1. トップ
  2. オセアニア
  3. オーストラリア
  4. ワガワガ

ワガワガの概要

ワガワガ

画像の出典元: en.wikipedia.org

人口-
都市コードWGA
人気の航空会社
  • カンタス航空
飛行時間11~13時間
ワガワガ発の航空券情報はこちら

ワガワガまでは飛行機でおよそ11~13時間で行くことができます。ワガワガの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてワガワガ旅行を有意義に楽しみましょう。

ワガワガ行きの最安値を比較

オーストラリア国内からのワガワガ行き 最安値を比較

芸術と自然がひしめき合う「ワガワガ」

オーストラリア・ニューサウスウェールズ州に属し、同州内陸部の都市としては最大規模を誇ります。ワガとはアボリジニの言葉で鳥という意味。シドニーとメルボルンという二大都市の中間に位置するワガワガには、オーストラリア最大の映画館があるほか、リバリーナ博物館などのアーティスティックな施設も充実しています。そんな近代的な一面を兼ね備えるワガワガですが、最大の魅力はなんといってもその雄大な自然。広大な砂浜を形成しているマランビジー川は、アウトドアに最適です。暖かくなると多くの人々がバーベキューやスイミング、ピクニックなどを楽しみに訪れます。また、アルバート湖や市内の公園にはレクリエーション施設が設置されていたり、ワガワガ植物園では椿の庭など美しい景色を堪能することができます。

ワガワガの歴史

もともとはオーストラリアの原住民アボリジニの居住地だったワガワガでしたが、1832年に牧場が開墾されたことをきっかけに発展。1849年に正式にタウンとして認定されました。その後、第二次世界大戦でキャンプ地になったことで街は再び発展し、戦後も防衛拠点としての成長を続けていきます。1993年には世界で最初にロータリー平和を宣言。その記念碑がベストストリートに建てられています。

ワガワガの経済

主産業は小売業です。ワガワガでは国内チェーン店を含む小売店を多く展開。州最大の都市ということもあって、ショッピング施設も充実してます。また、防衛軍の基地があることも経済を豊かにしている要因のひとつです。広大な土地を利用して陸軍から空軍まで収容しています。

ワガワガ行きの格安航空券について

日本からワガワガへの直行便はありません。一般的にはシドニーやメルボルンからオーストラリアの国内線を利用します。カンタス航空なら航空券も比較的安く、移動時間も短縮できるでしょう。さらに価格を抑えるなら、ジェットスターなどのLCCを利用するプランもあります。ただ、便によっては自己乗継となる場合もありますので、予約の際は価格も含めた確認が必要です。

ワガワガの気候

温暖湿潤気候に属しているワガワガ。日本同様に四季が存在し、夏は暑く乾燥し、冬には寒い日が続きます。降水量は年中ほとんど変わらず、比較的雨の日が多いです。オーストラリアは紫外線が強いため、いずれの時期でも日焼け止めクリームや長袖を羽織るなどして肌を保護しましょう。

ワガワガの主な交通手段

ワガワガの主な交通手段

画像の出典元: commons.wikimedia.org

鉄道が整備されているため、ワガワガからシドニーやメルボルンへの移動にはNSW鉄道の利用がおすすめです。1日2回のみの運行なので、事前に時刻表を確認してから観光の計画を立てると良いでしょう。また、郊外へはバスも運行していますが、日曜・祝日は運行していないため注意してください。

