットでもその質は変わらず、快適な空の旅を提供してくれます。

ico-pricelist-titleルクスエアの受託手荷物・機内持ち込み手荷物について

受託手荷物

受託手荷物の規定についてはルクスエア公式サイトよりご確認ください。

受託手荷物について


機内持ち込み手荷物

機内持ち込み手荷物の規定についてはルクスエア公式サイトよりご確認ください。

機内持ち込み手荷物について

ico-campaign-titleルクスエアの機内サービス

ico-service-count-0

自社キッチンの機内食

空港近くにキッチンを持つため、食材は新鮮。シェフ、パン職人、お菓子職人など、各分野の料理人が手がけてくれるこだわりの機内食です。

ico-service-count-1

チェックイン前に席が選べる

飛行機の座席は窓側か通路側かが気になりますが、ルクスエアでは座席表からお好みの席を選ぶことができます。早めに空港に出向いてチェックインをしなくても大丈夫。搭乗開始24時間前から公式サイトにて選択することができます。

ルクスエアの利用者の声

ロンドン⇔ルクセンブルク 30代男性

ロンドンからルクセンブルクに行く際、航空券を調べていて見つけたのがルクスエアでした。ルクスエアは初めて聞いた航空会社でしたが、調べてみるとルクセンブルグ大公国のフラッグキャリアでした。航空券の料金も安かったので、ルクセンブルクまでの往復航空券を予約して購入。ルクスエアは、ロンドンからルクセンブルクまでの便数が多いのが魅力的でした。時間帯によって料金は異なりますが、料金を選ぶか時間を選ぶかという選択ができるのはいいですね。預け入れする荷物も込みの料金でした。スーツケースを持っていきたかったので、LCCのように別料金を払わずに荷物を預かってもらえて助かりました。ロンドンからルクセンブルクはほぼ満席。短時間のフライトにもかかわらず、ロンドンからはドリンクとスナック菓子が提供されました。往路は簡単なサンドイッチをもらいましたが、ビジネスクラス以上だと機内食が提供されるようです。客室乗務員の対応はとてもよく、短時間でも十分満足できるフライトでした。大きくない機体でしたが、大した揺れもなく快適に過ごせましたし、このルートは利用価値大の航空会社だと思いました。また、ルクセンブルクに行く際にはルクスエアの航空券を利用しようと思います。

ミュンヘン⇔ルクセンブルク 40代男性

ミュンヘンからルクセンブルクに行くことになりました。通常ならこのルートは電車やバスなどを使う方が多いと思うのですが、時間に余裕がなかったので飛行機で行くことにしました。航空券を調べていてルクスエアという航空会社の存在を知り、ルクスエアについて調べてみたらルクセンブルクを拠点とする航空会社ということでした。また、評判もよさそうだったのでルクスエアの航空券を予約。座席料金プランがいくつかありましたが、短時間のフライトでしたし荷物さえ預かってもらえればいいというレベルでしたので、安いプランの座席を購入しました。当日、チェックインを無事に済ませ小さな機体に搭乗。乗客はビジネスマンらしき人が多かったですね。また、非常に短時間のフライトですが、ドリンクやスナックが提供されたので驚きました。ルクスエアの客室乗務員もてきぱきと仕事をこなしていました。ルクセンブルクに数日滞在し、再びミュンヘンに戻る際にもルクスエアを利用しました。往路はほぼ満席でしたが復路は空席がそこそこ目立ちました。機内は狭いながらも、シートピッチはそれほど狭さを感じることもなく、一息つく間もなくミュンヘンに到着。この区間は陸路移動もできますが、時間のない方には快適に過ごせるルクスエアはおすすめです。

ベルリン⇔ルクセンブルク 30代女性

ドイツのベルリンからルクセンブルクに行く際、ルクスエアの航空券を利用しました。ルクスエアは今までヨーロッパ内で2度ほど利用したことがあり、格安航空券にしては少々値段が高いと感じる航空会社なのですが、サービスなどを考えると妥当だと思っています。個人的には結構気に入っているのでリピートしています。今回はベルリンとルクセンブルクの往復を予約、購入しました。ベルリンとルクセンブルクはそれほど距離がないので、バスや電車などの陸路で移動する人も多いのですが、私はバス移動が苦手。また、飛行機の移動で時間の節約をしたいこともあり、もっぱら飛行機で移動しています。ベルリンからの便は、ビジネスで利用する人も多いようでした。ルクスエアでは短時間フライトでも、ドリンクやスナック菓子、サンドイッチやフルーツなどが提供されるんですよ。新聞や機内誌が用意されていて、トイレもきれいに清掃されていて快適。ルクセンブルクからベルリンの便もやはりビジネスで利用しているような乗客が多いのですが、静かで快適なフライトでした。客室乗務員の対応もいいし、サービスもいい。預入荷物もオーバーしなければ航空券代に含まれているし、ルクスエアはお気に入りの航空会社のひとつなので、今後もリピートします。

ルクスエアよくある質問

ルクスエアは日本に就航していますか?

いいえ、残念ながら日本には就航していません。

ルクスエアで荷物を預けるのは別料金ですか?

ルクスエアの預け入れ荷物(受託手荷物)は航空運賃に含まれています。もし超過する場合は、あらかじめ問い合わせしておきましょう。

ルクスエアでは機内食はついていますか?

利用する区間にもよりますが、ドリンク、スナック菓子などがサービスされます。また利用する座席クラスによって、食事も提供されます。

ルクスエアのビジネスクラスでは、荷物を何kgまで預けられますか?

通常32kgまでの荷物を2個まで預けられますが、状況により異なることがありますので、確認しておくと安心でしょう。

【日本出発】2019/12 格安航空券
ルクスエアーがおトク!来月の最安値を見つけよう!!

日本出発のルクスエアー

【日本出発】ルクスエアー直行便が就航している空港はこちら。快適な空の旅をどうぞ

日本出発のルクスエアー直行便はありません。
他の航空会社はこちら