北海道の花の名所23選!圧倒的スケールのお花畑とは!?

画像出典:mirei/PIXTA(ピクスタ)

北海道の花の名所23選!圧倒的スケールのお花畑とは!?

北海道にある花の名所、たっぷり23か所をご紹介!北海道のお花畑は、広い土地を活かしたスケールの大きいものばかり。色とりどりの花と空のコントラストは観光客を圧倒させてくれます!

北海道の花の名所では花々を楽しむだけではなく、北海道ならではの食や体験、イベントも楽しむことができるのもポイント。家族でも楽しめ、デートでも訪れたくなるでしょう。

どんな世界が広がっているのか、本記事で少し覗いてみましょう!

目次

北海道の花の名所23選!圧倒的スケールのお花畑とは!?

目次を閉じる

1.展望花畑 四季彩の丘

【北海道】美瑛四季彩の丘

15ヘクタールもの広い敷地に30種ほどの花々が咲き誇る、北海道の花の名所です。JR美瑛駅から南に向かったあたりの丘に帯のように広がるお花畑。十勝岳連峰などの山々が連なっており壮大な景色が見られ、眺望も抜群です。

5月はチューリップやポピーなどの花々、7月初旬から9月下旬頃には、ひまわりやダリヤ、コスモスの花などシーズンによって、様々な種類の花を楽しむことができます。その色とりどりの花景色は、パッチワークの丘とも呼ばれ、北海道の名所としてとても有名。夏のひまわりの頃には、辺り一面黄色の絨毯に染まります。

また、園内にはアルパカ牧場があり、エサをあげたりすることもできますよ。トラクターのノロッコ号でお花畑を1周することもでき、また違った楽しみ方もできるお花の名所となっています。

2.ファーム富田

北海道の花畑と言えば、壮大なラベンダー畑!そのラベンダーで有名なのが、北海道富良野町にある「ファーム富田」です。見渡す限り続くラベンダー畑と、北海道富良野の町並みはとても綺麗ですよ。7~8月頃には、ポピーやカスミ草などを見ることもできます。

園内には「ポプリの舎」、「香水の舎」、「ポピーの舎」などで休憩や見学ができたり、鑑賞できる場所があります。レストランもあるので花々を見ながら、ゆっくりとした時間を過ごせるでしょう。

おみやげ屋や売店も多数あり、北海道ならではのラベンダーソフトや、カットメロンを味わえますよ。休憩所もたくさんあり、雨の日でも室内で楽しめることができるので、天気に左右されることなく過ごせる花の名所です。

3.上野ファーム

上野ファーム

出典: hiro cafe / PIXTA(ピクスタ)

上野ファームは、ガーデニングの聖地「北海道街道ガーデン」の中心的存在です。北海道街道ガーデンは、旭川や富良野、十勝を8箇所のガーデンで結んだ全長約250㎞の街道。米農家が家族で庭造りを始めたことがきっかけとなり、この「上野ファーム」が誕生しました。

農場を華やかにしようと始めた庭園造りを一般の人たちにも公開し、美しい景色を共有したいという思いが、今では北海道旭川の花の人気スポットとして広まったのだとか。北海道の気候に合わせた花たちをしめる庭園で、苗を購入できる苗屋や庭園ならではのグッズを扱うショップも揃っています。

古い納屋を改装した「NAYAcafe」では、地元の素材を生かしたフードやスイーツを頂くこともできますよ。メルヘンチックな小屋やベンチもたくさんあり、英国風の世界観にひたれる花の名所です。

4.ひがしもこと芝桜公園

ひがしもこと芝桜公園

北海道で芝桜を見られる花の名所として代表的なのが、網走駅から1時間の場所にある「ひがしもこと(東藻琴)芝桜公園」です。5月中旬から6月上旬ごろ開花になると約10万平方メートルに及び、小高い丘が鮮やかなピンク一色に。まるでピンクのビロードの花の絨毯を敷き詰めたかのようです。

遊覧車に乗って丘の上にある東屋まで行くことができるので、高齢者も安心して訪れることができますよ。高台にある展望台から見る花々の景色もまた、格別であることが花の名所と言われる由縁の一つでしょう。

