エミレーツ航空が成田・関空発着便の運行を再開。ドバイの現地最新情報もご紹介

エミレーツ航空が成田・関空発着便の運行を再開。ドバイの現地最新情報もご紹介

GoToキャンペーンバナー

エミレーツ航空が7月7日(火)より日本への運行を再開しました。機内や空港内での感染予防対策や、現地・ドバイの最新現地情報をご紹介します。

※こちらの情報は2020年7月15日時点のものとなります。コロナウイルスによる影響で変更となる可能性があるため、詳しいお知らせはエミレーツ航空のサイトをご確認のほどお願い致します。

目次

エミレーツ航空が成田・関空発着便の運行を再開。ドバイの現地最新情報もご紹介

機内・空港での感染予防対策

エミレーツ航空は、7月より成田空港、関西国際空港を発着する便を含めた合計52都市へのフライトを再開しました。

・感染予防対策として、乗客と直接接触する全てのスタッフは、マスク、手袋、個人用保護具(PPE)を着用しています。
・機内では密を避けるため、ともに旅行されているグループ毎に空席を設けています。
・搭乗した際にはマスクや手袋、手指消毒剤、抗菌ウェットティッシュが入った無料の衛生キットが配布されます。

また、ドバイ国際空港では、全ての入場者の手袋、マスクの着用が必須となっており、体温感知センサーを設置し、すべての人の体温を監視しています。チェックインカウンター前には2メートルごとに距離を置いた待機列を設けています。

入国時、必要なことは?

入国の際には、96時間以内に受けたPCR検査の陰性証明書の提出、もしくはドバイ空港到着時にPCR検査が必須となります。結果が陽性であった場合は施設にて14日間の隔離が求められます。
その他、有効な海外旅行保険の加入、健康申告書の提出、COVID-19 DXB アプリの登録が必須となります。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

航空券でおすすめの記事

航空券のアクセスランキング