【熊本/高森町】上色見熊野座神社とは? | 神秘的な伝説とアニメの舞台

画像出典: megane / PIXTA(ピクスタ)

【熊本/高森町】上色見熊野座神社とは? | 神秘的な伝説とアニメの舞台

上色見熊野座神社(読み方:かみしきみくまのいますじんじゃ)は、熊本県阿蘇郡高森町にある神社です。ここはとても神秘的な雰囲気を持つ参道が知られています。

そして、上色見熊野座神社は熊本県出身の漫画家、緑川ゆきさんの漫画・アニメ「蛍火の杜へ」の舞台となったことで一躍有名になった場所です。

さらに、本殿のお参りばかりでなく、神社のご神体であるパワースポット「穿戸岩」を見ずには帰れません。
巨大な岩にぽっかりと風穴があいている様は圧巻の一言に尽きます。

今回は、上色見熊野座神社の見どころと御朱印情報、上色見熊野座神社へのアクセスに関して解説します。

目次

【熊本/高森町】上色見熊野座神社とは? | 神秘的な伝説とアニメの舞台

目次を閉じる

上色見熊野座神社とは?

上色見熊野座神社は熊本県阿蘇郡高森町にあります。阿蘇山の南東にあり、大分県や宮崎県との県境も近い場所です。

上色見熊野座神社は、参道と拝殿、本殿から構成されている他、これらの奥にはご神体「穿戸岩」(うげといわ)があります。

上色見熊野座神社のいわれ

上色見熊野座神社は1722年に建立されましたが、この地に対する信仰自体は昔からあったものです。
伊邪那岐命(いざなぎのみこと)、伊邪那美命(いざなみのみこと)の2柱を祀り、地元の人々の信仰を集めてきました。

この他に阿蘇大明神の健磐龍命(たけいわたつのみこと)の荒魂、石君大将軍( いわぎみたいしょうぐん )も祀られています。

また、「穿戸岩」には、健磐龍命と鬼八法師の伝説も残っていますが、これは後ほど解説します。

▼ご神木は「梛(なぎ)の木」

ご神木は梛(なぎ)の木で、「凪」にかけて物事を穏やかに済ませる「魔除け」の役割を果たすほかに、葉がちぎれにくいことから「縁結び」の象徴です。

梛は本家の「熊野三山」のご神木でもあります。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の熊本行き格安航空券

熊本でおすすめの記事

熊本のアクセスランキング