また、花畑の中を走るゴーカートは子供だけでなく大人にも大人気。そして、ゲートの前にも出店があるので、入場前や入場後、帰りに立ち寄り買い物もできます。年々花畑の面積が増えていくので、北海道の中でも何度も行きたくなるおすすめの北海道の花の名所ですよ。

5.かみゆうべつチューリップ公園

かみゆうべつチューリップ公園

出典: yukarin / PIXTA(ピクスタ)

約12.5ヘクタールの広大な敷地に、色とりどりのチューリップが咲き誇る「かみゆうべつチューリップ公園」。赤や黄色、白などおよそ120万株ものチューリップが花を開き、公園のシンボルになっている風車小屋がより一層オランダの風情を感じさせてくれます。

開花期間中には毎年「チューリップフェア」が開催。約10万人もの観光客が訪れ賑わいます。幼児は入場無料で、ペットの同伴もOK!(2018年10月現在)ジャグリングやストリートパフォーマンス、オランダ民族衣裳での記念撮影、屋台の食べ歩きなどお店やイベントが盛りだくさんです。

6.三島さんの芝ざくら庭園

三島さんの芝ざくら庭園

出典: YsPhoto / PIXTA(ピクスタ)

こちらは、元農家の三島さんのご好意で一般開放されている珍しい芝桜の名所。ご自宅の芝桜庭園は三島さんが手塩にかけて育てあげた芝桜の花が、約4,000平方メートルにわたり咲き誇っています。残雪の羊啼山をイメージして植えられた赤やピンク、白の芝桜のコントラストに圧倒されるでしょう。

例年の見頃は5月下旬から6月上旬ごろ。トイレの設備もしっかりあるので、安心してのんびり芝桜の花を見ることができます。2015年からは、芝桜と同じ時季に咲く菜の花を植えたことで新たに黄色も加わり、ピンクと黄色のコントラストを楽しめるようになりました。北海道で一度は訪れてみたいアットホームな花の名所ですよ。

2021年は6月上旬ごろに見頃を迎える予定ですが、最新状況に関しては倶知安町の公式ホームページや倶知安観光案内所等で確認するようにしてください。訪れる方は新型コロナの感染防止対策をとりながら安全に楽しむようご協力お願いします。

7.五稜郭公園

五稜郭公園

五稜郭は言わずと知れた観光名所であり、北海道では桜の名所としても有名です。過去には「北海道の行ってみたい桜の名所ランキング」でなんと第1位に輝いたことも。北海道の人気お花見スポットとして、毎年たくさんの観光客が足を運んでいます。

園内には約1,700本もの桜の花が植えられており、お堀の外側も内側も桜のピンク色に染まります。五稜郭タワーの高所からは、かわいい桜色の星型を眺めることもできますよ!また、お堀に浮かぶ桜の花びらは美しく幻想的です。

ボートに乗りながらお花見を楽しめるので、デートにもおすすめ。ゆったりと周りをお散歩したり、満開の桜の樹の下でお花見バーベキューをしたりと、思い思いの時間を過ごせます。夜は園内がライトアップされ、昼とは一味違った夜桜を楽しめるのも嬉しいですね。

8.北竜町ひまわりの里

北竜町ひまわりの里

出典: 100yen (CC BY-SA 3.0)

北海道北竜町に東京ドーム約5個分の広大な畑に約150万本ものひまわりの花が咲き乱れる「ひまわりの里」。敷地一面に咲くひまわりはダイナミックで、訪れる観光客を魅了します。ひまわり畑は30日以上にもわたって満開になっているので、時期を逃すことなくひまわりの花を鑑賞できますよ。

7月中旬から8月中旬にかけて開催される「ひまわりまつり」では、世界のひまわりコーナーやレンタサイクル、歌謡ショー、ビールパーティ、花火大会など一日中遊びつくせる様々なイベントが盛りたくさん。遊覧車ひまわり号やひまわり迷路は、お子様も喜んでくれること間違いなしでしょう。

9.百合が原公園

百合が原公園

札幌市の百合が原駅から歩くこと約10分。「百合が原公園」は花を楽しめる公園として、札幌市民に愛され続けている憩いの場です。外国風のおしゃれな庭園の園内には、ゆりの花以外にもチューリップやバラ、ダリアなど、3,500種類もの花が四季を通して咲き乱れます。

