1. トップ
  2. アジア
  3. マレーシア
  4. クチン

クチンの概要

クチン

画像の出典元: 

人口-
都市コードKCH
人気の航空会社
  • シンガポール航空
  • エアアジアX
  • マレーシア航空
飛行時間7~11時間
クチン発の航空券情報はこちら

クチンまでは飛行機でおよそ7~11時間で行くことができます。クチンの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてクチン旅行を有意義に楽しみましょう。

クチン行きの最安値を比較

マレーシア国内からのクチン行き 最安値を比較

異なる文化が共鳴する都「クチン」

クチンという都市名には「猫」という意味があり、別名「猫の町」とも称されています。町には猫の像がいくつも置かれ、毎年8月には猫祭りが開催されます。そんなクチンは、26もの少数民族が暮らすサラワク州に位置。様々な文化や風習が入り組む、独特な都市です。町の中には「サラワク・カルチャー・ビレッジ」という、民族について学ぶことができる施設もあります。そして、クチンの魅力はなんといっても、その恵まれた自然。文化的な建物の中に、木や山、海といった美しい自然が垣間見えるほか、「セメンゴ野生動物センター」などの国立公園も点在しています。それらの公園や施設では、オランウータンやテナガザル、さらには日本では見ることのできない動物も観察できます。

クチンの歴史

クチンは、モザイク調のカラフルな町並みが特徴です。1983年に英国から探検家が上陸して以来、英国人の支配下にあったことから、コロニアル調の邸宅やモスクが点在。また、第二次世界大戦まで日本軍の軍下におかれていたため、寺院などの歴史的な建造物も残っています。1963年にマラヤ連邦に合併し、マレーシアへ統合を果たしました。

クチンの経済

サラワク州の州都であるクチンは、サラワク川に面した人口約60万人の都市。マレーシアの他地域に比べて第三次産業が盛んです。中でも観光業はクチンの経済の要。街のシンボルでもあるモスクや、元々は留置場であったスクエアタワーなどの建造物のほか、チャイナタウンやインディアストリートなどの異文化を感じられる観光スポットも点在しています。また、クチンには日本の大企業数社が進出しているほか、電子部品の工業団地もクチンの産業を支えています。

クチン行きの格安航空券について

日本とクチン間で直行便は運航していません。おすすめは、エアアジアとエアアジアXを利用する航路。その場合、乗り継ぎはクアランプールで1度のみ、さらには航空券もお安く大変便利です。また、移動時間を短く済ませたい方にはシンガポールを経由する全日空とシルクエアーの利用がおすすめ。所要時間は約10時間30分です。

クチンの気候

東マレーシアに位置するクチンは、11~3月にかけて季節風の影響を受けて雨季となります。雨季の時期には時折激しい雨が降るため、旅行には4~10月の乾季がおすすめです。また、雨季・乾季に関わらず蒸し暑い気候であるため、汗をかきやすいです。着替えを多めに持って行くと良いでしょう。

クチンの主な交通手段

クチンの主な交通手段

画像の出典元: commons.wikimedia.org

クチン空港から市街地までの移動手段はタクシーのみです。マレーシア観光の際も、効率よく移動できるタクシーの利用が最も便利でしょう。また、ホテルから観光施設まではシャトルバスが運行されていることもあるので、宿泊予定の方はタクシーを利用する前にスタッフに尋ねてみるのも良いかもしれません。そして、クチン市街地を東西に貫いているサラワク川は舟での横断が可能です。舟乗り場はいくつもありますが、リバーバンクスイーツというマンション下にある乗り場の利用が安全です。

