フライビー 格安航空券情報

フライビー ロゴ

フライビー

Flybe

フライビー

画像の出典元:Mark Harkin

フライビーの詳細情報

航空会社名 フライビー 主な主要路線

-

公式サイト http://www.flybe.com/ チェックインカウンター

-

設立年 1979 主な就航都市 イギリス国内線のほか、パリ、リヨン、ローマ、ミラノ、ベネチア、マドリッド、アムステルダム、ベルリン、チューリッヒ、ソフィア(ブルガリア)など、ヨーロッパ約90都市に就航
アライアンス

-

マイレージプログラム Avios points(Rewards4allは終了)

フライビーの感想・口コミ

フライビーの写真投稿

ico-campaign-titleフライビーの特徴

1イギリス国内線とヨーロッパ最大の路線数をもつ大手航空会社

Flybe(フライビー)はイギリス、エクセター国際空港に本社を置くイギリスの大手航空会社。イギリス国内線で最大のシェアを占めるとともに、ヨーロッパ主要都市への路線を就航しています。1979年にジャージー・ヨーロピアンエアウェイズとして運航をスタート。合併や提携などを経て、2002年に社名を「Flybe」に改名しました。2010年にはロンドン証券取引所へ上場。現在ではイージージェット、ライアンエアなど抑え、ヨーロッパ最大の路線数を持つ航空会社になりました。

23種類のチケットとオプションから自由に選べます!

国内線最大のシェアを誇るFlybeは、イギリスの大手LCC(格安航空会社)として評価されています。料金設定はほかの格安航空会社より少し高めのイメージですが、機内サービスは充実。シンプルでお得な航空券からほとんど全て含まれた航空券まで3種類用意されています。最も手頃な「Just Fly」は機内食やドリンク、受託手荷物、座席指定料など全て有料ですがお得な航空券。ほかに、23kgまでの受託手荷物1個と座席指定料金などが含まれた「Get More」、合計46kgまでの受託手荷物2個と無料の軽食・ドリンクなども含まれた「All In」から、ピッタリなものを選択できます。機内持ち込み手荷物1個、ラップトップやハンドバッグのような座席下の荷物、Avios pointsは全ての全ての航空券プランに含まれています。各チケットに好きなオプションを追加することができて、予算や好みで自由に選択できる魅力的な航空会社です。

ico-pricelist-titleフライビーの受託手荷物・機内持ち込み手荷物について

受託手荷物

受託手荷物の規定についてはフライビー公式サイトよりご確認ください。

受託手荷物について


機内持ち込み手荷物

機内持ち込み手荷物の規定についてはフライビー公式サイトよりご確認ください。

機内持ち込み手荷物について

フライビーの利用者の声

ミラノ⇔バーミンガム 20代男性

ミラノで暮らしています。イギリスはロンドンしか行ったことがなかったので、秋の休暇に第2の都市であるバーミンガムへ観光旅行に行ってみることにしました。早速インターネットで格安の航空券を探したら、Flybeの航空券がヒット。Flybeはイギリスの大手LCCだと思っていたのですが、ミラノ発着の便もあったんですね。どの時間のフライトでも航空券の値段がほとんど変わらなかったので、10時半ごろ出発の便を予約。おかげで朝食を済ませてからマンションを出ることができました。フライトは約2時間。乗った飛行機はエンブラエルE-175という小さめのジェット機でした。昼食はバーミンガムでとる予定にしていたため、機内食もドリンクもスルー。CAさんと話すことがないまま、ほぼ予定の時間に着陸しました。バーミンガムは歴史ある建物が多くて良かったですよ。逆に図書館やブルリングというショッピングセンターなど、斬新なデザインの建物も見る価値ありです。ジョニー・デップが主演した映画『チャーリーとチョコレート工場』のモデルになった工場を見学したり、公園や運河を散策したりしてとても楽しめました。写真をたくさん撮り、想い出がいっぱいできた初バーミンガムへの一人旅はとても満足。でももっと時間があれば、博物館や美術館を巡ったり、シンフォニーホールや劇場にも行ってみたかったので、またFlybeの格安航空券をチェックしておこうと思います。

