世界有数の親日国!バングラデシュの人気観光スポット10選!

世界有数の親日国!バングラデシュの人気観光スポット10選!

南アジアにあるイスラム教の国バングラデシュという国をご存知でしょうか。日本人からすると、旅行先としては少し馴染みが薄いかもしれません。しかし、たくさんの人々の活気に満ち溢れ、雑多な雰囲気を漂わせるバングラデシュは、バックパッカーの聖地としても知られています。

物価が安い上にバングラデシュの人々は親日で、人懐っこくとても親切なので、観光もしやすい街なんですよ。そんな魅力たっぷりなバングラデシュの人気観光スポットを、10ヶ所ご紹介いたします!

目次

世界有数の親日国!バングラデシュの人気観光スポット10選!

目次を閉じる

1. オールド・ダッカ

バングラデシュの首都ダッカの旧市街「オールド・ダッカ」には、イギリス統治時代の風情の残る建物が多く、観光客がまず最初に訪れる人気の観光スポットです。この区域はぐねぐねと細い路地が入り組んでおり、まるで迷路のような街並み。

バングラデシュは世界でも人口密度が最も高い国のひとつといわれ、オールド・ダッカはとくにたくさんの人々で賑わいっています。リキシャやバス、モーターサイクルなどで混雑するのは日常茶飯事。砂埃が舞い電線も入り組み、あちらこちらでクラクションがなりひびくこのオールド・ダッカの光景はまるでカオスで、この混沌さからバックパッカーの聖地との呼び声も高い観光スポットなんです。

真珠売りの少女から、コブラづかいのおじいさん、道端でごろんと昼寝をする人々、摩訶不思議な術を使う占い師など、日本では見ることのできないようなとっても面白い光景が広がっているので、バングラデシュにきたらぜひ一度は足を運びたいそんな観光スポットです。

2. アーシャン・モンジール

出典: PROFrancisco Anzola

バングラデシュの定番観光スポットであるアーシャン・モンジールは、別名ピンクパレスともいわれ、その名の通りピンク色のかわいらしい建物です。ダッカの領主たナワブ家の住居として1869年に建てられた、とってもゴージャスな邸宅です。

ピンクというバングラデシュでは珍しい色使いの建物の内部は、おしゃれな異国情緒が漂っています。中でもダンスホールには美しい絵画が並べられており、思わずうっとりしてしまいます。また、バングラデシュの歴史を伝える博物館にもなって、貴重な歴史的資料の展示や、写真パネルなどでわかりやすく紹介しています。

バングラデシュの中でも有名な観光名所なだけあって、通りを行き交うリキシャの人に「アーシャン・モンジール」といえば、たいがいは連れて行ってくれるはずです。かわいらしいピンク色のロマンティックな世界的にも珍しい建築物なので、観光の価値はありますよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

バングラデシュでおすすめの記事

バングラデシュのアクセスランキング