クチン行き航空券利用者の声

成田⇔クチン 男性38歳

2016年に開催されたクチンマラソンに参加するため、クチンを訪れました。日本ではメジャーな観光地ではないので、参加していた日本人は私を除いてほんの数人のみでした。成田からクチンには直行便がなく、マレーシアのクアラルンプールを経由します。今回購入した航空券は、乗り継ぎ時間も少なく格安なマレーシア航空のチケットです。
成田を朝出発し、8時間弱のフライトの後クアラルンプールに到着。国内線への乗り換え時間が1時間半ほどしかなかったので、荷物がちゃんと運ばれるか心配でしたが、無事クチンに到着し荷物が出てきた時はホッとしました。
マレーシア通貨あるリンギットの手持ちが少なかったので、成田空港で換金していったのですが、クチン到着後にレートを見てみてびっくり。やはり日本での換金レートと比べ物にならないほど良いのですね。これにはガッカリしました。これからは必要最低限の額だけを日本で換金して、残りは現地で換金しようと思いました。
行きはそのままクチンまで行ったのですが、帰りはクアラルンプールで観光をしたかったのでクアラルンプールに一泊しました。マレーシアの首都だけあって、高層ビルやデパートが建ち並ぶクアラルンプールは近代的ですね。シンガポールを除いて東南アジアはまだまだ発展途上国だとばかり思っていたましたが、これを機に考え方が変わりました。

成田⇔クチン 男性21歳

大学の友達とマレーシアを周遊しようということになり、航空券だけを購入してマレーシアを訪れました。チケットは成田とクアラルンプールの往復分だけを買っておき、国内の移動は都度購入するというノープラン旅行。地図を見てみると、マレーシアは島続きではなくボルネオ島の一部も国土としてあることがわかり、それなら行ってみようということでクチンを選びました。
成田からクアラルンプールまではマレーシア航空で、クアラルンプールからクチンまでは格安航空会社であるエアアジアを利用しました。エアアジアは日本でもよく見るのですが、マレーシアに本社がある会社ということをはじめて知りました。クアラルンプールからクチンまでは約2時間。チケット代は往復で1万以下と非常に安かったのですが、格安航空会社だけあって座席幅が狭く、シートも硬かったです。また、機内食は別途料金が必要など安いなりの理由がありました。安く行けることが最大の魅力なので問題はありませんが、長時間乗ると思うとぞっとします。
クチンは田舎の都市といった感じでクアラルンプールほど栄えておらず、街の中心部を流れているサラワク沿いが一番栄えていました。特にこれと言って見て周るところがなかったので、クチンでは1泊だけしてまたクアラルンプールに戻りました。

ジャカルタ⇔クチン 男性40歳

インドネシアに日本からの出向で駐在していますが、マレーシア工場も管轄していることから定期的にマレーシアを訪れています。クチンを訪れたのはサプライヤー調査のためでした。本当はインドネシアのフラッグキャリアであるガルーダ航空と、同じくマレーシアのフラッグキャリアであるマレーシア航空で行きたかったのですが、サプライヤーが用意してくれたチケットはLCCのエアアジア。仕方なくそちらを利用してクチンを訪れました。
ジャカルタからクチンへの直行便はないため、一度クアラルンプールで乗り換えが必要です。ジャカルタからクアラルンプールまでは約2時間で到着します。
ジャカルタの自宅から空港までは混んでいなければ40分程で着くのですが、渋滞にはまると2時間以上かかるので余裕をみて出発しました。この日は運よく渋滞がなく早く到着したのですが、その分空港で待つ時間が長くなりちょっと困りました。ジャカルタからクアラルンプールまではなんとか過ごしましたが、クアラルンプールでトランジットのために約3時間待ち、次は座席の狭いLCCで2時間のフライト。クチンに到着した時にはもうクタクタでした。LCCの利用自体は短時間とは言え、自宅を出発して目的地に到着するまでだいたい半日ほど。航空会社は上手く使い分けないとダメだなと痛感しました。

クチン旅行 よくあるFAQ

マイルは貯まりますか?

マレーシア航空でJAL、ANAともにコードシェア便で飛ばしているフライトはマイルが貯まりますが、マレーシア国内線では適用されません。また、エアアジアは自社のポイントシステムがありますが、マイルは貯まりません。

チケットのキャンセルや変更は可能ですか?

マレーシア航空は、チケットの種類によります。無料で変更やキャンセルが可能なものもあればお金がかかることもありますので、詳しくはマレーシア航空のホームページを確認しましょう。

子供料金はかかりますか?

国内線は3歳未満が幼児運賃適用となり、保護者の膝の上に座る場合に限り無料です。国際線は2歳未満が幼児運賃適用となりますが、大人運賃の10%がかかります。この場合も保護者の膝の上に座ることが条件です。

受託手荷物の制限はありますか?

マレーシア航空のエコノミーは30Kgまでです。エアアジアはLCCなので、機内持ち込みは無料ですが受託手荷物にはお金がかかります。詳細は航空会社のホームページを確認しましょう。