ふたりの距離がグッと縮まる、愛媛のおすすめデートスポット15選

ふたりの距離がグッと縮まる、愛媛のおすすめデートスポット15選

みなさん、四国の中でも愛媛といえば何を思い浮かべますか?愛媛を連想するならやっぱ「みかん」。歴史好きな方は「松山城」。文学好きなかたは「夏目漱石」。日々のお風呂上りには「今治タオル」なんていう方も多いのではないでしょうか。

東予、中予、南予と分けられる愛媛県には、カップルで楽しめる観光スポットが多々あります。一日ゆったり周るのも良いですし、ドライブしながら絶景ポイントを巡るのも良いですよね。今回は定番から穴場まで、デートや旅行に最適な愛媛の観光スポットを紹介したいと思います。

目次

[x] 閉じる

ふたりの距離がグッと縮まる、愛媛のおすすめデートスポット15選

1.美しい日本の歴史的風土100選にも選ばれた「松山城」

出典: Wei-Te Wong

愛媛といえば松山城。「美しい日本の歴史的風土100選」のひとつです。城が好きな彼・彼氏にオススメのスポットです。松山城を完全制覇できるウォーキングコースのほか、ロープウェイやリフトなど二人の距離を縮めながら登ることができる設備もあります。駅舎の3階には松山城創設者の加藤嘉明にちなんだマスコットキャラクター「よしあきくん」のコーナーもあるので、3人で一緒に写真を撮ってもいいのではないでしょうか。

2.司馬遼太郎を感じる「坂の上の雲ミュージアム」

出典: 準建築人手札網站 Forgemin

松山城から比較的近い場所にあるのが「坂の上の雲ミュージアム」。司馬遼太郎の作品『坂の上の雲』に基づいて建てられました。司馬のメッセージとともに、彼が愛した正岡子規、秋山好古、真之兄弟らにも触れられており、明治の日本人の時代精神を感じられます。

建築は安藤忠雄によるもので、各階はひと続きのスロープで結ばれており、ゆったりとした空間を味わうことができます。小説の世界と建築物のどちらも味わうことができますよ。ミュージアムショップではここでしか手に入らない限定グッズも。なかでも産経新聞に連載された司馬の小説の挿絵が描かれている一筆箋はおすすめです。

3.大正浪漫を感じられるフランス風洋館「萬翠荘」

出典: モリゾ / PIXTA(ピクスタ)

遠くから見るとまるでヨーロッパのお城みたいな「萬翠荘(ばんすいそう)」。カップルで訪れるには、なかなか雰囲気のいい観光スポットです。この建物は大正11年(1922年)に建てられたもので、久松定謨(さだこと)が別宅として使っていました。定謨は日本の陸軍の軍人で、同時に貴族でもありました。フランスに留学したこともあり、純フランス風なものを好んだといわれています。その思いを汲み、この設計を手がけたのが建築家、木子七郎です。ほかに日本の主要な建造物300ほども設計しています。

ネオルネッサンスと呼ばれる格調高い様式を採用しており、西洋建築の多くがシンメトリーのところ、この萬翠荘はアシンメトリー(左右非対称)で構成され、日本人が好むアンバランスの美意識が盛り込まれています。その当時のフランスエスプリと大正時代の思想がミックスされた大正ロマンを今へ伝えているといえます。ヨーロッパの人も驚くほどのフランス風でこのエレガントな佇まいを近くで感じてください。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の愛媛行き格安航空券

愛媛でおすすめの記事

愛媛のアクセスランキング