ルフトハンザ・シティライン 格安航空券情報

ルフトハンザ・シティライン ロゴ

ルフトハンザ・シティライン

Lufthansa CityLine

ルフトハンザ・シティライン

画像の出典元:dn280tls

ルフトハンザ・シティラインの詳細情報

航空会社名 ルフトハンザ・シティライン 主な主要路線 なし
公式サイト http://www.lufthansacityline.com/ チェックインカウンター 日本未就航
設立年 1958 主な就航都市 フランクフルト、ミュンヘン、ハノーバー、ニュルンベルク、シュツットガルト、デュッセルドルフ、、ロンドン、パリ、アムステルダム、ブリュッセル、バルセロナ、ミラノ、ウィーン、プラハ、チューリッヒ、ストックホルム、コペンハーゲンなど
アライアンス スターアライアンス
マイレージプログラム Miles & More

ルフトハンザ・シティラインの感想・口コミ

ルフトハンザ・シティラインの写真投稿

ico-campaign-titleルフトハンザ・シティラインの特徴

1ルフトハンザ・シティラインについて

ルフトハンザ・シティラインは親会社にルフトハンザ ドイツ航空を持つ、主にヨーロッパの単距離路線を中心とした航空会社です。1958年に開設し、主にベルリン、ケルン、フランクフルト、ドイツ以外ではアムステルダム、バルセロナ、ブリュッセルなど欧州主要都市をほぼすべて網羅しています。マイレージサービスはルフトハンザ ドイツ航空と同様に「マイルズモア」、航空グループは「スターアライアンス」に加盟しているので、世界中の路線でマイルを貯めることが可能となっています。そのため日本人の利用者も大変多く、ツアーやビジネスで利用されることが多いようです。

2環境先進国の航空会社として

環境大国ドイツの航空会社として、経済と生態のバランス維持に努め、環境の保護を企業目標の一つとしています。近代的でより環境に優しい航空機を導入するなどして、いかに騒音や排出量の削減を進めるかが今後の課題。実際は経済的なエネルギー源や原材料を使用し、再生可能な資源の有効活用を心がけています。さらに定期的に環境報告書を発行し、情報を開示しています。このような取り組みのもと、5年連続、欧州環境管理監査制度EMASの証明書を取得。2012年には国際環境規格にも認められ、社会的責任を果たす航空会社として業界を牽引しています。

ico-campaign-titleルフトハンザ・シティラインの機内サービス

ico-service-count-0

短時間でも基本的なサービスを提供

機内で快適な時間を過ごせるよう、短距離路線の搭乗でも軽食やドリンクサービスがあります。名産のドイツビールもそろっています。

ico-service-count-1

信頼性のある機材

ルフトハンザ ドイツを親会社に持つルフトハンザ・シティライン。快適な機内設備の中で良質のサービスが提供されています。また、環境先進国の航空会社として、環境への対策が企業理念になっています。

ルフトハンザ・シティラインの利用者の声

フランクフルト⇔ベルリン 35歳男性

仕事の為に、フランクフルトからベルリンへ行く際、ルフトハンザ・シティラインの航空券を利用しました。列車移動にするか迷いましたが、電車だと4時間以上かかるのに対し、飛行機だと1時間ほどで到着。フランクフルトへの国際線の到着時刻を考えると飛行機での移動が無難と判断し、ルフトハンザ・シティラインの航空券を利用することにしました。日本で格安で航空券が買えたので、時間と旅費の節約になったと思います。ルフトハンザ・シティラインは、正直、私にはルフトハンザ ドイツとの違いが分かりませんでした。機体のデザインやマーク、CAさんの制服もルフトハンザ ドイツとどこが違か違うの?レベルでしたよ。1時間というほんの短い時間しかお世話になっていませんが、ドリンクサービスもあり、短時間でノンストレスで移動出来ました。ヨーロッパと言えば鉄道利用のイメージが強いですが、何かと気を付けることが多く、その点、飛行機だと乗ってしまえばお世話してもらえるので気がとても楽です。今後も積極的に国内線は利用して行こうと思いました。さて、ベルリン滞在ですが、とても満足行くものでした。夜はカリーブルストとドイツビールで美味しく楽しい時間を過ごせました。

