【2021花火大会】全国の開催状況は?人気花火大会の最新情報まとめ

画像出典:花火 / PIXTA(ピクスタ)

【2021花火大会】全国の開催状況は?人気花火大会の最新情報まとめ

2021年も花火大会の季節がやって参りました。2020年は新型コロナウイルスの影響で多くの大会が中止となり、本年度も続々と中止となった花火大会が増えています。
 
ただしそんな状況下でも、いくつかの花火大会は開催が確定、または既に開催された花火大会も全国にチラホラ。シーズンである8月開催予定の花火大会も何カ所か確認でき、まだ完全に「ナシ」となったわけではありません。

本記事では2021年夏、各所花火大会の開催状況や特徴について詳細情報を記載しています。この夏は花火を見に行きたい!という方、是非本記事を参考に足を運んでみてください。

目次

【2021花火大会】全国の開催状況は?人気花火大会の最新情報まとめ

目次を閉じる

2021年花火大会の開催状況

2021年の花火大会、開催状況は少し苦しくなっています。7月~8月と言えば例年は各地で花火大会が開催される季節。2021年も多くの花火大会が開催予定でしたが、昨年に引き続き多くのメジャー花火大会スポットは先んじて中止が決定しています。
 
都内では隅田川花火大会、群馬では第47回高崎大花火大会なども中止と発表。地方の花火大会も殆どが中止・延期とされ、2021年に例年通りの花火大会を開催しているスポットは全国でも限られているようです。ほか開催すれど、無観客やライブ配信を前提とした花火大会も散見されます。

したがって有名・人気な花火大会に限らず、開催が確定している花火大会をチェックする必要があるでしょう。

【北海道】ルスツリゾート花火大会

ルスツリゾートは北海道南部の観光地である洞爺湖よりやや北、冬季は北海道最大のスキー場として賑わう山地のリゾート。天候の良い日、周辺は羊蹄山などの山々を眺める景勝地としても人気で、あまり夏に訪れるイメージは強くありません。

ただし夏季にはこのルスツリゾートで花火大会が行われており、2021年も既に花火大会が開催されています。

花火の打ちあがる時間は約10分ほどで、計1200発の花火が打ちあがります。規模がとても大きいわけではありませんが、その分を花火の演出でカバー。夏の暑さを和らげたいリゾート地で一見の価値がある花火と言えるでしょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の北海道行き格安航空券

北海道でおすすめの記事

北海道のアクセスランキング