世界遺産の宝庫!スペインの世界遺産全45選をご紹介します!

画像出典:TomasSereda

世界遺産の宝庫!スペインの世界遺産全45選をご紹介します!

世界遺産の宝庫「スペイン」。スペインには2016年に新たにに登録されたアンテケラのドルメン遺跡を含め、全45選の世界遺産があります。特徴は1つの世界遺産登録に複数の歴史的建造物が含まれていること。

スペインといえば「サグラダ・ファミリア」が有名ですが、UNESCOには「アントニ・ガウディの作品群」と5作品合わせて登録されています。素晴らしい建築物が至る所にあり、歩けば世界遺産にぶつかりそうなスペイン。その全45選をご紹介します。

目次

世界遺産の宝庫!スペインの世界遺産全45選をご紹介します!

目次を閉じる

1.アントニ・ガウディの作品群

出典: eli_asenova

スペインの世界遺産と言えばサグラダ・ファミリアを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。天才と呼ばれたスペインの建築家アントニ・ガウディの作品のうち7つが世界文化遺産として登録されています。

カタロニア・モダニズム建築の代表作で言わずとしれた未完成作品「サグラダ・ファミリア」。とても鮮やかで個性的なデザインが印象的な「カサ・バトリョ」、バルセロナが一望できる「グエル公園」などの建物もスペインを代表する人気の観光地です。1984年に世界遺産として登録された後、2005年に追加登録も行われました。スペインで一度は見てみたい作品ばかりです。

2.コルドバ歴史地区

出典: cge2010/shutterstock

スペインのアンダルシア州にある世界遺産コルドバ歴史地区。この街は「西方の宝石」と呼ばれている美しい所です。スペインでありながら歴史的にイスラム教やキリスト教、ユダヤ教が繁栄した地域であることが建築物から見てわかります。

世界遺産に登録されている建造物は、メスキータ(聖マリア大聖堂)をはじめ、ローマ橋やアルカサル など。特にメスキータはスペインでも有名なイスラム建築で、独特な色とデザインの回廊は必見です。またユダヤ人街の花の小径も世界遺産の一部。1つの街で様々な風景を見ることができますよ。

3.グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

出典: emperorcosar/shutterstock

スペインのアンダルシア地方で、1984年に世界文化遺産として登録された「グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン」。グラナダはイスラム教徒によって創られたナスル朝の首都だった所です。ここにはスペインでも最高峰と名高いイスラム建築「アルハンブラ宮殿」「ヘネラリーフェ」「アルバイシン地区」の3つが世界遺産として登録されています。

アルハンブラ宮殿はイスラム建築の華と呼ばれる建築物。イスラムの天国をイメージした庭園があるヘネラリーフェやスペインで最も古い世界遺産都市のアルバイシン地区は、観光地としても人気の場所です。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

スペインでおすすめの記事

スペインのアクセスランキング