マンチェスター⇔アバディーン 40代女性

夫の転勤でマンチェスターに来て約半年。お蔭様で友達もたくさんでき、楽しく暮らしています。友達とランチを食べながら、休日をはずせば安い航空券が買えるよね、という話になり、一緒に格安航空券をネットで検索。そこで見つけたのが、Flybeという航空会社のスコットランド・アバディーン行きの格安航空券でした。思っていた半額ほどの金額だったので、すぐに購入。Flybeの航空券を買ってから、観光ポイントを調べて、ホテルを予約しました。これも、安い航空券だからこそできること。フライトは1時間ちょっとだし、電車やバス感覚です。出発当日は、Flybeのプロペラ機に搭乗してほぼ定刻に離陸。手続きはとてもスムーズでした。Flybeの機内で有料のドリンクを購入しましたが、そんなに高くなかったのでおすすめですよ。飲み物を飲みながら友達と話してると、もう到着。本当に近かったですね。お城など観光して、グルメも満喫!1泊だけの旅でしたが、往復ともFlybeの格安航空券を利用してお得に楽しめました。CAさんはフレンドリーで話しやすかったし、フライトに関しても特に問題ありませんでした。Flybeの格安航空券はプチ旅行にピッタリですよ。

ダブリン⇔サウサンプトン 30代男性

アイルランドの首都ダブリンに住んでいます。同僚と一緒に、タイタニック号が出港したことで知られるサウサンプトンへの旅行を計画。早速、同僚がイギリスでメジャーなLCCであるFlybeの航空券をネットで予約してくれました。フライト時間は約1時間20分。2泊3日の小旅行だから、荷物はそんなにないだろうということで、Flybeの一番シンプルで安い航空券を購入。航空券は安い方が良いので、朝の8時半すぎに出発する便に決めました。チェックインはFlybeのサイトからオンラインで済ませていたので、チェックインカウンターに並ぶこともなく楽でしたね。搭乗したFlybeの飛行機はプロペラ機で小さめでしたが、機内は思ったよりもきれいで快適。リクライニングができないシートでしたが、短時間なので問題ありません。ドリンクは有料なので頼みませんでしたが、CAは気持ち良く応対してくれましたよ。サウサンプトンではクルーズを楽しんだり、演劇を観たり、のんびり観光旅行を満喫しました。帰りもFlybeの飛行機を利用しましたが、うつうつしてたらあっという間にダブリンに到着。またFlybeの航空券を利用して、いろんな場所に旅行してみたいと思います。

フライビーよくある質問

有料の軽食やドリンクには、どんなものがありますか?

パンは1個あたり約2~3ポンド、サンドイッチやヌードルは3~6ポンドほどです。スナックやお菓子はバラ売りから詰め合わせまでいろいろ揃っているので、お好みでどうぞ。ソフトドリンクは1.5~3.75ポンド、アルコールは4.7~9ポンドほどで多種類用意されています。詳しいメニューや金額は、公式サイトに用意されているPDFファイルで事前に確認できます。

チェックインできる時間は?

空港・ルート・機材などによって異なる場合がありますが、基本的にチェックイン時間は次のように決められています。混みあう場合もございますので、できるだけ余裕を持ってチェックインカウンターに行くようにしましょう。

【国内線】
受託手荷物がある場合は出発予定時刻の2時間前から30分前まで(ロンドン・ヒースロー空港とキャンベルタウン空港から出発する場合は60分前まで)、ない場合は2時間前から20分前まで(LoganairとBlue Islandsが運航するフライトでは30分前、ロンドン・ヒースロー空港からは45分まで)。

【国際線】
受託手荷物がある場合は出発予定時刻の2時間前から60分前まで、ない場合は2時間前から45分前まで。

オンラインチェックインはできますか?

出発時刻の36時間前からオンラインチェックインが可能です。また、Eメールによる自動チェックインシステムを選択可能なフライトもあります。自動チェックインの場合は、出発時間の36~15時間前にEメールにて搭乗券を受け取ることができます。

機内エンターテイメントについて教えてください。

機内エンターテイメントはありませんが、機内雑誌『Flight Time』が各座席に用意してあります。

【日本出発】2019/12 格安航空券
フライビーがおトク!来月の最安値を見つけよう!!

日本出発のフライビー

【日本出発】フライビー直行便が就航している空港はこちら。快適な空の旅をどうぞ

日本出発のフライビー直行便はありません。
他の航空会社はこちら