ワガワガ行き航空券利用者の声

羽田⇔ワガワガ 24歳女性

前にシドニーには行ったことがあったのですが、オーストラリアのカントリーサイドも観光したくて、格安航空券のサイトで航空券を買いました。飛行機はカンタス航空だったと思います。当日は、羽田からシドニーまで行きました。3人で行く予定で待ち合わせたのですが、一人だけなかなか来なくて、先に航空券をもらいました。なんとか間に合って搭乗口まで行ったときには最終案内のコールをしているところでした!
飛行機に乗ると羽田空港をぐるぐる回ってから、離陸しました。いくつか滑走路みたいのがあったので、意外と羽田って広いんだなと感じました。
シドニーまでは、10時間かそこらあったと思いますが、友達3人でおしゃべりしたり、音楽を聞いたりしてたら、いつの間にかオーストラリアが近づいていました。びっくりです。シドニー空港からワガワガという町まではバスで行きました。空港の近くでチケットを買って、ワガワガ行きに乗り込みました。荷物があるときは電車よりバスの方が楽です。
ワガワガへ行く途中は、もっと荒々しい光景をイメージしていたのですが、とことどころに町らしきものもあって、意外と普通でした。ワガワガではのんびりした雰囲気の中、観光を楽しんだり、ご飯を食べて郊外のオーストラリアを楽しみました!

成田⇔ワガワガ 32歳男性

上海で知り合ったオーストラリアの友人から情報を得て、ワガワガという町に留学することになりました。ジェットスター航空の格安航空券を入手し、準備も万端です。成田からシドニーまでのフライトで12時間かかります。出発当日は、成田空港でジェットスター航空のカウンターに行き、予約した航空券を受け取ります。さらっと荷物検査をパスして、搭乗口をチェックします。搭乗時間までは小一時間あったので、しばらくブラブラしてから、コーヒーを飲みながら本を読んで待っていました。
成田から飛行機が離陸する前に恒例の機長あいさつを聞いて、日本を後にしました。シドニーというか南半球へ行くこと自体、初めてだったので、ある意味新鮮でした。ジェットスター航空は日本の航空会社ですが、オーストラリアへ行くときは機内食は洋風です(各自で購入)。シドニー空港では、留学先があっせんしたドライバーと待ち合わせです。少しウロウロしていると、自分の名前が書かれた英語の紙を掲げている人がいたので、自己紹介をして車に乗りました。道中はけっこう快適でした。日本が春のときにいったので、真逆の季節のオーストラリアは秋でした。ワガワガまでは、ひたすら周りの景色を見て楽しんでいました。

福岡⇔ワガワガ 27歳女性

ホームステイでワガワガ(オーストラリア)へ行くので、タイ国際航空の格安航空券を買いました。福岡の空港で航空券を受け取るあたりから、気分はオーストラリアなのに周りはタイ人ばっかで変な感じでした。というのも、バンコク経由のフライトがかなりお手頃価格だったからです。もちろん機内食もタイっぽい感じの料理でした。反対にシドニーに向かうときは、がっつり系でした。時間はかかりますが、2カ国分の料理を味わえるという魅力もあります。トランジットでは経由地の空港で退屈しないよう本などを持っていくのもポイントです。スマホばかりいじっていると、肝心なときに電池切れになるので…。
バンコクからシドニーまでもけっこうあったので、2,3本映画を見られた気がします。なんとなく日本の下にあるから近く感じますが、飛行機だとヨーロッパへ行くのと変わりません…。シドニーからワガワガまではバスで行きました。最初、バスのチケット売り場がわからなくて何度も係の人に聞きました。キャンベラ行きはたくさんあるんだけど、ワガワガを通るバスは少ない…。
ワガワガは思ったより遊びがあって楽しめました。日本に帰国する飛行機の中では、ホームステイ先の家族を思い出して、1週間の滞在を振り返っていました。また、行ってみたいです!

ワガワガ旅行 よくあるFAQ

花粉症です。出国審査ではマスクを外すのですか?

はい。顔を確認するので、マスクやサングラス、帽子などもとるといいでしょう。

パスポートはどこで手に入れるのですか?

各都道府県にあるパスポートセンターで申請し、6日間ほどで発給されます(土日祝日などは含まない)。

パスポートはいつ使うのですか?

空港内のカウンターで航空券を受け取るとき、出国審査および入国審査で使用します。また、海外にいる間は身分証明書となるので、ホテルなどで使用する場合もあります。

出国審査では英語は必要ですか?

特にいりませんが、できた方が便利でしょう。