【東京⇔大阪の移動】新幹線VS飛行機VS高速バス!運賃・サービスなどを徹底比較!

画像出典:natchan / PIXTA(ピクスタ)

【東京⇔大阪の移動】新幹線VS飛行機VS高速バス!運賃・サービスなどを徹底比較!

GoToキャンペーンバナー

日本の首都である東京と第2の都市大阪を結ぶ交通手段は数多くありますが、代表的なのが新幹線・飛行機・高速バスでしょう。1964年に4時間で東京~新大阪を結んでいた新幹線は年々スピードアップし、2時間半を切るまでに来ています。一方で飛行機は、羽田・成田~伊丹・関空・神戸に1日数十便飛んでおり、こちらも大動脈。高速バスは最も安い旅行手段として知られていますよ。

今回は、新幹線・飛行機・高速バスのそれぞれの長所・短所などの特徴を解説していきます。

※今回使用する時刻表・運賃等は2020年10月時点のものです。

目次

【東京⇔大阪の移動】新幹線VS飛行機VS高速バス!運賃・サービスなどを徹底比較!

目次を閉じる

【東京⇔大阪】新幹線・飛行機・高速バスの所要時間は?

最新のN700S新幹線

出典: tackune / PIXTA(ピクスタ)

新幹線「のぞみ」の東京~新大阪の所要時間は2時間23~30分です。「ひかり」、「こだま」はそれよりも時間を要する上、ほとんどの場合途中駅で「のぞみ」に抜かれます。ダイヤが乱れることはあまりなく、時間に正確です。

一方、飛行機は1時間10~15分で羽田と伊丹の間を結んでいます。飛行機の出発時間は飛行機が動き出す時間なので、飛行時間はそれよりも短いですよ。羽田~関空・神戸、成田~関空は1時間20分から1時間30分程度で結ばれています。ただし、15分以内の遅れは定時とみなされますので注意が必要です。

高速バスは発着地、経由地や道路状況にもよりますが、8~9時間を要します。

▼東京/羽田行きの格安航空券はこちら

【東京⇔大阪】新幹線・飛行機・高速バスの本数は?

JALの航空機

出典: natchan / PIXTA(ピクスタ)

羽田~伊丹便はJALとANAが1時間に1本ずつ、昼間は30分ずつ時間をずらしています。これにスターフライヤー等の羽田~関西、スカイマークとANAの羽田~神戸便が加わります。一方、成田からは朝晩にANAとJALが伊丹行きを4往復、LCCが関西行きを4~5往復就航させています。

本数は新幹線が他を凌駕しています。今年の春からは最大で3分間隔で「のぞみ」が走らせられるダイヤ編成になりましたが、新型コロナの影響でなかなか本領が発揮できずにいます。新幹線のメリットは待たずに乗れること。ここが最大のポイントですね。

▼新幹線ツアーの予約はこちら

最後に高速バスを見てみましょう。高速バスには昼行のもの(WILLERなど)もありますが、所要時間は9時間かかります。昼間の時間がつぶれてしまうので、寝ている時間を有効活用できる夜行バスがskyticketで予約できるものだけで10往復以上ありますよ。

▼高速バス予約はこちら

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

航空券でおすすめの記事

航空券のアクセスランキング