初めてのロシア観光で行っておくべき観光スポット12選!

画像出典:www.istockphoto.com

初めてのロシア観光で行っておくべき観光スポット12選!

世界遺産、自然遺産、そして美術遺産の宝庫 ロシア。世界4大美術館の1つエルミタージュ美術館やエカテリーナ宮殿、バレエで有名なボリジョイ劇場など、観光スポットが多すぎてどこから回っていいのか迷いそうですよね。

ヨーロッパの魅力が凝縮されたロシア観光がより充実したものになるように!初めてのロシア観光で行っておくべき12か所をご紹介します。

目次

初めてのロシア観光で行っておくべき観光スポット12選!

目次を閉じる

1.エルミタージュ美術館(サンクトペテルブルグ)

出典: Afonskaya

エルミタージュ美術館は、ルーブル美術館やメトロポリタン美術館などと並んで世界4大美術館と言われています。ここにはロシアだけでなく、ダヴィンチやルーベンスなど各国の芸術家の作品が展示・収蔵されています。

▶歴史や芸術を感じよう!サンクトペテルブルグのおすすめ観光スポット24選

ティツィアーノとレンブラントによるふたつの『ダナエ』や、ラファエロによる天井画など、見所は書ききれません。また、美術館であると同時に、宮殿でもあるエルミタージュ美術館は広大な広さ。全ての展示作品をしっかりと見て回るためには、1日や2日ではとても足りないほど。さすがロシアが世界に誇る美術館です。

それから、エルミタージュ美術館のガイドブックには書かれていない密かな楽しみ方があります。美術品を守るために雇われている『猫』が、なんと60匹以上いるのです。彼らは代々エルミタージュ美術館に住んで、ネズミから美術品を守っている立派な警備員。館内には、『猫に注意!』という看板も立てられているので、探してみてはいかがでしょう。

2.エカテリーナ宮殿(プーシキン)

出典: John Menard

皇族の夏の住まいとして使用されていた町「ツァールスコエ・セロー」(現在のプーシキン市)に、エカテリーナ宮殿はあります。エカテリーナ1世のために建設されたエカテリーナ宮殿は、現在に至るまでに大規模な改装・改築が行われました。女帝エリザヴェータの時代にバロック様式への大規模な改築が行われ、さらにエカテリーナ2世の時代には、クラシック様式への改装が行われました。

ロシアバロック様式の宮殿に足を踏み入れ、長い階段を上がると、『目覚める天使』と『眠れる天使』と呼ばれる有名な一対の彫像が出迎えてくれます。

その先にある大広間は、金色の彫刻や鏡が眩く輝きます。『鏡の間』とも呼ばれています。

エカテリーナ宮殿の数ある部屋の中でも、2003年に再現された『琥珀の間』は見ずには帰れません!壁一面が琥珀で覆われたこの部屋は、絵画のフレームまでも琥珀でできているという驚きの部屋。思わず感嘆の溜息がでてしまうでしょう。

3.バイカル湖(イルクーツク)

出典: tilpich

1996年に自然遺産に登録されたバイカル湖は、透明度・水深・貯水量の3つが世界一。夏の気温は20度程度で、快適な観光ができます。

▶バイカル湖観光の拠点、シベリア・イルクーツクの人気観光スポット33選

バイカル湖には固有の生物が多く生息しています。世界で唯一、淡水のみに生息するバイカルアザラシや、バイカルオームリという鳥など、その数1000種類以上!湖の周囲を歩いての動物観察や、バードウォッチング、そして釣りも楽しむことができます。

とはいえ、やはりここはロシア。快適な夏とはうってかわって冬はマイナス20度になることも。そうなると凍結した湖の上を歩くことができます。世界一の透明度を誇る湖バイカル湖が凍りついた姿を想像してみてください。そこに広がるのは、澄んだ水色の氷、真っ白な雪に一面を支配された美しい世界です。極寒のバイカル湖、これはどんなに寒くても見ておきたい絶景です。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ロシアでおすすめの記事

ロシアのアクセスランキング