6月中旬から9月上旬までユリの季節。約100種類のユリが咲き誇る園内は甘い香りに包まれ、神秘的な雰囲気を漂わせています。園内には電車「リリートレイン」が走っており、綺麗な花々の景色を堪能しながら周遊できますよ。ちなみに、リリートレインは4月下旬から10月までのみ運行していますよ。

10.ゆにガーデン

ゆにガーデン

出典: YsPhoto / PIXTA(ピクスタ)

札幌から車で約1時間。「ゆにガーデン」は、総面積14ヘクタールという国内最大級の広さを誇る、本格英国風ガーデンです。園内にはクロッカスやムスカリ、桜、菜の花など様々な花が咲き誇ります。15種類ある庭園では、テーマごとに異なる体験を楽しめます。

数種類のバラが咲く「ローズガーデン」や、2人の愛を約束することのできる「ハートフルガーデン」、うさぎ小屋など、子供から大人まで楽しめるスポットが満載!カップルでもファミリーでも楽しめる、お花の名所です。

11.太陽の丘えんがる公園「虹のひろば」

太陽の丘えんがる公園「虹のひろば」

北海道で有名な花の名所と言えば、日本最大級のコスモス園「太陽の丘えんがる公園」。約10ヘクタールの広大な敷地に、1,000万本ものコスモスの花が咲き誇ります。見頃となる8月中旬から9月下旬には、様々な種類のコスモスが咲き揃い、まるで鮮やかな絨毯を敷き詰めたかのようですよ。

他にも、5月中旬から6月上旬にかけては芝桜やつつじ、チューリップなどの色とりどりの花が咲いています。公園からは山頂に広がる見晴牧場やオホーツク海を一望でき、どこまでも続く壮大な北海道の景色を眺めることができるのも魅力ですね。

公園入口には、遠軽町の町の由来にもなった「がんぼう岩」が。頂きまで登れば、遠軽町の美しい町並みを眺めることができますよ。オホーツクは乳業が盛んな地域でもあるため、ショップに売っているミルク味のソフトクリームもぜひご賞味くださいね。

12.彩香の丘(佐々木ファーム)

彩香の丘(佐々木ファーム)

「佐々木ファーム」は、知る人ぞ知るラベンダー畑。広大な丘に一面に広がる紫色のラベンダーは、水彩画のように美しい絶好の癒しスポットです。9月から10月にはサルビアが咲き、一面が赤と白と青紫の色に染まります。大雪山系が正面にどんと構えた景色は、北海道ならではの景色でしょう。

「佐々木ファーム」の魅力は、無料でラベンダー摘みの体験ができること。売店ではラベンダーソフトクリームを味わうことができ、ここでしか買えないオリジナルグッズも販売しています。ラベンダーオイルや安眠枕はお土産にもおすすめ。ゆったり癒しの時間を過ごせる穴場スポットです。

13.恵山つつじ公園

恵山つつじ公園

出典: fineestate / PIXTA(ピクスタ)

北海道函館の中心市街地から、車で約1時間のところに位置する「恵山つつじ公園」。見頃となる5月~6月には、およそ4万本のつつじが咲き乱れます。展望台からは真っ赤に染まるつつじ畑と共に海を見渡すことができ、北海道ならではの絶景を楽しめますよ。

毎年恒例の「恵山つつじまつり」では、ステージイベントや海鮮特産品の即売会なども行われ、たくさんの観光客で賑わいます。イベントの開催日はその年によって日にちが変動するので、事前にチェックしてみてくださいね。

14.いわみざわ公園

いわみざわ公園

出典: SelEle-MS (CC BY-SA 4.0)

約243種類、2万2千株ものバラやハマナスが咲き誇る花の名所「いわみざわ公園」。6月下旬から10月中旬ごろと長い期間開花しているので、気軽に立ち寄れる花の名所となっています。景色がより美しく見えるようにと、品種によって配植の仕方に工夫が施されているのが特徴です。

中心にある螺旋状の整形式ローズガーデンには、ハイブリッドティローズや、グランディフローラローズなどの豪華に咲く大輪のバラの品種が植えられています。またアーチやスタンドをつるとバラで包み、可愛らしく飾りつけられた花のアートも目に出来ますよ。

