冬の鳥取県、自然をたっぷり満喫できる観光スポット7選をご紹介!  

画像出典:manabee / PIXTA(ピクスタ)

冬の鳥取県、自然をたっぷり満喫できる観光スポット7選をご紹介!  

GoToキャンペーンバナー

鳥取県の人口は58.87万(2016年12月調べ)と、全国一少ない県です。しかしながら、とてつもないパワーが鳥取県にはきっとある!そう感じながら「また訪れてみたくなる町、鳥取」の魅力をお伝えします。

鳥取県の自然や歴史の深さを活かした観光スポットは、現在の鳥取の文化を支える源のようなもの。そして、一番の魅力は各観光スポットでの充実したサービス。どれをとってもきっとご満足いただけるのではないでしょうか。きっと、地元を愛する方々の日々の生き方から、充実したサービスの創造へと、魅力が反映されているのであろうと、感じられるはず。

そんな鳥取県で冬の季節に楽しめるおすすめの観光スポットを7選をご紹介します。

目次

冬の鳥取県、自然をたっぷり満喫できる観光スポット7選をご紹介!  

目次を閉じる

1.満天の星が見られる宿泊施設「鳥取市さじアストロパーク」

みなさんご存じの通り、四季の中で夜空が1番美しく見れる季節は冬ですね。そんな冬に、おススメしたい観光スポットがプラネタリウムが併設された施設「鳥取市さじアストロパーク」です。星を楽しむための反射望遠鏡は103cmあり、全国の中で8位の大きさ!空気が澄み切った晴れた日は最高のロケーションを満喫することができます。

そして、「鳥取市さじアストロパーク」の魅力は、なんといっても「星のコテージ」とも言える宿泊施設が完備されているところ。時間を気にせず、夜空を満喫できるこの環境は、さすが、星が美しく見える場所、鳥取県ならではですよね。

コテージの使用料金は29,800円となっています。宿泊人数によって料金が変更されるので、宿泊の際は公式ページにてご確認ください。

お友達、恋人、ご家族、大切な人と素敵な夜を過ごしてくださいね。

(料金は2016年12月現在のものです)

2.砂象彫刻家により砂象の芸術作品が観られる「鳥取砂丘 砂の美術館」

鳥取砂丘で有名な鳥取県の冬の一押し観光スポットと言えば、やはり「砂の美術館」。2006年11月にオープンしました。砂を素材にした彫刻作品、砂象を美術作品として展示している美術館です。「鳥取砂丘」が刻む歴史の深さと、その美しさをたくさんの人の心に届けたいという想いのもと実現した、芸術作品がずらりと並ぶ美術館です。

砂の美術館のコンセプトは「砂で世界旅行」。海外から集まる砂象彫刻家の方たちが魂を込めて創り上げるその芸術作品は期間限定の展示のため、「決まった期間しかこの場所に存在しない」と言える大変貴重な作品です。

砂象の展示は第1期、2期、3期と計画的に行われています。鳥取に来たならぜひ訪れほしい場所、鳥取砂丘 砂の美術館。冬の思い出に如何でしょうか?

3.すべてが美しい28の庭園に、思わず頷いてしまう「中国庭園燕趙園」

鳥取県東伯郡湯梨浜町には、国内で一番大きいとされる中国庭園「中国庭園燕趙園」があります。まるで、中国に来たかのように思わせてしまうこの建築物は「全部が中国」という徹底ぶりで、設計から加工までを中国で行い、それを解体後日本に持ち入れ、また技術者の手により再建させたものです。

中国庭園燕趙園を取り囲む風景も見事なもので、東郷池の景色と山が立ち並ぶ雄大さが綺麗にマッチングした景観となっています。

もちろん、園内も素晴らしい工夫が施されていて、季節を感じさせる植物が誠しなやかに咲き誇っています。「燕趙園の二十八景」という名前も付けられている28の庭園に、頷きながら優雅にひと時を楽しむことができそうです。

そして、女性の方必見!園内では、チャイナドレスのレンタルサービスが行われています。日常と少し違った情景に、心も豊かになれますよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の鳥取行き格安航空券

鳥取でおすすめの記事

鳥取のアクセスランキング