【眠っている間に四国・山陰へ!】日本最後の寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」とは?料金、お得情報も!

画像出典:まさくん / PIXTA(ピクスタ)

【眠っている間に四国・山陰へ!】日本最後の寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」とは?料金、お得情報も!

「上野発の夜行列車」と昔の歌に歌われたように昔の人にとって夜行列車は身近なものでした。しかし、高速バスや航空機の台頭もあり、今では毎日運転の夜行列車は今回ご紹介する「サンライズ瀬戸・出雲」だけになりました。

東京駅発着のサンライズ瀬戸とサンライズ出雲が岡山駅で分割併合して、それぞれサンライズ瀬戸が高松行き、サンライズ出雲が出雲市行きとして運転されます。

実はこの列車、鉄道ファンのみならず、出雲大社へ旅する女性たちの間でとても人気のある列車で、特にサンライズ出雲の寝台券はなかなかとりづらいです。

従来の寝台特急にはないカジュアルな内装が特徴なのと、ほとんどが個室車両なのでプライバシーも保てますよ。

今回はサンライズ瀬戸・出雲の基本情報とおすすめのこの列車の使い方をご紹介いたします。なお、今回ご紹介する料金・運賃とダイヤは2020年8月時点のものです。

目次

【眠っている間に四国・山陰へ!】日本最後の寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」とは?料金、お得情報も!

目次を閉じる

サンライズ瀬戸・出雲の停車駅

サンライズのきっぷ

出典: ニングル / PIXTA(ピクスタ)

サンライズ瀬戸・出雲は、22:00(2020年8月時点)に東京駅を出発すると横浜、熱海、沼津、富士、静岡、浜松に停車します。浜松を出てからは乗務員の交代のためにときどき停車しますが乗客の乗り降りはできません。

翌朝は姫路から停車し、次いで岡山に到着します。ここから、サンライズ瀬戸と出雲に分かれて運転します。

逆方向である上りは、上記の停車駅のほかに三ノ宮と大阪も停車します。ただし上り列車は浜松には止まりません。

サンライズ瀬戸の岡山からの停車駅

岡山を出ると児島、坂出、終点である高松の順に停車します。なお、下り列車のみ琴平まで行く場合もあり、その場合は多度津、善通寺にも停車します。坂出~高松を2回通過しますが、この間の運賃は差し引いて計算します。

ちなみに昔は松山まで行く場合もありましたが、最近は行われていません。

▼サンライズ出雲の岡山からの停車駅

岡山を出ると倉敷、備中高梁、新見、米子、安来、松江、宍道、出雲市の順に停車します。

臨時列車としてお盆や年末年始には、定期のサンライズ出雲に加えてサンライズ出雲91号、92号が運転されることもあり、その列車の場合は停車駅が異なります。

▼サンライズ瀬戸・出雲の料金の計算の仕方

運賃(乗車券)に加え、特急料金(特急券)がかかります。ここまでは普通の特急列車と同じですが、ここからさらに寝台料金(寝台券)がかかり、運賃+自由席特急料金+寝台料金が必要な合計金額となります。

例えば、東京から出雲市であれば、シングルのお部屋利用で23210円(運賃12210円+特急料金3300円+寝台料金7700円)となります。

ただし、後述するようにノビノビ座席には寝台料金がかかりません。乗車券に加えて指定席特急料金で乗れますよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の鳥取行き格安航空券

鳥取でおすすめの記事

鳥取のアクセスランキング