1. トップ
  2. アジア
  3. マレーシア
  4. ペナン

ペナン行きの飛行機・航空券を検索

ペナンの概要

ペナン

画像の出典元: iStock

人口-
都市コードPEN
人気の航空会社
  • シンガポール航空
  • スクート
  • キャセイパシフィック航空
飛行時間7~10時間

ペナンまでは飛行機でおよそ7~10時間で行くことができます。ペナンの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてペナン旅行を有意義に楽しみましょう。

ペナン行き航空券の最安値を比較

マレーシア国内からのペナン行き 最安値を比較

リゾート地から垣間見える異文化「ペナン」

マレーシアのマレー半島北西部に位置する都市・ペナン。ビーチリゾートとして有名ですが、寺院やゴルフ、マリンスポーツ、バティック体験など、幅広いアクティビティに富んだ町でもあります。また、マレーシア屈指の「食い倒れの町」としても知られており、中華やインド、ニョニャ料理など、異国文化が根強く残るマレーシアならではの食事が楽しめます。そんなさまざまな魅力を兼ね備えているペナンは、マレーシアの中でもホテル施設やサービスが充実していると評判です。国際的なチェーンホテルも多く、観光客それぞれのニーズに合わせた幅広い宿泊施設が揃っています。

ペナンの歴史

ゴムと錫産業が栄えていた時期に植民地として発展。その後も第二次世界大戦が起こるまで繁栄が続きます。しかし、1941年から1945年は日本がペナン島を統治。そうして繁栄の時代は幕を閉じました。膨大な爆撃を受けたにも関わらず、重要な歴史的建築物や遺跡はペナンの町に姿を残しています。現在、その歴史と豊かな多国籍文化を感じに訪れる観光客も少なくありません。

ペナンの経済

マレーシア国内で2番目に大きな工業地帯。特に、ペナン国際空港が位置するバヤンレパス一帯で盛んです。1970年代に自由産業地区が確立され、日立やクラリオン、ボッシュ、インテル、ヒューレットパッカード等の海外大手企業の誘致に成功。それ以降、電子・電機を主とした産業が発展しています。

ペナン行きの格安航空券について

最寄りの空港は「ペナン国際空港」です。日本から直通の便は就航しておらず、クアラルンプールやバンコク、シンガポールでの乗り継ぎが一般的。航空券がお得なのは、エアアジアXを利用して、クアラルンプール経由でのアクセスです。また、短時間でアクセスしたい方には、キャセイパシフィック航空を利用し、香港を経由する航路をおすすめします。

ペナンの気候

赤道近くに位置するため、1年を通して温暖な気候で、気温の変化も少ないです。それと同時に高温多湿な気候でもあり、特に9月と10月には大量の雨が降ります。1日中雨が降り続くことは少ないものの、海の透明度が下がるためダイビングには適さない時期だといえるでしょう。なお、旅行のベストシーズンは乾季にあたる12~3月。服装は日本の夏同様、薄着で過ごすことができます。しかし、ショッピングモールやレストランなどの室内は冷房が効いているため、羽織りがあると便利です。

ペナンの主な交通手段

ペナンの主な交通手段

画像の出典元: shankar s.

ペナン観光なら、料金が安くて便利な「ラピッド ペナンバス」がおすすめです。ただし、お釣りが出ないので小銭を用意しておきましょう。乗り場はフェリーターミナルに隣接している「ジェッティバスターミナル」と、ランドマークのコムタタワーに隣接する「コムタバスターミナル」です。そのほかにも、タクシーやレンタカーなどの交通手段がありますが、タクシーはマレーシアの首都クアラルンプールに比べて割高。メーターがないタクシーもあるので、交渉に手間取ることもあります。乗車の際は料金確認をしっかり行った方が安心です。

ペナン行き航空券利用者の声

ペナン旅行 よくあるFAQ

Q:ペナンに空港がいくつありますか?

A:ペナン島の都市、ジョージタウン近郊に「ペナン国際空港」があります。

Q:ペナンの有名な観光スポットを教えてください

A:ペナンには島の歴史を楽しめる観光スポットが多くあり、中でも英国領時代の遺跡である「コーンウォリス要塞」が旅のスタート地点としても人気です。

Q:ペナンへはどのような航空会社が運航していますか?

A:マレーシア航空、エアアジアなど国内の航空会社のほか、アジア各国の航空会社が運航しています。

Q:ペナンへの直行便がありますか?

A:日本からは成田からの直行便が全日空より出ています。

Q:ペナンの治安は?気を付けた方がいいことは?

A:ペナンの治安はかなり良好で、安全な地域となっています。ただし日本人観光客を狙った窃盗や軽犯罪は発生しているので、リスクある行動は避けるなど注意が必要です。