1. トップ
  2. アジア
  3. マレーシア
  4. クアラルンプール
  5. クアラルンプール国際空港

クアラルンプール国際空港行きの格安航空券

クアラルンプール国際空港の画像

画像の出典元 ja.wikipedia.org

正式名称クアラルンプール国際空港(Kuala Lumpur International Airport)
空港コードKUL
クアラルンプール国際空港発の航空券情報はこちら

クアラルンプール国際空港行きの格安航空券をご案内します。スカイチケットでは世界中の空港からクアラルンプール国際空港までの飛行機を比較・検索して予約することができます。クアラルンプール国際空港の航空券予約はスカイチケットをご利用ください。

クアラルンプール国際空港行きの最安値を比較

ハイセンスな「森の中の空港」

コンセプトは「森の中の空港」。近未来的な建物でありながら、自然をうまく調和させた緑豊かな空港です。星空を思わせる天井や、サテライトビル内での森林浴体験などクアラルンプール国際空港ならではの魅力が盛りだくさん。飛行機から降りた途端、空港内の独特な世界観にあなたも引き込まれることでしょう。 また、当空港は、マレーシアの中心的空港であり、多くの航空会社が乗り入れています。離着陸時間の正確さや、案内表示の充実度など優れているのはデザインばかりではありません。日本人観光客も多いことから、日本語サービスも充実しており、大変過ごしやすくなっています。免税店や飲食店の種類も多く、フライトの待ち時間にも暇を感じることはなさそうです。 観光地に引けを取らないほど魅力あふれる近未来型空港を、思う存分お楽しみください。

日本から就航している航空会社

-日本航空(JAL)
-全日本空輸(ANA)

クアラルンプール国際空港の規模、設備情報

クアラルンプールの南50kmに位置し、多くの航空会社が乗り入れているため、アジアのハブ空港です。また、建物は森の中の空港をテーマとしており、建物と森林との調和が随所に見られる作りになっています。

インフォメーション メイン・ターミナル他、数カ所にあります。 タッチスクリーン・インフォメーション・キオスクが空港各所に設置されています。
Wi-Fi LCCターミナルを含め3時間まで無料で利用できます。
両替/銀行 エアロトレインの乗降場など両替所は数カ所あります。手荷物ベルトコンベア近くの通路にも銀行の両替所があります。
手荷物預かり所 ターミナル内に2カ所あり、パスポートを見せ、引き取り日時・時刻を記入すると手荷物を預かってくれます。
ラウンジ 航空会社のラウンジの他、空港のプレミアムラウンジが3つあります。

市内中心部までのアクセス

空港から市内中心部までは、鉄道、タクシー、バスでの行き方があります。

鉄道

KILAエクスプレスをご利用ください。空港から市中心部のKLセントラル駅までノンストップで運行しています。所要時間は、約30分です。

タクシー

クーポン制のタクシーが便利です。到着階のチケットカウンターでチケットをお求めの上、1階の乗り場からご乗車ください。

バス

バスターミナルが1階にございます。所要時間は約1時間ですが、道路状況によって遅れることもございます。

クアラルンプール国際空港の搭乗手続き

各航空会社のカウンターでチェックインを行ったあと、出国審査と手荷物検査を受けてください。またマレーシア航空に限り、KLセントラル駅でのチェックインが出来ます。便利なサービスですが、2時間前までとなりますのでご注意ください。

空港周辺のホテル、空港のシャワー情報

ホテルは最寄りでサマサマ・ホテル、サマサマ・エクスプレス・ホテル、コンコルド・イン・ホテル、エンプレス・ホテル、パーム・ガーデンなどがあり、いずれも10分圏内にあります。KLIA2のタクシーやバス乗り場がある1階の奥に、時間貸しのカプセルホテルKLIA2(Capsule by Container Hotel Klia2)があり、シャワーだけ使用する際は15リンギ(500円)となります。

空港内のグルメ情報

「シークレット レシピ」は空港のチェックインカウンター奥、出国審査手前にあるマレーシアで展開されているチェーン店です。様々な料理を豊富に取り扱っています。商品自体の量も非常に多くおすすめはブラウニーです。店内で食事を取ることも可能ですがテイクアウトを頼んだ方が料金が少しお安くなります。小腹が空いたときに是非ご利用ください。

空港内のショップ情報

大きな空港というだけあって、免税店の種類も大変豊富です。お菓子やお酒をはじめとして、化粧品から衣類まで例を挙げればキリがありません。 「Mystical Borneo」では、ボルネオ島で採れた真珠を用いたアクセサリーなどをお買い求めいただけます。ボルネオ島をイメージしたユニークな内装にも注目です。 また、空港に隣接した大型アウトレットモールもオープンし、さらに充実したショッピングが楽しめるようになりました。