世界のおすすめ美術館|ヨーロッパ・アメリカ・ロシア

世界のおすすめ美術館|ヨーロッパ・アメリカ・ロシア

海外での観光スポットとして1つは紹介される世界の美術館。その魅力は絵画や彫刻といった美術品や工芸品を愉しめるだけでなく、その国の歴史や文化など物語も垣間見ることもできることができます。また美術に全く興味のなかった人でも運命の作品と出会い、惚れてしまうことも。
ここでは世界に誇る芸術の国ヨーロッパをはじめ、世界最大規模の美術館を抱えるロシア、現代アートの最先端を走るアメリカなどをご紹介!予習してから行くもよし、自分の感性に従うもよし、あなたなりの楽しみ方で芸術の世界に身を任せてみてください。

目次

世界のおすすめ美術館|ヨーロッパ・アメリカ・ロシア

フランスの美術館:ルーブル美術館(パリ)

フランスの美術館:ルーブル美術館(パリ)

世界中の美術館の中でも"世界一来場者が多い"とされるのが、芸術の都パリにある「ルーブル美術館」です。

パリ市内の観光には必ず上がる代表的な観光スポットになり、東京ドーム約1.5個分の敷地には35,000点もの美術品が展示されています。

1日ではとても鑑賞しきれず、滞在の日程によっては見たい作品の優先順位をつけないと見逃す可能性も。館内には作品名は知らずとも、誰でも一度は見たことがあるような作品が目白押しです。

彫刻としては勝利の女神であり、誰しもが知るスポーツブランドNIKEの社名の由来ともなった『サモトラケのニケ』や歴史の教科書などでもお馴染みの『ミロのビーナス』やミケランジェロの『瀕死の奴隷』。

絵画にはフランス革命を描いたドラクロワの『民衆を導く自由の女神』や世界でもっとも有名な『モナ・リザ』。
他にも多数の作品があり、美術品の宝庫となっています。

また水曜日と金曜日は21:45まで開館時間が延長されています。
混雑を回避できるのはもちろん、ライトアップされた建物からは昼間にはない美しさを放ち訪れた人を魅了します。

ルーブル美術館の目玉作品:モナ・リザ

ルーブル美術館の目玉作品:モナ・リザをモチーフにしたラテアート

出典: S.Bachstroem

1503〜1506年に制作され、今になってもなお人々を魅了する女性絵画モナ・リザ。世界一有名な絵画であり、世界一有名な女性といっても過言ではありません。

一度だけ日本に上陸したこともあり、展示した国立西洋美術館の来館者数は150万人を記録するほどの人気作品です。

ちなみに時価総額は、約7億ドル(約750億円)とも。ルーブル美術館に行ったら、見逃せない目玉作品となっています。

イタリアの美術館:ウフィツィ美術館(フィレンツェ)

イタリアの美術館:ウフィツィ美術館(フィレンツェ)の広場 デグリウフィツイ

世界に誇るルネサンス美術の至宝が集まる、イタリア・ウフィツィ美術館。約2,500点の作品がテーマごとに45の部屋にわかれて展示されています。

レオナルド・ダヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロなどルネサンス絵画の3大巨匠を中心とした躍動感あふれる絵画は、どれも思わずため息が出てしまうほどの美しさ。

またウフィツィ美術館は、細部にまでこだわっている美術館でもありま
す。館内の天井画も豪華絢爛であり、手の込んだ1つの作品になっています。ついつい作品ばかりに目がいきがちですが、天井画にも注目です。

さらに穴場の眺望スポットもあります。
第1〜3回廊からは、アルノ川にかかるヴェッキオ橋のフォトジェニックな風景。一息つけるカフェのテラスではヴェッキオ宮殿が迫り、正面にはミラノ大聖堂ドゥオーモを望め、晴れた日には最高のビュースポットでカフェタイムが楽しめます。

ウフィツィ美術館の目玉作品:ヴィーナスの誕生

ルネサンス最高名画の1つに数えられ、タテ172.5cm×ヨコ278.5cmの大作「ヴィーナスの誕生」。イタリアの画家サンドロ・ボッティテッリによって、海より誕生した美の化身ヴィーナス(アプロディーテ)を描いた作品です。

イタリアの10セントコインにも描かれ、日本では美術の教科書などにも登場するため見た記憶がある人もいるのではないでしょうか。間近で見ると、こちらに迫ってくると錯覚を起こすほど動きのある絵となっています。

ニューヨークの美術館:MoMA(ニューヨーク近代美術館)

ニューヨークの美術館:MoMA(ニューヨーク近代美術館)

出典: xiquinhosilva

日本でも「MoMA Design Store」でお馴染みの、ニューヨーク近代美術館・通称MoMA(モマ:The Museum of Modern Art)。19世紀の後半の印象派から20世紀中盤のアメリカとヨーロッパの近代アートを中心としたニューヨークでも指折りの美術館です。

テレビや雑誌などで一度は見たことがあるような作品が展示され、ピカソやゴッホ、ダリ、ルソー、モネ、アンディ・ウォーホールなど著名な画家の作品がこれでもかというほど展示。

さらに新鋭アーティストの作品なども展示され、これからが楽しみな画家たちの作品にも目を通すことができます。

6/16〜リノベーションにより閉館していましたが、2019年10/21より再オープン!ギャラリースペースも拡大し、まだ知られていない世界のアーティストなどの作品なども多数展示される予定です。
今まで以上にバラエティーに富んだ、新生モマからは目が離せません。

MoMAの目玉作品:星月夜(The Starry Night)

MoMAの目玉作品:星月夜(The Starry Night)

出典: Zhang Yu

オランダ画家ゴッホの作品の1つ『星月夜』。
厚塗りの独特のタッチや補色関係にある色彩を多様することで、力強い表現の油絵となっています。この作品に多様されているゴッホの代名詞とも言える"うねり"は、絵の向こう側に引き込まれそうな感覚に陥ります。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

オールバニ(ニューヨーク州)でおすすめの記事

オールバニ(ニューヨーク州)のアクセスランキング