武雄市の観光スポット13選!温泉と自然を心ゆくまで満喫しよう!

画像出典:ja.wikipedia.org

武雄市の観光スポット13選!温泉と自然を心ゆくまで満喫しよう!

佐賀県西部にある武雄市。唐津や呼子、吉野ヶ里などと並んで佐賀県内でも人気の観光地の一つで、温泉や自然などたくさんの見どころがあります。中でも温泉は「美人の湯」と称され、約1200年もの歴史を誇る名湯。宮本武蔵や伊達政宗など、日本史界の有名人たちも温泉を求めて武雄を訪れたと言われています。

歴史ある温泉が観光客からの人気を集める一方で、ちょっと変わった仕組みのある武雄市図書館や佐賀県立宇宙博物館「ゆめぎんが」など、近代的な観光スポットが多くあるのも武雄市の特徴。そんな武雄市の中でオススメの観光名所を13ヶ所紹介します。

目次

武雄市の観光スポット13選!温泉と自然を心ゆくまで満喫しよう!

目次を閉じる

1.武雄温泉大衆浴場

武雄市といえばなんと言っても温泉が有名です。市内には温泉宿をはじめ数々の浴場がありますが、「武雄温泉大衆浴場」は武雄温泉のシンボル。浴場だけではなく歴史ある建造物や1時間単位で利用できる貸切風呂など、敷地内には多くの見どころがあります。それでは「武雄温泉大衆浴場」の魅力をそれぞれ順番に見ていきましょう!

◆武雄温泉楼門

出典: さる / PIXTA(ピクスタ)

武雄温泉大衆浴場の入り口、武雄温泉楼門。美しく情緒溢れる外観はまるで竜宮城のようですね。武雄温泉のランドマークとして有名で、創建から100年を超える長い歴史の中で多くの観光客を魅了し続けています。

設計は東京駅を設計したことで知られる辰野金吾。楼門の2階部分の天井には干支に登場する卯・酉・午・子の彫絵が、東西南北の各方角に描かれています。なお、残りの干支は東京駅の天井に描かれていて、合わせて十二支が完成するというもの。建設の際に釘は一本も使われなかったと言われていることも楼門の大きな特徴。辰野金吾のこだわりが随所に感じられる観光名所です。

◆武雄温泉新館

出典: K / PIXTA(ピクスタ)

楼門をくぐったすぐ先にあるのが武雄温泉新館。楼門と同様に辰野金吾が設計したもので、ここもレトロな風情が武雄を訪れる観光客に大人気です。

館内では約100年前の貴重な浴場やタイルの様子が見学できる他、土産物店や資料館も併設。さらに陶芸体験教室も開かれているので、自分だけのオリジナルの作品を作ることが可能です。温泉を存分に堪能したあとには新館に立ち寄って、武雄温泉の余韻に浸りながら観光の記念のお土産を探してみるのも良いですね。

◆元湯・蓬莱湯・鷺乃湯

敷地内にある浴場は元湯・蓬莱湯・鷺乃湯の3つ。それぞれに特徴があるので、雰囲気の違いを楽しみにすべての浴場に足を延ばしてみるのもオススメです。元湯は140年以上の歴史をもつ、日本に現存するなかで最古の木造大衆浴場。源泉に近い温度の「あつ湯」、入りやすい温度の「ぬる湯」に分けられていて、好みの温度で堪能することができます。

蓬莱湯は元湯とは対照的に、シンプルで現代的な造りとなっています。温度は元湯の「あつ湯」に近く、身体の芯から温まりたい方には最適でしょう。鷺乃湯はこの中で唯一露天風呂がある浴場。お湯は比較的ぬるめで入りやすく、新館や武雄の自然を見ながらゆったりとお湯に浸かることができますよ。

2.楼門朝市

武雄温泉楼門の前に広がる道で毎週日曜日に開催されているのが楼門朝市。武雄周辺で作られたバラエティに富んだ名産品が道端に並び、地元の人や観光客で毎週賑わっています。

お店や品物がたくさんあって選べない方には、温泉たまごと佐賀の銘米「ひのひかり」がオススメ。いずれもお値段はとってもお手頃な大人気商品です。ただし朝市が始まって早々に売り切れてしまうこともあるので、なるべく早めに会場に行くようにした方がいいでしょう。

3.武雄神社

出典: おうま / PIXTA(ピクスタ)

武雄市最大のパワースポットとして名高い武雄神社。境内には樹齢約3000年とも言われている巨木「武雄の大楠」がそびえ、見るものを圧倒します。威厳に溢れ神秘的なその姿を見た瞬間、パワーを感じられますね。また、縁結びに効果があると言われているのは、2本仲良く隣り合ってそびえる「夫婦檜」。恋愛成就だけでなく、お金や仕事など様々な縁に結ばれると評判で、観光客に人気のスポットとなっています。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

武雄でおすすめの記事

武雄のアクセスランキング