デュッセルドルフ⇔ミュンヘン 57歳女性

ドイツに住む友人を訪ねに行ってきました。まず最初の友人はデュッセルドルフに住んでおり、今回の滞在のほとんどをデュッセルドルフ中心にしたものでした。市内及び、その周辺にも観光スポットが多く、友人家族が色々と連れ出して下さったおかげでツアーでは周らないであろう観光が出来たと思います。デュッセルドルフでの1番の思い出は、ネアンデルタール博物館です。館内いたるところに蝋人形?マネキン?があるのですが、これが最初こそ奇妙でしたが、最後は愛くるしく思うようなっていました。なかなかツアーでは行かないであろうということで。さて、この旅に欠かせなかったものは、今回利用した国内線のルフトハンザ・シティラインの航空券です。デュッセルドルフからミュンヘンの国内移動の際に利用しました。実はミュンヘンにも友人が住んでおりましたので、贅沢にも友人のハシゴが可能になったのが、ルフトハンザ・シティラインのおかげです。国内線分の航空券も日本からあわせて予約しておきましたので、ドイツ滞在中の手間がなく、飛行機を利用するということで安全に短時間で移動出来たと思います。ルフトハンザ・シティラインをみたとき、正直小さな機体でしたので正直ビックリはしましたが、デュッセルドルフからミュンヘン空港までは、ほんの1時間ですし、機内が大きく揺れることも1度もなかったです。また、ミュンヘン空港から市内へは電車で簡単に繋がっておりますので、すぐに友人と再会することが出来ました。ミュンヘンでの滞在は少し短かったのですが、友人とビアホールへ行ったり、ノイシュバンシュタイン城へ訪れたりと内容の濃いものでした。ミュンヘンからは、もう一度ルフトハンザ・シティラインの航空券でデュッセルドルフまで戻り帰国しました。

ミュンヘン⇔ケルン 25歳女性

ミュンヘン滞在中に仕事でケルンへ行く際、ルフトハンザ・シティラインを利用しました。ミュンヘンからケルンまで列車で移動した場合、約4時間30分はかかりますが、飛行機だと1時間ほどで済みます。航空券の料金は倍ほど変わりませんので、ルフトハンザ・シティライの航空券を予約することにしました。ミュンヘンから空港へのアクセスはタクシー・バス・電車という方法がありますが、電車で向かいました。中央駅からは約45分で到着出来ますので、朝が早い便でも無理なく利用出来ます。チェックインカウンターでチェックインを済ませゲートへ移動し、そこからバスに乗って機体近くまで移動。そこからタラップを使ってルフトハンザ・シティラインの機内へ乗り込みました。国内線ですので、こんなもんなんでしょう。CAさんがとても上機嫌に出迎えてくれたので朝から気持ち良かったです。機内サービスとしてはドリンクサービスもありました。ケルン到着後は出迎えがありましたので、その方と車での移動でした。用事を済ませ、その日中にミュンヘンへ戻りました。その際もルフトハンザ・シティラインの航空券を利用しましたが、特に遅延することなく短時間で移動することが出来ました。夜間の移動は電車だと治安的に心配があるのですが、飛行機だと安心感が違いますね。

ルフトハンザ・シティラインよくある質問

飛行機にパソコンを持ち込めますか?

手荷物として機内へ持ち込み可能です。通信機器については使用制限がありますので、乗務員の指示に従ってください。

搭乗日を変更したい場合、どうしたらいいですか?

航空券の種類によって、変更できるチケットとできないチケットがあります。もし変更の可能性がある場合は、変更できるチケットを購入すると良いでしょう。

予定していた国内線の飛行機がキャンセルになった場合どうしたらいいでしょうか?

次の便に振替え、他社便に振替え、翌日に振替えなど対応は様々です。代替便の手続きは、空港内の航空会社カウンターで手続きしてください。

空港へのアクセスが不安です…。

利用する空港によって様々ですが、一番間違いない短時間でのアクセス方法はタクシーです。電車やバスなどタクシー以外のアクセスの場合は、宿泊ホテルや観光案内所などにたずねましょう。

【日本出発】2019/10 格安航空券
ルフトハンザ・シティラインがおトク!来月の最安値を見つけよう!!

日本出発のルフトハンザ・シティライン

【日本出発】ルフトハンザ・シティライン直行便が就航している空港はこちら。快適な空の旅をどうぞ

日本出発のルフトハンザ・シティライン直行便はありません。
他の航空会社はこちら