五島の世界遺産を訪ねるならフェリーが便利!観光の魅力とコツをご紹介

五島の世界遺産を訪ねるならフェリーが便利!観光の魅力とコツをご紹介

2018年にUNESCOの世界遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」には、長崎県五島列島の4か所の教会および集落が含まれています。世界的にも稀有な信仰の歴史の例として、近年注目を集めている五島の文化遺産。ですが、潜伏キリシタンという性質上、いずれも容易にはたどり着けない場所にあります。この記事ではそんな五島列島の世界遺産の魅力と、フェリーを使った観光のコツをお伝えします!

▶ 博多⇔五島のフェリーはこちらで検索・予約!

目次

五島の世界遺産を訪ねるならフェリーが便利!観光の魅力とコツをご紹介

目次を閉じる

世界遺産「潜伏キリシタン関連遺産」とは

江戸時代から明治初期にかけて、日本ではキリスト教が禁止されていました。とくに1637年の島原の乱以降は徹底して弾圧されましたが、それでも多くのキリシタンが、表向きは神道や仏教に転向したふりをして、密かに信仰を保ち続けました。

しかし、幕府の追及が厳しくなると、こうした潜伏キリシタンの一部は迫害を避けて新天地を求めました。五島に残る世界遺産の集落は、このときに移住してきたキリシタンによって作られたものです。江戸時代も後期に入ると潜伏キリシタンの存在は公然の秘密となり、移住の背景には人減らしをしたい九州本土の諸藩と、人手不足に悩む五島藩の間の暗黙の合意があったとされています。

とはいえ人目を憚らなければならないことに変わりはなく、彼らがあてがわれ切り拓いた土地はいずれも厳しい環境にありました。作物も育ちにくく往来も不便な険しい土地で、潜伏キリシタンたちは正式な聖職者もなく自分たちだけで信仰を貫き、独自の生活と文化を形成・継承してきたのです。明治新政府が諸外国からの圧力によってキリスト教を解禁すると、ようやく彼らは自らの信仰を公にし、自分たちの教会を建てる自由を得ました。

五島の世界遺産めぐりにおすすめのフェリー「太古」

五島列島で定期便が就航している空港は、福江島の福江空港のみです。そして、世界遺産に登録されている教会や集落は、福江島以外の複数の島に点在しています。

これらの島々を巡るには、船を利用するしかありません。なかでも観光に便利なのが、博多を夜中に出発し、福江に翌朝到着する野母商船のフェリー「太古」です。

太古は途中4つの島に寄港するので、上手に使えば効率よく複数の世界遺産の島を訪ねることができます。また、船自体も新しくとっても快適!せっかくの離島観光ですから、フェリーでじっくり旅してみませんか。フェリー太古の魅力と予約・利用方法などは、リンク先の記事をご参照ください。

▶ 博多と五島を結ぶフェリー「太古」の魅力!世界遺産の島々を船で巡ろう

▶ 今すぐフェリー太古の時刻や運賃を比較・予約!

1. 無人島「野崎島」の野首教会

五島の世界遺産の教会で最も知られているのは、トップ画像にもあるこちらの野首教会ではないでしょうか。野首教会は、五島列島北部の小値賀島(おぢかしま)の隣に浮かぶ、縦に長い野崎島にあります。

打ち捨てられ、他に建物の残っていない集落跡にポツンと佇む赤レンガの教会は、それが世界遺産であるとないとに関わらず訪れる人の心に残ります。島の波止場から歩いて20分弱、トップ画像のアングルで撮影するにはさらに10分ほど歩かなければなりません。

野首教会は、明治41年(1908)にもともとあった木造の教会を改築したもので、長崎県周辺の多くの教会を手掛けた棟梁鉄川与助の作品です。煉瓦造に瓦葺と、和洋の折衷した独特の外観をしています。

内部も見学できますが、写真撮影はお断りとなっています。

野崎島は2001年に最後の住人が島を離れたため、現在は無人島です。島内は鹿の楽園となっていて、朽ち果てた集落や田畑の跡を、のびのびと駆け回る鹿たちの姿を目にすることができます。

島への公的な交通機関は、小値賀港からの町営渡船「はまゆう」に限られます。基本的に朝夕2便の運航で、土日祝日などには午前中の増便もあります。ただし、ダイヤは流動的かつ日によって異なるので、旅程が決まったら必ず観光協会のHPで確認するようにしましょう。

フェリー太古で博多から来港した場合、夜明け前に着くため小値賀港ターミナル内の仮眠室等で待機することになります。観光案内所は6:30にオープンするので、そこで野崎島への行き方や島での過ごし方について聞くことができます。

▶ 博多⇒小値賀のフェリー検索はこちらからどうぞ!

その他のアクセス方法としては、周辺の港で船をチャーターすることも可能です。チャーター船は時間が自由なのが利点ですが、船単位でのレンタルなので人数が少ないと割高となってしまいます。

野首教会の麓には、廃校を利用した「野崎島自然学塾村」があります。事前予約制で休憩や宿泊ができる有料施設で、シャワーや炊事場もあります。

無人島の野崎島には商店などもないため、食料は持参しなければなりません(飲料の自販機はあり)。小値賀港ではカップラーメンなども販売されているので、自然学塾村でお湯を沸かして食べることも可能です。ただし、生ごみを除くごみ類はすべて持ち帰りとなります。

また自然学塾村から海に下りると、こ~んなキレイな白砂のビーチが現れますよ!野崎島は交通手段が限られているので、島にいる人の数がだいたい分かります。午前中の船の乗客が少なければ、ほとんどプライベートビーチのように思いっきり海水浴や浜遊びが楽しめるんです。

野崎島を訪れる際は移動手段を問わず、必ず小値賀町のNPO法人「おぢかアイランドツーリズム」に事前に連絡をするようにしましょう。自然学塾村の利用申し込みや各種ツアーの受付も、おぢかアイランドツーリズムのHPで行っています。

野首教会や自然学塾村、港のビジターセンター(写真の建物)などにはふだん鍵がかかっています。渡航者ありの連絡があれば職員が鍵を開けてくれるのですが、この職員さんたちも、同じ渡船で行き帰りします。連絡を怠ると施設が使えないだけでなく、うっかり無人島に取り残されてしまうという恐ろしい事態にもなりかねませんよ!

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

五島列島でおすすめの記事

五島列島のアクセスランキング