1. トップ
  2. アジア
  3. マレーシア
  4. ランカウィ

ランカウィの概要

ランカウイ

画像の出典元: Jan Bjerring

人口-
都市コードLGK
人気の航空会社
  • マレーシア航空
  • 中国南方航空
  • 日本航空
飛行時間8~11時間
ランカウィ発の航空券情報はこちら

ランカウィまでは飛行機でおよそ8~11時間で行くことができます。ランカウィの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてランカウィ旅行を有意義に楽しみましょう。

ランカウィ行きの最安値を比較

マレーシア国内からのランカウィ行き 最安値を比較

マレーシアが誇る最高のリゾートアイランド「ランカウイ」

マレーシアはマレー半島の西に位置し100ほどの島々からなるランカウイ島。その魅力は何といっても美しい海と大自然です。訪れる人全てを魅了しますが、都会のにぎやかなリゾート地とは違うひっそりと落ち着いた癒やしがあります。絵本にでてくるような田園風景、のんびり暮らす牛や動物たちとの出会いはランカウイの思い出に深みをあたえ、島の北部に広がる手付かずのマングローブは雄大な神秘を感じさせてくれます。マレーシア政府の政策により島全体が免税の対象となったことも、急激に観光地としての人気を集めている理由のひとつでしょう。

ランカウイの歴史

自然と神秘の島、ランカウイの歴史を語るとき必ず聞く悲しい伝説は今も島に語り継がれてます。その呪いからなのか?農作物は不作、他国からは侵略を受けるなどのつらい時代が続きました。しかしマレーシア政府が本格的に開発に着手してからは空港整備なども進み、観光地としての知名度も上がり続けています。島全体が地質遺産としてアジア初のジオ・パークに認定されるなど地質学的にも重要な歴史を持ち合わせる島なのです。

ランカウイの経済

ランカウイに広がる天然ゴムの農園は、この島を支えてきた大切な産業です。木の1本1本にバケツが結ばれ樹液を採集している姿にはなぜか感激してしまいす。またマレーシアは観光立国として今やアジア3位の人気を誇りますが、中でもランカウイは最高のリゾートとして人気を博しており、観光による収入はこの島の人々を豊かにしています。物価は日本の3分の1から4分の1程度で、旅行者はついお財布のひもをゆるませてしまうようです。

ランカウイ行きの格安航空券について

ランカウイへは、クアラルンプール経由で向かうのが一般的。マレーシア航空などの各サイトで目的地をクアラルンプールに設定すると便利な便を選んでくれますので簡単に予約を取ることができます。日本からクアラルンプールまでは7時間半ほどの所要時間です。クアラルンプールからランカウイまでは1時間半ほどで、マレーシア航空以外にもアメリカン航空、ミャンマー国際航空、マリンド・エアなども就航しており毎日20便以上が飛んでいます。

ランカウイの気候

赤道の近くに位置するマレーシアおよびランカウイは、亜熱帯気候に属し毎日が夏です。湿度も高く、中でも5月~9月は雨期に入りスコールに出会う確率がぐんと上がりますが旅行に特に支障はありません。乾期で気候が安定する11月~5月はランカウイのベストシーズンでダイビングやシュノーケリングなどランカウイの海を満喫できるときです。ただし強すぎる日差しと冷えすぎた冷房の対策に常夏と言えども上着は忘れずにお持ちください。

ランカウイの主な交通手段

ランカウイの主な交通手段

画像の出典元: Khalzuri Yazid

公共交通機関の開発が進んでいないランカウイでの移動は、タクシーもしくはレンタカーになります。街のあちこちでタクシーが待機しているので移動に困ることはありませんが、少し街を離れると車の量が減りますので注意が必要です。ランカウイのタクシーは目的地によって料金が決まっているのがうれしいところ。気の合うドライバーさんが見つかったらカーチャーターを交渉してみるのもいいですね。

タクシー メーターはついておらず目的地によって料金が決められているので安心して利用できます。ホテルから呼んでもらう場合は手数料が必要になることがあります。ご確認ください。
レンタカー 日本と同じ左車線で渋滞も少なく運転はしやすいのですが、空港やホテルで借りるようにしましょう。街中で気軽に借りるとライセンスを持っていない業者もあるようです。