温室やレストラン、休憩所も完備されているので、長時間いても飽きずにゆったり景色を見ながら過ごせます。バラのソフトクリームの販売もあるので、見て食べてバラを楽しんでください。

15.フラワーランドかみふらの

フラワーランドかみふらの

出典: hanasanka_zyzy / PIXTA(ピクスタ)

ラベンダー、ジャーマンアイリスなど色鮮やかなグラデーションで花々が咲き誇る「フラワーランドかみふらの」。時期によっては、広大なひまわり畑を楽しむことができます。上富良野駅から車で約10分。国道の近くにあるので、アクセスはとても便利です。

丘の頂上には鐘や展望台もあり、思う存分雄大な景色を眺め自然を堪能することができます。敷地を周遊できる「遊覧トラクターバス」は、年間30万人も利用するほど大人気。足が不自由な高齢の方でも安心です。お店ではとうもろこしやカットメロンを販売しているので、食べながら休憩するのも良いでしょう。

入場料にはラベンダー摘みの料金も含まれており、心ゆくまでラベンダー摘みを体験できるのもうれしいところ。他にも様々な体験ができるので、一日中いても飽きずに過ごすことができますよ。体験は予約が必要なものもありますので、事前にチェックしておくことをおすすめします。

16.小清水原生花園

小清水原生花園

出典: Soica2001

北海道の小清水町にある「小清水原生花園」は、のどかな草原地帯に約40種類もの花々が散りばめられています。6月中旬から7月下旬が一番の見頃で、色とりどりの花々が一斉に咲き誇る様子は圧巻!特にエゾキスゲの群落は見事で、まるでじゅうたんを敷き詰めたかのような光景が広がります。

平成16年11月には、北海道民の財産「北海道遺産」にも登録されたのだとか。敷地内にはショップや食堂もあり、地元産の苺や濃厚なミルクを使ったソフトクリームを買うこともできます。大きな観光農園とはまた一味違う、小さな自然の中で楽しめる花の名所です。

17.滝野すずらん丘陵公園

滝野すずらん丘陵公園

出典: t-konno (CC BY-SA 3.0)

北海道の国営公園はここ「滝野すずらん丘陵公園」だけ。園内には地名の滝野の由来でもある「アシリベツの滝」があり、4つに分かれたエリアでは、四季折々の花を愛でることができます。秋にはコスモスフェスタが開催され、秋にちなんだ食や音楽、スポーツなど様々なイベントが催されるのだとか。

長い滑り台や小動物とふれあうことのできるゾーンは、特に子供に大人気!滑り台ではヘルメットの貸し出しも行われています。一日中思う存分景色を見て癒されたり、体を動かすこともできる花の名所です。

18.ゆりの郷こしみずリリーパーク

ゆりの郷こしみずリリーパーク

出典: ENO / PIXTA(ピクスタ)

網走駅から車で約1時間の場所にある「ゆりの郷こしみずリリーパーク」。ここでは、色や形、香りの異なるおよそ110品種・約700万輪ものユリが、色鮮やかに咲き競います。見頃は7月中旬から9月中旬。早咲きから遅咲きまで品種は様々なので、長きにわたって異なるユリを楽しめます。

園内には運転手さん付きの有料カートがあり、運転手さんがガイドや写真撮影もしてくれるので、カートに乗ってゆったりとユリの花々を見て回るのがおすすめ。小さい滑り台や休憩できるベンチもあるので、お子さんを遊ばせながらひと休みすることもできますよ。

19.十勝ヒルズ

十勝ヒルズ

出典: 中村ヴィクター / PIXTA(ピクスタ)

「北海道街道ガーデン」のひとつである「十勝ヒルズ」は、季節ごとに表情を変える草花たちが魅力。テーマを持った6つのガーデンで構成されていて、約1,000種類もの草花たちが咲いています。庭園の一角には野菜や果物も植えられていて、エディブルフラワーなど珍しい植物も目にすることができますよ。

