アエロフロート・ロシア航空とJALがコードシェア実施、メリットは?

アエロフロート・ロシア航空とJALがコードシェア実施、メリットは?

アエロフロート・ロシア航空(本社/ロシア・モスクワ、略称は「アエロフロート」)と日本航空(JAL)は3月29日よりコードシェア(共同運航)を開始すると発表しました。ロシアでは今までワンワールドアライアンスメンバーであるS7航空との間だけでコードシェアを行っていましたが、モスクワ線についてはアエロフロート・ロシア航空と行うことになります。

なお、JALのモスクワ線は成田空港から羽田空港へ移り、さらにモスクワの空港をドモジェドボからシェレメーチェヴォに変更する形になります。

そして、アエロフロート・ロシア航空のモスクワ線も成田から羽田へ移管となります。

目次

アエロフロート・ロシア航空とJALがコードシェア実施、メリットは?

目次を閉じる

対象路線は?

コードシェアの対象路線を表にまとめています。ロシア側では、いわゆる「黄金の環」の一角をなすモスクワ~サンクトペテルブルク線をはじめとして、エカテリンブルクなどの路線で実施されます。一方でJALは、東ロシアにおけるS7航空とのコードシェアも続けていくとしています。

日本側を見てみると、羽田を中心として大阪や福岡、那覇といった幹線をはじめ、長崎や鹿児島といったローカル向けにもコードシェアしています。

アライアンスの「ねじれ」現象が発生

アエロフロート・ロシア航空は「スカイチーム」というアライアンス(航空連合)に属していますが、JALは「ワンワールド」という別のアライアンスです。

アライアンスの垣根を越えてタッグを組むというのは少し珍しいです。しかもS7航空というパートナーもいる、ロシアにおいて1つの国で2つの航空会社とタッグを組むというあまり前例のないケースとなります。

これは、ANA(全日空)も羽田~モスクワ/ドモジェドボに就航することにより競争が激化することへの対応だと考えられます。

コードシェアで得すること・損することは?

JALの便をアエロフロートとして、アエロフロートをJALの便として利用できるため、選択の幅が広がります。例えば、アエロフロートの便では乗り継ぎが間に合わなくてもJALの便をアエロフロート便として利用することにより、実質2往復という選択肢が生まれます。

また、たまるマイレージもそれぞれ違うものがたまるため、アライアンスごとにマイルを集中させることも可能になります。

最大のメリットは通しでチケットが購入できるということ。以前は地方からアエロフロートに乗る際には国内区間を別に手配する必要がありましたが、今回のコードシェアにより、例えば鹿児島~羽田~モスクワ~エカテリンブルクという複雑な航空券も1回の発券で済みます。

一方で、コードシェア便ではチェックインカウンターが異なったり、コードシェア相手の側のルールに従うなど注意も必要です。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

航空券でおすすめの記事

航空券のアクセスランキング