1. トップ
  2. オセアニア
  3. オーストラリア
  4. ニューカッスル(オーストラリア)
  5. ニューカッスル空港

ニューカッスル空港行きの格安航空券

ニューカッスル空港の画像

画像の出典元 en.wikipedia.org

正式名称ニューカッスル空港(Newcastle - Williamtown Airport)
空港コードNTL
ニューカッスル空港発の航空券情報はこちら

ニューカッスル空港行きの格安航空券をご案内します。スカイチケットでは世界中の空港からニューカッスル空港までの飛行機を比較・検索して予約することができます。ニューカッスル空港の航空券予約はスカイチケットをご利用ください。

ニューカッスル空港行きの最安値を比較

イングランドの空港としては最北部に位置

ニューカッスル空港は、1935年に開港した国際空港。現在使用されているイングランドの空港では最北部にあり、スコットランドとの国境近くに位置しています。国内線はもちろんのこと、ロンドン経由・ブリティッシュエアラインやアムステルダム経由のKLM、パリ経由でエールフランスでもアクセス可能で、リゾート便の利用・就航も格安航空会社の台頭によって年々増加しています。最初のフライトは、ノースイースタン航空便で、クロイドン、パース、スコットランド区間を移動する8人乗りの飛行機でした。第二次世界大戦中は、英国空軍の補助的な軍事基地として利用されて、1946年に軍事基地としての役割を終えました。大戦後は、リゾート地へのフライトも充実し、ワイト島とチャネル諸島への便もでき、1954年までには週に35便のフライトを数え、年間搭乗客は5500人を超えました。新しいターミナルは1967年に完成し、特に1960年代はスペインに観光する人が増え、6年間で乗客は倍増し70万人を数えました。1980年代に突入し、ニューカッスル空港の乗客は、年間100万人を超えるほどに。空港内もケータリングに力を注ぎ、免税店やラウンジなどの設備も整いました。国内外の路線も着実に増加し成長を続けたので、1993年には乗客は年間200万人を超えました。空港は1994年と2007年に建物を拡張し、さらに進化を続けています。

日本からの行き方

日本からの直行便は出ておりません。

・ブリティッシュ・エアウェイズ(ロンドン経由)
・エールフランス(パリ)
・アムステルダム(KLM)

ニューカッスル空港の規模、設備情報

免税店を含めお店は充実しています。ナムコのゲームセンターも設置されており、搭乗する前の時間をアミューズメントで楽しく過ごせます。バーやカフェテリア・ファストフードのバーガーキングも出店されています。

ラウンジ アスパイアラウンジがあります。このラウンジは航空会社や席の階級も関係なく使用していただけ、スタッフは最高のおもてなしをしてくれます。軽食(サンドイッチ・クロワッサンなど)は、午前11時~午後3時のランチタイムで提供しています。スナック菓子は11時から閉店時間まで提供。ノートパソコン・スマートフォン・ゲーム機などの充電も自由にしていただけます。

ニューカッスル空港から市街地へのアクセス

ニューカッスル空港近くのホテル情報

空港の裏手にすぐ建てられているのが、ヒルトンホテル"ダブルツリー"です。こちらのサイトで予約も可能です。http://doubletree3.hilton.com/en/hotels/united-kingdom/doubletree-by-hilton-hotel-newcastle-international-airport-NCLNADI/index.html