【2020年11月25日で没後50年】三島由紀夫、ゆかりの地を巡ろう

画像出典:Rise / PIXTA(ピクスタ)

【2020年11月25日で没後50年】三島由紀夫、ゆかりの地を巡ろう

1970年11月25日、三島由紀夫が自衛隊市ヶ谷駐屯地で割腹自殺をしました。それから50年が過ぎ、2020年。今年は三島由紀夫 没後50年の年です。

三島由紀夫といえば日本を代表する戦後の文豪です。数々の名作を残し、文学家の域を超えて評論家、政治活動家そして皇国主義者として生きました。

今回、三島由紀夫をより身近に感じられるようなスポットをご紹介します。

目次

【2020年11月25日で没後50年】三島由紀夫、ゆかりの地を巡ろう

目次を閉じる

【東京】新橋 末げん【三島由紀夫の最後の晩餐】

三島由紀夫が最後の晩餐として選んだ料理は新橋にある鳥鍋の老舗「末げん(すえげん)」。覚悟を決めた三島は盾の会のメンバー4人と鳥鍋を囲んだそうです。なんと、自決前夜の三島と会った中居さんもまだ在籍されているとのこと。三島が舌鼓を打った鳥鍋を味わってみてはいかがでしょう。

【東京】新宿 市ヶ谷記念館【三島由紀夫、最後の地】

1970年の11月25日、自衛隊市ヶ谷駐屯地(現、防衛省本省)にて最後の声明文「檄」を演説後に割腹自殺をしました。三島の最期の地という歴史的な場所を見学できるツアーがあります。市ケ谷記念館は防衛省の敷地内にあり、予約をすれば見学ができます2階にある旧陸軍大臣室の木製扉に、三島の愛刀「関の孫六」がつけた刀傷が三か所ありますが、当時、三島の命を懸けた戦いを思わせるもの・・・市ヶ谷記念館での見どころです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の奈良行き格安航空券

奈良でおすすめの記事

奈良のアクセスランキング