テーマガーデンの一つ「スカイミラー」から眺める十勝平野の眺望は抜群!今ではなかなか見られない珍しい「イトトンボ」を見ることができる「とんぼ池」や、この庭園の畑で収穫した野菜を味わうことができる「ファームレストランヴィーズ」など、とにかく見どころ満載です。五感で楽しめる花の名所ですね。

20.日の出ラベンダー園

日の出ラベンダー園

出典: teturo / PIXTA(ピクスタ)

北海道上富良野駅から徒歩15分。丘陵地いっぱいが紫色に染まる「日の出ラベンダー園」では、6月下旬から8月上旬に見頃を迎えます。頂上にある展望台からの眺めは格別!遅咲きのオカムラサキという品種を中心に咲いているので、少し出遅れても北海道ならではのラベンダー畑を見ることができます。

展望台の前には「愛の鐘」があり、北海道を訪れる観光客に人気の撮影スポットでもあるのだとか。毎年7月には「かみふらの花と炎の四季彩まつり」が開催され、様々なイベントが行われます。行灯パレードや花火大会、キャラクターショーもあるので、開催期間中を狙って北海道へ行くのもおすすめです。

21.大空町ひまわり畑

大空町ひまわり畑(北海道網走)

出典: yuukun / PIXTA(ピクスタ)

こちらはなんと、10月頃まで花を咲かせているひまわり畑。秋の涼しい風を感じながら見るひまわり畑は、真夏の太陽に照らされたひまわり畑とはまた違う雰囲気を楽しませてくれます。開花時期も7月下旬と早いので、もちろん真夏のひまわりも楽しむことができますよ。

7月~10月と長い期間にかけて咲いているのもうれしいポイント。夏と秋にそれぞれ見に行ってみるのも良いですね。女満別空港から近いこともあり、ひまわり畑と飛行機を一緒に写真に収めようというカメラマンの姿もちらほら。ひまわり畑の上を飛行機が飛び立つ写真は、カメラマンじゃなくても思わず撮影したくなりますよ。

22.フラワーパーク「花夢(カム)」/にしおこっぺ道の駅

にしおこっぺ花夢

上興部地区にある道の駅には、約6ヘクタールのフラワーパーク「花夢」が併設されています。4月~10月の半年間にかけて約400種類もの花を見られる「花夢」は、北海道の穴場スポットとして有名です。春に咲く芝桜は、あたり一面がピンク色に染まってとても可愛らしいですよ。

道の駅に併設されているので、休憩所で景色を眺めながらアイスクリームや軽食を頂けるのが魅力。ドライフラワーや押し花を楽しめる「花工房」や、草木染めができる「染工房」、アイスクリームを作ることができる「食工房」など、体験工房が充実しています。

屋外にはジャンボ滑り台や親水場所もあるので、お子さん達も元気いっぱい楽しむことができますよ。北海道の隠れた花の名所として、ぜひ訪れてほしいおすすめの場所です。

23.芽室公園花菖蒲園

芽室公園花菖蒲園

出典: ookinate23 / PIXTA(ピクスタ)

早咲きから遅咲きまで、約610種25,000株もの花菖蒲が次々と咲く「芽室公園花菖蒲園」。約3ヘクタールの敷地には、花菖蒲のほかに16種のへメロカリスも咲いていて、こちらもまた見事です。園内には東屋や木陰にベンチがあるので、ひと休みしながらのんびり鑑賞することができますよ。

夜はライトアップされるので、昼とはまた違った幻想的な景色を見ることができますよ。

毎年7月には「イリス・フェスタ・インめむろ」というお祭りを開催。花菖蒲が咲き誇る中で、お弁当やお菓子の販売やイベントなどを催しています。会場限定販売のイリス饅頭はここでしか食べることのできないので、ぜひこの機会にぜひご賞味ください。オープニングセレモニーでは、切花の無料配布も行っています。

◎まとめ

北海道ならではのダイナミックなスケールの花畑は、見に行けば圧倒されること間違いなし!美しい花々を鑑賞するだけではなく、北海道の名産品が使われた北海道ならではの食べ物やスイーツを味わえたり、北海道ならではの様々な体験もできるので充実した観光ができるでしょう。ぜひ北海道の花の名所を訪れて、癒しの時間を過ごしてみてくださいね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

北海道でおすすめの記事

北海道のアクセスランキング