若者たちのプレイスポット/ソウルの弘大(ホンデ)を観光しよう

画像出典:~ kyu

若者たちのプレイスポット/ソウルの弘大(ホンデ)を観光しよう

GoToキャンペーンバナー

韓国・ソウルでにぎやかな目抜き通りといえば明洞や仁寺洞が有名ですが、特に若者に人気なのが弘大です。若い世代による芸術文化活動が活発で、クラブやナイトスポットも充実。たくさんの若者を惹きつけて止みません。今回はこの弘大について、いくつか耳寄りな情報を紹介します。きっと今すぐ弘大へ行きたくなると思いますよ。

目次

若者たちのプレイスポット/ソウルの弘大(ホンデ)を観光しよう

目次を閉じる

1. 弘大ってどんな街?

出典: Jinho Jung

ソウルの北西に位置する弘大へは、明洞から地下鉄で20分、仁川空港からは1時間弱で行くことができます。アートの香り漂う若者の街として知られていて、韓国人はもちろん海外からの観光客にも人気のエリアです。弘益大学(ホンイッ大学)の周辺に広がる街並みは、おしゃれなカフェやレストランが多く、路上ライブやフリーマーケットにいそしむ若者がたくさんいます。ソウル土産定番のコスメや雑貨を扱う高感度なショップも点在していて、トレンド感の強いグッズを買う目的で訪れる人も少なくありません。

2. まずは弘大入口駅から駐車場通りまで歩こう

出典: ko.wikipedia.org

はじめての弘大散策なら、まずは地下鉄で「弘大入口駅」に向かいましょう。弘大にはメインストリートと呼ばれる2つの通り「駐車場通り(チュチャジャンコリ)」「歩きたい通り(コッコシップンコリ)」があります。どちらも弘大入口駅の9番出口から行くことができます。

出典: ~ kyu

9番出口を出るとすぐに「歩きたい通り」があります。この通りには若者向けの店がたくさん並んでいます。アパレルショップで売られている洋服も若者向けのアイテムが多く、ソウルのトレンドをいち早く知ることができます。学生が多いせいか、ファッション、コスメ、雑貨、食べ物の値段には手頃感があります。

「歩きたい通り」を進んで見えてくるのが「駐車場通り」。弘益大学から上水(サンス)駅と合井(ハプチョン)駅の間まで続きます。「駐車場通り」は、その名からも推測できるように、道のど真ん中に駐車場があるんです。駐車場を挟んで両脇に道があって、様々な店が並んでいます。紹介した通りは週末午後2~22時まで歩行者天国になりにぎわいます。

3. 弘大のアートスポット「ピカソ通り」

弘益大学の正門を前にして右手のほうを向くと緑の空間が広がっています。その通りとキャンパスの間にあるのがピカソ通りです。ピカソ通りの壁には様々な絵が描かれています。弘益大学の学生が書いたのか近隣住民が書いたのかはわかりませんが、それらの壁画は芸術的なものから理解しがたい独特なもの、グラフィティまで多種雑多。自由な表現が感じられるアートがピカソ通りの魅力です。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ソウルでおすすめの記事

ソウルのアクセスランキング