東京や関西からも週末にゆったり楽しめる、五島列島のフェリー旅プラン!

東京や関西からも週末にゆったり楽しめる、五島列島のフェリー旅プラン!

近年ひそかに人気が高まっている離島の旅。静かな島でのんびりするという観光のスタイルは、せわしい都会の喧騒に疲れた人たちに広く好まれています。とはいえ、離島はアクセスも悪いことが多く、長期の休暇をとらなければ満喫するのは難しい場合がよくあります。そこで今回おすすめしたいのが、長崎県の西に連なる五島列島!世界遺産登録で注目度急上昇中の五島は、飛行機とフェリーを上手に組み合わせれば週末だけでもしっかり楽しめるんですよ。この記事では、金曜夜発の週末五島列島観光について、プラン例を挙げてご紹介します。

▶ 博多⇔五島のフェリーはこちらで検索・予約!

目次

東京や関西からも週末にゆったり楽しめる、五島列島のフェリー旅プラン!

目次を閉じる

フェリーを使えば週末でも丸2日たっぷり楽しめる!

東京や関西から五島列島への最速の移動手段は、もちろん飛行機です。ただし、五島で唯一定期便が就航している福江島の福江空港へは、福岡か長崎を経由しなければなりません。

そこでクローズアップされるのが、博多港を23時45分に出航し、翌朝8時15分に博多に到着する(2019年5月現在)フェリー「太古」です。金曜の仕事の後でも、その日の夜中に福岡空港に着ければ、フェリーでぐっすり寝ながらにして五島列島まで行くことができます。

睡眠時間も確保して、朝から思う存分観光を楽しめるのもフェリーの大きなメリット!土曜の朝に到着して日曜夕方の飛行機で帰れば、五島の旅を丸々2日にわたって満喫できるんです。

▶ フェリー太古の時刻や運賃を比較・予約!

フェリー太古の乗り方

◆予約について

フェリー太古は予約なしでも乗船できますが、繁忙期など満席になることもあるので、しておいた方が確実です。また、指定客室(グリーン和室・グリーン寝台・ツイン・ファミリー・スイート)を利用する場合は、予約と所定の使用料が必要となります。

▶ フェリー太古の予約や検索はこちら!

こちらが使用料なしで利用できるスタンダードルーム。フラットな座敷タイプの大部屋で、好きなところに横になれます。枕や毛布はレンタルでき、貴重品を保管するロッカーも用意されています。

こちらは指定客室で最もスタンダードなグリーン寝台。上下2段になっていますが、ボックスタイプで個室感がしっかり確保されています。

その他、船内の詳しい設備についてはこちらの記事を合わせて参照ください。

▶ 博多と五島を結ぶフェリー「太古」の魅力!世界遺産の島々を船で巡ろう

◆博多港ターミナルへの行き方と乗船方法

続いて、フェリー太古の出航する博多ふ頭第2ターミナルまでの交通手段についてご紹介しましょう。といっても港までのアクセスはとっても簡単で、博多駅および天神から博多ふ頭行きのバスが出ています。

博多駅なら西日本シティ銀行前バス停のFのりば、天神であれば天神ソラリアステージ前バス停の2Aのりばで乗車し、所要時間は前者が約20分、後者なら約10分です。

飛行機で福岡空港まで来る場合は、地下鉄が乗り入れているので5駅目の天神駅で降りるのがおすすめ。もし時間に余裕があれば、天神で博多名物の屋台を楽しんでみてはいかがでしょう!

ただ、博多ふ頭行きの終バスは9時台なので、乗りそびれないように注意してくださいね。とはいえバスを逃したとしても、タクシーでも大した距離ではないのでそこまで心配する必要はありませんよ。

こちらが窓口で、壱岐・対馬行きの九州郵船と隣り合わせになっています。窓口で予約者名と予約番号を伝えれば、チケットが発行されます。

窓口のオープンは21時、乗船は21時45分からです。お買い物は、第2ターミナルの向かいに建つベイサイドプレイス博多にコンビニがあります。

出典: BLUE7 / PIXTA(ピクスタ)

もし早めに着いてしまった場合は、同じふ頭にある博多ポートタワーが22時まで、その隣にある「みなと温泉 波葉の湯」が25時まで営業していますよ。

フェリーで行ける、五島旅行のプラン例をご紹介!

ここからは、フェリー太古に乗って朝から楽しめる五島列島の観光プランを4つ取り上げます。

それぞれ1日分となっているので、4つの中から2つを選べば週末の丸2日を楽しむことができますよ!

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

五島列島でおすすめの記事

五島列島のアクセスランキング