最安値 航空券

  • 名古屋(中部)発
  • 名古屋(中部)着

※価格は在庫状況により変動します。また、価格はお申込時に別途手数料が加算されます。

名古屋(中部)空港の案内特集


おすすめのレストラン

味仙

味仙

名古屋名物の元祖台湾ラーメンをどうぞ

50年続く人気店。深い旨味と辛味がやみつきになります。なお、辛さは調節できるので辛いのが苦手な方も安心です。

画像出典: centrair.jp

焼肉トラジ

焼肉トラジ

和洋折衷の新感覚コリアンダイニング

焼肉をはじめ、韓国料理をお楽しみいただける焼肉トラジ。美味しい上に、コスパの高さが旅の道中に嬉しい。

画像出典: centrair.jp

海上楼

海上楼

飛行機を見ながら本格中華を堪能

開放感あふれる中華料理屋さん。飛行機の見えるスカイデッキにて非日常をお楽しみください。夏はビアガーデン開催。

画像出典: centrair.jp

とんこつらーめん麺達

とんこつらーめん麺達

体に優しいとんこつラーメンお試しあれ

豚骨ラーメンでありながら、394kcalのヘルシーな一品。女性でも気軽に食べやすいのが嬉しいポイント。

画像出典: centrair.jp

お食事処「風々茶屋」

お食事処「風々茶屋」

旅のしめくくりには名古屋めしで決まり

お手頃な価格設定の名古屋めしは大人気。併設されている眺めの良いお風呂も最高。時間に余裕を持ってご来店下さい。

画像出典: centrair.jp

海転寿司丸忠

海転寿司丸忠

少し贅沢な回転寿司で旅の思い出に

混雑が予想される空港内では、待ち時間が少ないのが嬉しい。こだわりのネタは新鮮で季節にそって提供されます。

画像出典: centrair.jp

周辺の観光地

名古屋城

名古屋城

金のシャチホコを筆頭に、名古屋の観光名所No.1とも言える名古屋城。由緒正しいお城ですが、昭和20年には空襲により被害を受けました。再建され、復元されたため、現代的な印象を受けるかも知れません。しかし、今では日本100名城に選ばれた程の人気ぶりです。空襲での被害が間逃れた門や蔵、障壁画は今も健在で、重要文化財として選ばれました。特に有名なのは狩野派の絵師による作品、竹林豹虎図。城内の1Fから5Fでは名古屋城に関する展示を見ることができます。名古屋に訪れた際にはぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか

画像出典: flickr.com

comet08

名古屋市科学館

名古屋市科学館

名古屋の中心部に位置する名古屋市科学館。ギネス認定された360度プラネタリウムは大人気です。プラネタリウムをご利用の際は予約システムで時間を有効に使うことができます。しかし、それ以外にもクイズや体験できるコーナーが多数あります。科学の知識がない子どもはもちろんですが、大人も一緒に楽しめること間違いありません。テーマは科学や地球、生命、人体など幅広く展開されています。夏休みの宿題のヒントが見つかるかも。また、名古屋市科学館室内のために天気のせいで予定変更する心配がないのは嬉しいポイントです。

画像出典: flickr.com

極地狐

熱田神宮(あつたじんぐう)

熱田神宮(あつたじんぐう)

名古屋を代表する神社と言えば、熱田神宮。名古屋という大都市にありながら、木々に囲まれています。熱田神宮ではゆったりとした時間が流れ、まるで異空間にいるかのように感じさせます。特に、樹齢1000年を超える大楠(クスノキ)は神宮のシンボルとなっています。荘厳な雰囲気は昔から変わらず、今でも名古屋市民の心の故郷として愛され続けています。また、暑さを感じさせないため夏の避暑地として最適です。また、パワースポットとしても知られ、恋愛運と人間関係運に良く効くとのこと。名古屋観光の際にはぜひお立ち寄り下さい。

画像出典: flickr.com

Bong Grit

東山動物園

東山動物園

名古屋市地下鉄東山線の東山公園駅を降りて歩いてすぐにある東山動物園。とにかく口コミの評判がとても良く、大人気です。東山動物園には動物園、植物園、遊園地、東山スカイタワーと見どころ満載。また、春のお花見や秋の紅葉のライトアップは従来の動物園の概念を覆します。さらに毎年夏に開催される期間限定のナイトズーはユニークな試みとして話題になりました。日中見る動物たちとはまた違った姿をお楽しみいただけます。このように様々な企画があり何回も訪れる方が多いのだとか。その際は年間パスポートがお得です。

画像出典: flickr.com

Emran Kassim

名古屋港水族館

名古屋港水族館

国内でシャチを見ることの出来る貴重な名古屋港水族館。まず、入口付近にある巨大水槽には入ってすぐ心を奪われます。そこでは、まるで自分が魚になり海中の世界を見ているかのよう。さらに、水族館の代名詞であるダイナミックなイルカのショーは欠かせません。夏は、前の方に座って水をかぶるのが醍醐味ですが、タオルを持参されることをおすすめします。名古屋港水族館の素晴らしいところは、時期によっては期間限定の特別展も開催されているところ。何度行っても飽きない名古屋港水族館では年間パスポートがお得です。

画像出典: photozou.jp

ナゴヤドーム

ナゴヤドーム

今では中日ドラゴンズの本拠地として使われている、ナゴヤドーム。真夏でも冷房の効いた球場で優雅に観戦できるのが魅力です。約4万人を収容でき、イベント時には大変な盛り上がりを見せます。本来は、野球観戦の場所としてで有名ですがその他にも多数の音楽ライブやイベントまで開催されており、幅広い用途が魅力の一つです。さらに、ドーム付近にはショッピングモールがあり、待ち時間に暇を持て余す心配はありません。ナゴヤドーム限定グッズもお見逃しなく。なお、駅からは少し歩くため、ゆとりを持ってお越しください。

画像出典: flickr.com

GD0084

アクセス

アクセス手段 所要時間

りんくうICから2分
半田中央ICから8分

バス

藤が丘から55分
東名豊川から1時間15分

電車

名鉄名古屋駅から中部国際空港駅まで28分
名鉄金山駅から中部国際空港駅まで24分
※ミュースカイご利用の際

駐車場

営業時間 収容台数

24時間営業

公式HP:http://www.centrair.jp/access/parking/charge.html

5,800台

種別 料金
普通車

300円/1時間(30分以内は無料・1日最大1,500円)

二輪車

100円/1時間(30分以内は無料・1日最大500円)

大型車

1,000円/1時間(30分以内は無料・1日最大5.000円)

設備・サービス