1. トップ
  2. オセアニア
  3. オーストラリア
  4. ニューカッスル(オーストラリア)

ニューカッスル(オーストラリア)の概要

ニューカッスル(オーストラリア)

画像の出典元: 

人口-
都市コードNTL
人気の航空会社
  • カンタス航空
飛行時間10~13時間
ニューカッスル(オーストラリア)発の航空券情報はこちら

ニューカッスル(オーストラリア)までは飛行機でおよそ10~13時間で行くことができます。ニューカッスル(オーストラリア)の歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてニューカッスル(オーストラリア)旅行を有意義に楽しみましょう。

ニューカッスル(オーストラリア)行きの最安値を比較

  • 羽田空港発  ニューカッスル(オーストラリア)(NTL)
  • 成田空港発  ニューカッスル(オーストラリア)(NTL)
  • 中部国際空港発  ニューカッスル(オーストラリア)(NTL)
  • 大阪国際空港(伊丹)発  ニューカッスル(オーストラリア)(NTL)
  • 関西国際空港発  ニューカッスル(オーストラリア)(NTL)
  • 福岡空港発  ニューカッスル(オーストラリア)(NTL)

オーストラリア国内からのニューカッスル(オーストラリア)行き 最安値を比較

  • シドニー(オーストラリア)  ニューカッスル(オーストラリア)(NTL)
  • メルボルン  ニューカッスル(オーストラリア)(NTL)
  • ブリスベン  ニューカッスル(オーストラリア)(NTL)
  • ゴールドコースト  ニューカッスル(オーストラリア)(NTL)

世界が注目する観光都市「ニューカッスル」

オーストラリア南東部のニューサウスウェールズ州はオーストラリアで最も人口が多く、工業化された州です。最大都市であるシドニーから電車で3時間ほどの距離にあるニューカッスルは、同州第二の都市として周辺地域の経済を支えてきました。数ある美しいビーチは、週末ともなれば多くの人で賑わい、5月終わりから11月初めにかけては沖合を通過するザトウクジラの群れを見ることができます。もともとは工業で栄えた街ですが、近年ではアートや音楽活動が盛んで、若者からの注目度も高まっています。また、世界的に有名な旅行ガイドブックで「世界中でいま最もホットな街」のトップ10に選ばれたこともある、シドニーからの日帰り観光スポットとして話題の都市です。

ニューカッスル(オーストラリア)の歴史

ニューサウスウェールズ州はオーストラリア初のイギリス入植地。そんな中、ニューカッスルはオーストラリアでも比較的古い歴史を持つ街です。その豊かな炭田に目を付けられ、1804年にはイギリス本土から流刑された多くの囚人によって拓かれました。地名はイングランドの炭鉱都市「ニューカッスル・アポン・タイン」にちなんで名づけられたといわれています。

ニューカッスル(オーストラリア)の経済

古くから多くの石炭が採掘されており、石炭を燃料とした製鉄業や造船業、機械工業が盛んな工業都市ニューカッスル。貿易にも力を入れており、石炭輸出に関しては世界最大規模の貿易港です。また、ニューカッスルを含むハンター・バレーと呼ばれる地域はワインの名産地として有名。ニューカッスルはワイン輸出の中心地としてもその名を知られています。

ニューカッスル(オーストラリア)行きの格安航空券について

日本からニューカッスルへの直行便は就航していません。ニューカッスルの空の玄関口、ウィリアムタウン空港へはオーストラリア国内での乗り継ぎが必須。主な経由地はメルボルンやブリスベンです。格安航空券をお求めの方は、オーストラリアのLCCを利用すると良いでしょう。オーストリアは国土が広いため、国内線が非常に発達しています。代表的な航空会社はジェットスター航空やバージンブルー航空などがあります。

ニューカッスル(オーストラリア)の気候

冬でも気温が10度から15度前後と、温暖で過ごしやすい気候が特徴です。夏の平均最高気温も26度ほどなので、日中でも快適にニューカッスル観光を楽しむことができるでしょう。どの季節でも気持ちよく過ごせますが、一年を通して雨がある程度降るため、折り畳み傘を必ず持ち歩くようにしましょう。

ニューカッスル(オーストラリア)の主な交通手段

ニューカッスル(オーストラリア)の主な交通手段

画像の出典元: Tim J Keegan

ニューカッスルでの主な交通手段は路線バスとタクシーです。空港からはシャトルバスも頻繁に運行されています。市街地中心部の移動なら「ニューカッスルシティセンターバス」が便利。市内を循環しているこのバスを利用すれば、観光中の交通手段に困ることは少ないでしょう。シティセンターバスは青と白の車体が目印です。

