熊本県の奥にこんな温泉観光地が!高温豊富な杖立温泉をご紹介します

画像出典:ちょこわん

熊本県の奥にこんな温泉観光地が!高温豊富な杖立温泉をご紹介します

GoToキャンペーンバナー

数ある九州の温泉地の中でも、ひときわ独特の雰囲気を持つ景観の杖立温泉。古くは”九州の奥座敷”とも呼ばれ、ツウな温泉好きの間では特に人気の温泉街です。ノスタルジックな雰囲気が漂う路地を一歩入れば隠れ家的なカフェも。温泉を楽しむだけでなく、ちょっと懐かしい雰囲気の中のんびり観光を楽しむこともできる杖立温泉について、ご紹介します。

目次

熊本県の奥にこんな温泉観光地が!高温豊富な杖立温泉をご紹介します

目次を閉じる

杖立温泉とは

杖立温泉とは、熊本県阿蘇郡小国町(旧国肥後国)にある温泉です。温泉街の一部は大分県日田市にかかっており、阿蘇温泉郷の中でも一番大分寄りの温泉です。

泉質は中性に近い弱アルカリ性の弱食塩泉で、湯ざわりのやわらかさが特徴。源泉から噴き出る温水は約98度あり、高温の源泉が自噴している日本でも有数の良質の温泉です。
その泉質の良さは昔から「湯治の街」として評判でした。冷えや疲労だけでなく、切り傷や火傷に効果があるとも言われています。また、昭和の初めからは歓楽街としても有名で「九州の奥座敷」とも呼ばれていました。平成に入ると歓楽街としての賑わいは衰退していきましたが、昔ながらの独特の雰囲気を持つ温泉街として、今も温泉好きの間では人気スポットです。

昔は湯治の評判を聞いて訪れる人も多く、長く滞在できる湯治を主とした宿も多いです。近年は美肌効果を望む女性にも人気の温泉のため、女性向けの宿泊プランを設ける宿もあります。

■熊本県内のホテルをお探しの方
熊本県のホテルを探す

■熊本空港(阿蘇くまもと空港)行きの航空券をお探しの方
熊本空港(阿蘇くまもと空港)行きの格安航空券を探す

■熊本空港(阿蘇くまもと空港)でレンタカーを借りる
熊本空港(阿蘇くまもと空港)周辺のレンタカーを予約する

アクセス

杖立温泉へは、市街地からかなり離れているため車でのアクセスが便利です。福岡方面からであれば九州自動車道福岡I.C.から約1時間半、熊本市内からは国道を通り約1時間40分の距離です。

公共の交通機関を利用するのであれば、博多バスターミナルから福岡空港を経由する高速バス(所要時間約2時間半)か、もしくは博多駅から日田駅までJRに乗車し、日田バスに乗り換える方法(所要時間約2時間10分)があります。

熊本方面からは、熊本交通センターから特急やまびこ号に乗車し、阿蘇駅で乗り換える(所要時間約3時間10分)方法があります。

杖立温泉の自慢は「むし風呂」!

杖立温泉では、温泉水での一般的な入浴法の他に、豊富な湯量と高い湯温を活かしたむし風呂が有名です。

むし風呂は一見サウナのようですが、通常のサウナより温度が低く湿度が高いため、息苦しさや火照りを感じずにじっくり入ることができます。リラックスしながらじんわり汗をかくことができ、温泉の効果とサウナの効果のいいところ取りのようなものなのです。

古くから「美人湯」と呼ばれたように、発汗や血液循環を促し、蒸気が肌や気道に作用することによって美肌効果があると言われています。ほどよい疲労感を感じることができるためストレス解消にも効果抜群です。
むし風呂はほとんどの宿に設置されていて、杖立温泉の看板のひとつです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

阿蘇でおすすめの記事

阿蘇のアクセスランキング