東南アジアで人気No.1!タイ・バンコクの観光で絶対行きたいおすすめスポット

東南アジアで人気No.1!タイ・バンコクの観光で絶対行きたいおすすめスポット

GoToキャンペーンバナー

観光大国タイのバンコクは、世界でも指折りの人気を誇る観光地。日本からのフライトは約6~7時間で、航空券も比較的リーズナブルです。毎年たくさんの外国人旅行者がバンコクを訪れるためツアー商品が豊富で、親日国なので日本人なら初心者でも旅行しやすいでしょう。歴史的な観光名所とにぎやかな繁華街の距離が近く、プランが立てやすいのも特徴です。今回は定番から穴場まで、おすすめしたいバンコクの観光スポットを紹介します。エキゾチックな仏教寺院やちょっとマニアックでグルメなマーケットもガイドしますよ。

目次

東南アジアで人気No.1!タイ・バンコクの観光で絶対行きたいおすすめスポット

目次を閉じる

1. マハラート通り(旧市街)

出典: David McKelvey

名門タマサート大学の門から旧王宮まで南へぬける全長約300mの通りです。昔ながらの商店や食堂、屋台、仏像を販売する市場などがあり、バンコクを代表する散策が楽しいエリアとして人気があります。

急速な発展を続けるバンコクですが、ここは比較的ゆったりとした空気感を味わえるエリアで、夕方には大学の講義を終えた学生たちが談笑しながら屋台の食事を楽しんでいます。バンコク観光で都会の喧騒に疲れたら、のんびりマハラート通りを散歩してみるのもいいのではないでしょうか?通り沿いには有名な観光名所がたくさんありますよ。

2. 王宮と三大寺院(旧市街)

マハラート通りを観光するなら、欠かさず王宮と三大寺院を観光しましょう。

【エメラルド寺院/ワット・プラ・ケオ】

出典: tonefotografia / PIXTA(ピクスタ)

タイの人口の9割以上を締める仏教徒の聖地ワット・プラ・ケオ。王宮の敷地内にあります。国民が一生のうちに一度は訪れたいと願うスポットでタイの最高寺院です、仏教行事が行われる際には多くの国民がワットプラケオを目指します。エメラルド製(実際は翡翠)の仏像を祀っていることから「エメラルド寺院」とも呼ばれます。

1782年にラーマ1世が王朝を開いた際に護国寺として建立したのがワット・プラケオの始まり。エメラルドブッダが年に3回ほど服を変えるので、時期によって異なる姿を見ることができます。タイの文化と歴史が知れる目玉観光スポットです。

【菩提の寺/ワット・ポー】

出典: Clay Gilliland

王宮の南側にあります。スリーピング・ブッダ(大寝釈迦仏)で有名な寺院で、バンコク最古の寺院として有名です。1788年にラーマ1世によって建てられ、後にラーマ3世が古くから伝わる経典などを寺院の壁に復元し、全ての人々が平等に学べる環境に仕上げられました。大寝釈迦仏はとても大きく、体長46m、高さは地上から15mもあります。

殿堂には108の鉢があり、そこにサタン硬貨を入れることで煩悩を1つずつ捨てるというタイの戒律仏教らしい行いがあります。タイ古式マッサージのメッカとしても知られていて、強烈なマッサージを受けることもできますよ。歴史のあるワット・ポーでスリーピングブッダにお祈りしたあとは、古式マッサージを受けて心身ともに清めて帰りましょう。

【暁の寺/ワット・アルン】

出典: Thangaraj Kumaravel

チャオプラヤー川を挟んでワット・ポーの向かいにあります。三島由紀夫の小説『暁の寺』の舞台にもなったワット・アルン。特徴は高くそびえるカラフルな5基の仏塔で、一番大きな仏塔の高さは75m、台座の周りはなんと200mを超えます。

元来ヒンドゥー教の聖地であるカイサーラ山を参考に作られたというワット・アルンは、どこか仏教とヒンドゥー教のミックスした、ほかの仏教寺院にはない独特の魅力があります。仏塔は登ることができ、バンコクの街が見渡せるフォトジェニックなスポットです。ワット・ポーから向かう場合は、マハラート通りにある Tha Tien のフェリーターミナルから船で川を渡ってください。徒歩と船で10分もかからない程度です。チャオプラヤー川の景色も楽しめて一石二鳥な道のりですよ。

3. チャオプラヤー川(旧市街)

バンコクを南北に流れる大河です。ボートやクルーズで移動や観光ができます。旧市街の河岸には観光スポットに近い船着き場がたくさんあるので、バンコク観光の際は、少なくとも1度は乗船してみましょう。旅情がグッと盛り上がりますよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

バンコクでおすすめの記事

バンコクのアクセスランキング