ニューカッスル(オーストラリア)行き航空券利用者の声

成田↔ニューカッスル 21歳男性

オーストラリアのニューカッスルまでジェットスターを利用して行ってきました、行きも帰りもゴールドコーストでの乗り継ぎだったのですが、なんと行きは10時間、帰りは15時間者乗り継ぎ時間がました。大学の友人5人での旅行だったので、10時間くらいあっという間だろうと思いこの航空券を購入しました。というのも、格安航空券で8万円で購入することができたからです。しかし、行きの10時間がものすごく退屈で、睡眠をとることもできす、ニューカッスルのホテルに着いた瞬間みんなで爆睡をしてしまいました。そのため、帰りは思い切ってゴールドコーストを観光することにしました。もちろんニューカッスルで荷物を預けることにしたのですが、当日の手荷物受託のオプションだと金額が上がってしまうようで損をした気分になりました。そういう重要なことは大々的にアナウンスをしてほしいと思います。
ニューカッスルでは、海でたくさん泳いで楽しむことができました。また、ストリートパフォーマーの人たちと一緒に歌ったりなど、フレンドリーな人柄にも触れつつ、青春らしい旅行を楽しむことができました。

成田↔ニューカッスル 45歳男性

カンタス航空のブリスベン乗り継ぎの航空券を購入して、ニューカッスルへ一週間ほど仕事の関係で滞在をしました。カンタス航空はオーストラリアに行く際はいつも利用しています。機内エンターテインメントも充実していますし、接客も日本ほどではないですが丁寧なので満足しています。
しかし、今回は少し不満がありました。私の隣の席にオーストラリア人らしき大柄の男性が来てしまい、とても窮屈な状態になってしまったのです。周りをみると空席がいくつかあるようだったので、他の席に移りたいといったのですが、座席の変更はできないとかたくなに断られました。そのため、10時間近く隣の席の男性と密接しつつ、仕事もろくにできないまま時間を無駄に過ごしてしまいました。機内での座席変更はできないことは重々承知していますが、もう少し融通をきかせてくれてもいいのではないかと思います。今回は運が悪かっただけですが、こんなに心地の悪いフライトは今までなかったです。
ニューカッスルは工業地帯が多いせいか、他のオーストラリアの都市よりも空気が汚染されている気がしました。しかし、発展した都市の中にユニークなオブジェなどもあり、ユーモアあふれる都市だと感じました。

成田↔ニューカッスル 38歳男性

夫婦での旅行で、4月にニューカッスルに行きました。2人とも動物が好きなので、現地でクジラを見るのを楽しみにしていたのですが、少し時期が早かったようで、残念ながら見ることができませんでした。しかし、5月になると気温が下がり始めてしまうので、4月の旅行にしておいてよかったと思います。この時期でも、長袖を持って行ったほうがいいです。
ニューカッスルには、カンタス航空を利用していきました。直行便の航空券を見つけることができなかったので、仕方がなくメルボルンでの乗り継ぎの航空券を購入しました。金額は往復で10万円だったので、とても安かったと思います。節約のためにもLCCを利用しようとも考えたのですが、座席指定料や手荷物受託料を支払うのであれば最終的には金額は大差ないのでは?と思い、カンタス航空にしました。機内食やアメニティ、機内エンターテインメントなどもあるので、この選択で正解だったと思います。また、帰りの際に僕たちが予約しようと思っていたジェットスターのフライト遅延していたので、予約しなくてよかったです。
やはり、安全運航や定時性の観点から、LCCとフルサービスキャリアでは大きな差があると思うので、家族と旅行をする際はなるべくこれからもLCCは避けたいと思います。

ニューカッスル(オーストラリア)旅行 よくあるFAQ

高齢者用の割引はありますか?

航空会社によっては、高齢者用の運賃で航空券を販売していることもあります。対象年齢や割引率などは各航空会社のウェブサイトを参照しましょう。

航空券の予約時にパスポートは必要ですか?

予約をする際には、パスポートは必要ありません。出発までに間に合うよう申請をして、用意をしましょう。

生ものは持っていけますか?

生ものを持っていく場合は、税関に申告する必要があります。黙って持ち込むと罰金の対象となるので気を付けましょう。特にオーストラリアは食べ物の持ち込み、持ち出しに厳しいので、わからないことがあれば検疫に確認をするようにしましょう。

機内での座席変更はできますか?

機内では搭乗券に記載のある席に座るのが原則です。ですので、座席変更は不可となっています。