【2021花火大会】全国の開催状況は?人気花火大会の最新情報まとめ

画像出典:花火 / PIXTA(ピクスタ)

【2021花火大会】全国の開催状況は?人気花火大会の最新情報まとめ

目次

【2021花火大会】全国の開催状況は?人気花火大会の最新情報まとめ

目次を閉じる

【和歌山】SHIRAHAMA2021花火ラリー

例年9万人が訪れる和歌山の花火大会。2021年も開催が決まりました。7月の上旬から既に開催されており、8月も1日の大会含め計5回開催予定です。

花火会場である白良浜は和歌山県の南部に位置。規模を分散した花火イベントであり、各回40分ほどで約800発の花火が打ち上がります。色彩豊かな花火に思わずうっとり。夏の風物詩をゆったり楽しんで思い出に残しましょう。 

【長野】諏訪湖祭湖上花火

2021花火大会の全国的な開催状況は、海上やテーマパークなどで楽しめるケースが多め。もともと人気が高い海上花火ですが、「日本内陸にある海」でも海上花火の気分を楽しめます。長野県の人気観光地、諏訪湖で開催される花火大会に注目です。
 
諏訪湖の花火大会は複数あるものの、いくつかが中止になっています。ただし「諏訪湖祭湖上花火」は例年と少々違う形で開催されることが決まりました。
 
諏訪湖祭湖上花火は例年、「災いからの復興を願って夜空を染める」という伝統があります。8月1日より15日までの2週間、毎晩10分ほどですがこの色彩豊かな伝統花火が花を咲かせるようです。時間は短いですが毎年行われる伝統行事。避暑に訪れる方も多い長野県で、花火の思い出を作るのにもってこいのイベントです。

なお8月後半は「諏訪湖サマーナイト花火」として毎日開催。同じように1日10分間約500発が染め上げる夜空をお楽しみください。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の北海道行き格安航空券

北海道でおすすめの記事

北海道のアクセスランキング