全日空の航空券とホテルのパッケージ予約

全日空の航空券+ホテルの同時予約のダイナミックパッケージツアーを格安でお申し込みいただけます。
全日空の航空券とホテルをそれぞれ別でご予約いただくよりも、セットでまとめて予約することができ、またパッケージツアーが限定価格でお求めいただけて、手続きも簡単です。

全日空の感想・口コミ

全日空について

全日本空輸(ANA)でご旅行へいくならスカイチケットのダイナミックパッケージのホテル+航空券が便利でお得です。24時間いつでもオンラインで全日本空輸(ANA)のダイナミックパッケージプランのご予約が可能。贅沢な高級ホテルから格安な宿泊施設など、お好みのホテルを選択したら全日本空輸(ANA)の航空券をプランに合わせて選ぶだけ!迷ってもおすすめのホテルや格安な航空券を簡単な操作で比較・検索することができるので、料金プランを選んで後はネットで予約・支払いをするだけ。スカイチケットのダイナミックパッケージは全日本空輸(ANA)で行く皆さまの旅をサポートします。全日本空輸は日本の大手航空会社で、会社の規模は日本航空に次いで国内第2位の規模を誇ります。フルサービスキャリアであり、成田国際空港・東京国際空港・関西国際空港・大阪国際空港をハブ空港としています。全日本空輸はスターアライアンスに加入しており、海外の提携航空会社を利用した際もマイルを貯めることができます。マイルの他にも、上級会員であれば海外の提携航空会社の空港ラウンジを利用することが可能です。全日本空輸ではエアバスとボーイングの両方の航空機メーカーの機材が運行に充てられ、ハワイ線では世界最大のA380型機が投入されています。ハワイ線に投入されているA380型機の座席数は520席で、日本の航空会社が運行する機材では最大の有償座席数です。これに加えて、4クラス制(ファースト・ビジネス・プレミアムエコノミー・エコノミー)で世界最多有償座席数となっています。A380型機以外にも、ボーイング737・767・777・787やエアバスA320・A321などの機材も国際線・国内線で運行されています。機内のシートクラスですが、国内線はプレミアムクラスと普通席の2クラス制です。国際線は、ファースト・ビジネス・プレミアムエコノミー・エコノミーの4クラス制です。全機種でビジネスとエコノミー席が設けられていますが、機種によってはファーストとプレミアムエコノミー席が設定されていない場合があります。全日本空輸では機内WiFiサービスが提供されていて、飛行中に機内で手持ちのスマホ・タブレット端末・ノートPCでインターネットを利用することができます。国内線の機内WiFiサービスは無料で、一部の旧型機(B737-700・B737-500・A320)以外のほとんどの機種が対応しています。国際線では一部のB767-300とB777-300型機で機内WiFiサービスが有料で提供されており、通信料金ごとに3種類のプランから選ぶことが可能です。ただし、ファーストクラスに登場する場合に限り無料で、客室乗務員から配布されるスクラッチカードのパスワードを入力して接続します。全日本空輸はフルサービスキャリアなので、国内線の機内で提供されるソフトドリンクは無料です。ただし、国内線ではアルコール類が有料となります。国際線と長距離の一部の国内線では機内食または軽食が提供されますが、これらも運賃に含まれているので追加料金は不要です。一部の長距離国際線で日本を出発する便に限り、エコノミーとプレミアムエコノミー席利用者向けにワンランク上の有料機内食のサービスが提供されていて、料金は2,500円です。エコノミーとプレミアムエコノミー向けの有料機内食を希望する場合は、チケットを購入する時に予約をする必要があります。全日本空輸では機内に持ち込める手荷物の個数・サイズ・重量の上限に制限が設けられていて、上限を超える場合は貨物室に搭載してもらう必要があります。機内に持ち込める手荷物の個数は1人につき1個で、サイズは縦・横・高さの3辺が55cm×40cm×25cm以内となっています。ただし、定員が100名以下の小型機の場合は45cm×35cm×20cm以内に制限されます。カメラ・傘・手提げバッグなどの身の回り品は手荷物としてカウントされませんが、手荷物と身の回り品の総重量の上限は10kgです。機内に手荷物を持ち込む場合は離陸前に頭上の荷物入れまたは椅子の下の収納スペースに入れておく必要があり、足元の床や空席に置くことはできません。荷物を受託する場合は出発前に空港で預ける必要がありますが、国内線であれば1人あたり普通席で10kg、プレミアムクラスで20kg分(縦・横・高さの3辺の合計が203cm以内)までが無料です。この制限を超える場合は追加料金が発生しますが、機種ごとに長尺の荷物の制限が設けられています。一部の小型機では180cmに制限されているので、スポーツ用品などを運ぶ場合は事前に確認をする必要があります。国際線で無料で預けることができる荷物のサイズは1個あたり3辺(縦・横・高さ)の合計が158cm以内で、重量や個数はシートクラスごとに異なります。エコノミー・プレミアムエコノミー席は1個あたり23kg以内で合計2個まで、ビジネスクラスは1個あたり32kg以内で2個まで、プレミアムクラスは1個あたり32kg以内で合計3個となっています。この制限を超えると、超過手荷物料金が発生します。超過手荷物料金は空港ロビーのほかに、航空券を購入する際に支払うことも可能です。

以下の地名のリンクをクリックすると空港の詳細情報が表示されます

全日空 直行便で行く  成田空港 出発

全日空 直行便で行く  関西国際空港 出発

全日空 直行便で行く  羽田空港 出発

全日空 直行便で行く  ロサンゼルス国際空港 出発

全日空 直行便で行く  ソルトレイクシティ国際空港 出発

全日空 直行便で行く  ビクトリア国際空港 出発

全日空 直行便で行く  ミネアポリス・セントポール国際空港 出発

全日空 直行便で行く  ウィーン国際空港 出発

全日空 直行便で行く  シアトル タコマ国際空港 出発

関連記事はこちら!

航空会社別 ダイナミックパッケージを探す